Weeekly / We Play

爽やかでフレッシュな魅力の Weeekly のカムバ。前曲のカムバからそれほど間隔が開いてない印象でしたが、もう 5 ヶ月なんですね。机や椅子を使ったダンスに続いて、今回は椅子とスケボーですね。

活動曲 “After School” は、これまでとはちょっと違うゆったりとしたテンポの曲ですね。でもサビがとても印象的で妙に印象に残ってしまう名曲です。曲は Ryan S. Jhun、作詞ソ・ジウムという制作陣で、制作した曲を見ると「あー、あの曲」ってのが並んでる売れっ子が担当していますね。Ryan S. Jhun は最近だと IU “Celebrity”、Oh My Girl “Dolphin” なんか、それ以前ももうヒット曲ばかり並んでて、まあサスガというところですね。

ミニアルバム自体も After School と同様のゆったりとした感じの曲が続きますね。

これまでの Weeekly の若いはつらつとした雰囲気は 4 曲目の “Uni” ですかね。これはなかなか良いんじゃないですかね。

そして歌唱力の高さもしっかりと見せてくれるバラード曲、英語タイトルは K-POP あるあるの “Butterfly” ですねw 「나비동화」で蝶の童話?

まあ、いずれの曲もさすがと言わせるしっかりとした作りになってますね。

Weeekly / We Are

7人組だから “e” がひとつ多い(?)Weeekly。Apink の事務所からの久々の新人ですね。

さすがのクォリティの高さで、曲も良いしかわいいですよね😍

デビュー曲 “Tag Me(@Me)” は元気と若さあふれる軽快な曲で良いですね。Aメロ、Bメロ部分のどちらかと縦ノリのところから流麗なサビで盛り上がる所も良いです。

この事務所は学校の机を使ったダンスが好きなのかな?(Apink 結構やってましたよね)🤣

その後音楽番組で歌ってる “Hello” も同系統の曲でより爽やかな感じで良いですね!