Purple Kiss / BXX

Purple Kissのカムバ “BBB” も、たぶんこの曲だけだとブログでは紹介してない感じかな(スミマセン)。

Purple Kiss らしさはたっぷりですね。

“Bitter Sweet”、スラップハウスというらしいですが、こういう粘りのあるブラックミュージック+ハウスサウンド的なサウンドに彼女たちのボーカルと歌唱力がぴったりで気持ちよく聞けます。

最後の “Voyager” も彼女たちの歌唱力がたっぷり堪能できる良曲ですね。

その他、”BBB” 以外の曲の方が好きかもw

2023 年 Girl’s K-POP Top 20(2)

昨日の(1)に続く 10 曲です。

Kwon Eun Bi / The Flash

ウンビの曲は結構どれも好きで、今回選ぶに当たってはシティポップな “Like Heaven” と迷いましたが、ドラマチックな曲調が好きなこちらを選びました。

日本ロケの “Like Heaven” もいいですね。

Lee Chaeyeon / Knock

イ・チェヨンのこの曲もウンビの曲と同じ感じで好きな曲調です。ソロになった後では最高傑作じゃないですか。

Weeekly / VROOM VROOM

私が好きだったころの Weeekly の曲とは違うんですが、今年後半になって来たこの曲はかなり良いですね。

新しい世界の扉を良曲で開けた感じですね。Queendom Puzzle で一皮むけたのでしょうか。

Purple Kiss / 7HEAVEN

Purple Kiss らしいパワフルな感じと、流麗な感じが両立した良曲ですね。

NiziU / HEARTRIS

デビュー後数曲聴いて、「あー、Twice よりの典型的な JYP 曲ね」という感じで、興味をなくした NiziU。ごめんよ。この曲はすばらしい。韓国デビューした途端すげー気に入りました(笑)。年末も近くなってぶち込まれた一番の良曲じゃないですか!!

もしかしたら、聴いてなかった間の日本曲もいい曲ありますか?

tripleS / Rising

tripleS はどの曲も良くて、ユニット色々あるからユニットごとに選べよと言われそうですが、tripleS として 1 曲選びました。

“Girls’ Capitalism” もいいですし、

“Cherry Talk” なんか、LOONA の正当な後継者であることがわかる良曲ですが、

“Rising” は LOONA の路線に引き継ぎつつも LOONA にない魅力をプラスした名曲だと思います。縦ノリのダンサブルな感じと、透明感あふれる LOONA 的曲調が高度に調和した感じでいいです。

CSR / Shining Bright

この手の正統派清純アイドル路線として、かなりの名曲ではないですかね。疾走感がたまらないですね。今年一番聴いた曲みたいです。掛け声も覚えて思いっきり叫びました。

プロモーションやショーケースも楽しみました。5〜6 月は CSR のおかげでたっぷり楽しめた感じです。

H1-Key / Time to Shine

H1-Key は本当に良い曲を出してますよね。どの曲を選ぶか迷ったのですが、この曲を選びました。明るく伸びやかに盛り上がっていくメロディが心に残ります。

同じアルバムに入っていた “Seoul”、

今年序盤の “Rose Blossom” と良曲揃いですが、1 曲選ぶなら個人的に一番気に入ってリピートした “Time to Shine” になりました。

 

ILY:1 / My Color

今年終盤たっぷり楽しませてもらった ILY:1。デビュー以来、結構私が好きな曲調でずっと気に入ってたのですが、この “My Color” で、作品としての完成度もワンランクアップしたように感じています。その後出したリメイクの “To My Boyfriend” の出来も同じように、それ以前よりは全体的な完成度が上に感じました。

年明けに出た “Twinkle Twinkle” も良い曲でした。まさに清純派アイドルという感じ。

結局、イベントは大阪で 4 回、東京で 1 回行きました。

cignature / Smooth Sailing

今年の夏はひたすらこの曲が入ったアルバムをリピートしてた気がします。なので、今年の中盤の作品にもかかわらず、Apple Music の今年聞いた曲やアルバムの中に入ってました。

大阪南部まで来て撮影したのに、何のイベントもなく撮影だけして帰ったというこの MV は、ビハインド含めて楽しく見ました。まあ私の土地勘のある場所ではないんですがw

今年序盤に出た “Aurora” も結構気に入って聴きました。


というわけで、私の好みで選んだ今年の 20 曲でした。「なんであの曲入ってないん?」という楽しいツッコミはぜひコメントでお願いします。

例年どおり、20 曲を選ぶ過程で落ちた曲なんかの番外編は、年明けにやるかもしれませんので期待せずにお待ち下さい。

それでは、みなさま良いお年を。来年も素敵な曲に出会えますように。

Purple Kiss / FESTA

この曲を今頃レビューしてますが、まあまけといてください。

“7HEAVEN” は、Purple Kiss らしさ満載の流れるようなノリの良さと、パワフルながらも流麗さを失わない、ファンキーな両曲ですね。

チェイン、ユキが制作に参加してる “Biscuit” も、単調に続くところからドラマチックになるサビのところへの流れが良いですね。

PURPLE K!SS JAPAN 1st LIVE @ Zepp Namba

Purple K!ss のライブが大阪であるというので行ってきました。1 部だけです。

会場は Zepp Namba。座席ありでひとつおきの着席で、2 階席までまんべんなく埋まっていましたので、400 名程度の入りだったでしょうか。

私は VIP ではないチケットを買いましたが、その中では一番前だったと思います。7 列目で、横も前も通路になっている席でした。ステージ脇には階段が設置されていたので、「これは客席に降りてくるかも?」と思ってワクワクできる席でしたよ。

セットリストは見ていただくとわかりますが、今回の日本デビューで出したアルバムの日本語曲の披露という意味合いが強い感じで、代表曲の日本語バージョンに何曲か代表曲を混ぜた感じでした。セットリストは 1 部、2 部共通だったようです。

Intro が何曲かあるので、曲数のわりには「もう最後の曲なんです」と彼女たちが言った時は「え?もう?」とちょっと驚きました(「トナリ」のあと辺りでそんなだったので)。実際は 1.5h くらいだったかな。

Setlist

  1. Intro: Bye Bye Bully
  2. Nerdy -Japanese ver.
  3. Pretty Psycho
  4. Intro: Illusion
  5. memeM -Japanese ver.
  6. Cast Pearls Before Swine(撮影可)
  7. Zombie -Japanese ver. (撮影可)
    (映像)
  8. Intro: Save Me
  9. Sweet Juice -Japanese ver.
  10. agit
  11. トナリ
  12. Ponzona -Japanese ver.
  13. My Heart Skip a Beat
    (アンコール)
  14. Skip Skip
  15. Twinkle

Live 全体としてはパフォーマンス中心で十分に満足のステージだったと思います。日本語バージョンは大音量だと歌詞までよくわからずに途中まで日本語バージョンと気づかないこともあったり😂

トークは全体的に短めで、必要最低限という感じでした。司会者はおらず、通訳はいました。ユキちゃんを中心に、ステージ前のモニターにセリフが出てた感じ。

日本デビューの心境や、リハーサルのエピソード、日本アルバムレコーディング、ジャケット撮影のビハインドなどを話してました。

ドシ「日本語の『ねがってる』の発音が非常に難しかったので練習しました」

今回の日本語バージョンの歌詞は全部ユキがやってるそうです。韓国語の感じを日本語にするのが難しかったけど、みんな上手に歌ってくれてありがとう、みたいな話がありました。

「トナリ」の作詞はどんな思いを込めましたか? という質問は「プローリーに伝えたい思いをぎゅっと詰めた感じ」とのことでした。

TMI コーナーがありましたが、予定されていた必要な小道具が出てこなかったので、アドリブで色々やってました。こういうところはさすがですね。

アンコール最後の曲は「座ってください。絶対立たないでください」というから何?と思ったら、ステージ脇の階段からメンバーが降りてペロペロキャンディーをファンに配ってました。私は横も前も通路だったのでチェイン、ユキが通り、同行の相方はチェインから、私はユキからキャンディーを受け取りました😍

今回は集合写真撮ったのがうれしかったですね。最近撮らないイベントが多いから…

また来たら観に行きたいですね〜🥰

PURPLE K!SS Japan Debut mini Album「DEAR VIOLET」リリース記念イベント @ あべのキューズモール

Purple Kiss の日本デビューミニアルバムのリリース記念のイベントがあったので、Purple Kiss の生歌がタダで聴けるんだったら!ってことで行ってきました。

ミニライブ自体は、ユキちゃんがいるので司会もなしで長いトークはなく、パフォーマンスと間の短いトークだけで短かったです。

日本デビューのアルバムのイベントですが、発売前だからか、単に生で見せる練習ができなかったからかわかりませんが、韓国の最新アルバム “Cabin Fever” からの曲のみでした。逆にこのほうが満足度高い気がしましたがw

パフォーマンスは 1 部、2 部共に、最初の 2 曲はマイクなしでダンスのみのパフォーマンス、3 曲目はダンスなしで生歌という構成でした。この生歌聴けただけでも行った価値ありますね。

1部の様子
2部の様子

Setlist

1 部

  1. Sweet Juice
  2. agit
  3. T4ke
T4ke

2 部

  1. Sweet Juice
  2. agit
  3. Autopilot
Autopilot

特典会

特典会は CD 3 枚でサイン会に 2 回参加しました。1 部で 2 回ともに権利を使いました。

一応時間を計測してたようですが、あとの参加者の案内とかやりながらの計測だったので、厳密に時間で切る感じではなく、話すことがなくなるまで十分に話せる感じでした。

サイン会はスクラッチカードを引く抽選で、私はチェインとゴウンが当たりました。前回はユキだったので、交換することもなく、そのまま 2 人からサインをもらって会話してきました(一通り全員からもらいたい派 :-)。

オタクが早口で興奮して話すように話してきましたw

チェインこんにちわ
こんにちわ、あえてうれしいです。Sweet Juice 良い曲ですね。今日は見れて本当に良かった
チェインうわ〜、ほんとうですか。ありがとうございます。私も Sweet Juice 本当に好きです
アルバムの Autopilot も良い曲ですね。好きですよ。
チェイン本当ですか。私もアルバムで一番好きな曲です。
私もです。コンサート楽しみにしてます。行きますよ。がんばってください。
チェインありがとうございます。

という感じだったかな。もしかしたらあちらはもう少し何か話してくれてたかもしれないけど、聞き取れてませんw

ゴウンも似たような感じの会話でした。「Sweet Juice 好き」という話をしたら、「ほかは?」と聞かれたので、同じように Autopilot と答えたら「私も好きです。このあと 2 部で歌います」と教えてくれました。

どちらも 1 分ほど話したと思いますが、ゴウンのときは時間計ってるスタッフが他で忙しかったのか切られることなかったのでもう少し話したかも?こちらがカタコト韓国語、あちらがカタコト日本語で話す変な会話でしたw