PURPLE K!SS JAPAN PREMIUM SHOWCASE 2022 〜紫〜 @ BIGCAT(第1部)

タワレコのプロモーションに続いて行ってきました。”PURPLE K!SS JAPAN PREMIUM SHOWCASE 2022 ~紫~”。行ったのは 1 部です。

先着順の販売だったので開始時間を待ち構えて確保したら 15, 16 という若い番号が取れました。横には 20 ほど席があったと思うので、舞台に向かって中央少し右の最前列に陣取って、彼女たちのパフォーマンスをガン見してきました。20 日のプロモーションは左端でユキ、イレの前でしたが、今回はスアン、ジウンの前で、この2人からペンサ頂いてきました(と思っている :-p)。

プロモーションの時のリラックスした表情とは違い、当たり前ですがこの日は真剣な眼差しでキリッと格好良い表情で、迫力満点の歌とダンスを堪能しました。パフォーマンスのキリッとした表情とトークの時のかわいらしい表情の落差もいいですね。それでもプロモーションのときよりはみんな緊張していたような気がします。

セットリストは彼女たちの代表曲を並べた感じでしょうか。初の海外公演で Showcase ってことですので予想通りです。ヘッドセットを使った曲では、生歌なのかどうかは判断できませんでしたが、中盤のハンドマイクを持った曲は確実に歌っていた感じで、彼女たちの力強いボーカルが堪能できました。

白基調で赤が入るカジュアルな感じの衣装でした(この後引用してるツイート参照)。

司会は安定の NICE73 でした。トークはさすがという感じで、軽快でテンポ良く各メンバーの楽しい話を引き出していってた感じです。基本は、台本があって、回答の日本語もモニターに映っていたのを読んでいた感じですが、たまにアドリブで日本語で質問を入れたりして、それなりに答えているメンバーもいたので、日本語頑張っていたという話は本当のようですね。途中のトークは結構長かったので、曲少なめになるか?と思いましたが、結構な曲数歌ってくれましたね。

Setlist

  1. Intro: Crown
  2. Ponzona
    (挨拶、自己紹介)
  3. Pretty Psycho
  4. memeM
    18:55
    (トーク、基本情報、日本の印象など)
  5. (カバー)君がくれた夏(家入レオ)
  6. Oh My Gosh
  7. Skip Skip
    56:25
    (トーク、ファンからの質問に回答)
    (抽選コーナー)
    (最後の挨拶、集合写真)
  8. Summer Rain
  9. Intro: Bye Bye Bully
  10. Nerdy
    (映像)
  11. (アンコール)Zombie

最初の 2 曲が終わったところで司会のななさん登場。ここは簡単に自己紹介だけして、次の曲へ。

“memeM” が終わったところで一旦メンバーは舞台脇に下がり、ななさん登場でここから本格的なトークでした。まずは最初自己紹介はしているけど、改めて各メンバー 1 人ごとにポジションと簡単な自己紹介をしていってました。

  • イレ「ダンサーとメインエネルギー」「アイスクリームと甘いものが好き」隠している性格みたいなものはない?という質問に「いつもメンバーの近くでメンバーを応援する」みたいなことを言っていました。確かに元気いっぱいな感じが見てて伝わってきますね
  • ユキ「メインラッパー」「2018年から韓国にいる」なんでラッパーを選んだの?という質問に「ラップをしている人を見てると『カッコイイ〜』って思ったのでそんな人になりたくて」というお話でした。ロールモデルはちゃんみなだそうです
  • チェイン「ボーカル、ダンス、プロデュース(?)」一番やってみたいことはと言われて客席のウェーブということでやりましたw 盛り上がりました😂「コンビニの食べ物が好き。日本のコンビニはすごい」
  • ゴウン「ボーカル、ダンスとキラキラ」「チョコレートとプリンが好き。私はブタでーす」(ヲイヲイ)一番好きな食べ物は、日本にいるので日本の食べ物から選んで、イレと一緒に食べた牛カツが美味しかったそうです
  • ドシ「めちゃくちゃかっこいいメンバーとかっこいいダンス」欠かさずにやっていること「毎日音楽を聴きます。日本のKing Gnuのファンです」
  • スアン「メインボーカルと末っ子」自分で自分をどんな性格だと思う?「Purple Kissでは末っ子だけど、家では長女。だから 2 つの魅力がある」(よくわからんけどw)
  • ジウン ななさんがジウン見て笑ってたので「なんで?おもしろい?」ジウンがリハーサルのときからずっとななさんを見て笑ってくれてたからだそうです。ジウンかわいいですね。「ボーカルと太陽のように明るいわんちゃん」みんなが知らないと思う自分の性格は静かだけど構ってちゃんだそうです

この後は日本の印象などメンバーごとに質問。

  • イレ「食べ物が美味しい」「空がきれい」(ホント?😅)
  • ユキ 今年の 5 月に帰国したけど家の周りが変わってた話をしていました。日本に帰国したらコスメを買ってドンキに行くらしいですね。メンバーと行きたいのはディズニーランド
  • チェイン 好きな大阪弁を話してました「あかーん」😂
  • ゴウン 好きなJ-POPアーティストはあいみょんだそうで歌ってました。さすがの歌唱力でした。
  • ドシ 知ってる日本語「今回の来日を本当に楽しみにしていました」ユキに「てつだってください」ってのを教えてもらったようです😂
  • スアン 一番楽しみにしてることは「プロモーションでみなさんと会えること」
  • ジウン 日本に来たときどうでした? 「良い。日本が本当に好きだから。食べ物が美味しくてラーメンとか食べてブタになりました」みんなブタになるのが好きね🐷

このあとは日本のカバー曲ということで家入レオの曲を歌ってました。ユキがメンバーと合うと思うということで選んだそうです。ここで事前に配られていたスローガン「パープルキッス日本に来てくれてありがとう。これからもプローリーと一緒にいよう」(日本語訳)を掲げました。掲げるタイミングがスアンが歌う大トリとかなかなか難易度が高かったですけど。こんな中盤で泣かせて大丈夫?と思ったけど、すぐに立ち直っていました😂。

来日初のスローガンサプライズだったので、この後あった Line Live でも「今回の来日で一番印象に残ったこと」と言っていたメンバーが多かったですね。

この後はファンから事前に募集していた質問コーナー。質問じゃないのもありましたが😂

  • イレ 踊るときに何を意識してる?「音楽をいっぱい聞くことが重要」ダンスは中2からやってるそうです
  • ユキ プローリーにお薦めしたい韓国料理「トッポッキ、キムチチゲ」渡韓して 1 年くらいしてから辛いものに慣れたそうです
  • チェイン 愛嬌して(質問ちゃう😂)「萌え萌えきゅん」
  • ゴウン プローリーに呼んでほしいあだ名 (Purple Kissはファンを大切にしてるので)「ファンオタク」
  • ドシ 5人のイレと過ごすか、5歳のイレと過ごすか、どっちを選ぶ?(いい質問😂)「たくさんエネルギーをもらえるので 5 人のイレ」
  • スアン 一番好きな動物は?「犬、ワン!」
  • ジウン スペシャルな愛嬌みせて(ジウンはかわいいですね😂ジウンにぴったりの質問)

この後は事前に CD を購入した人にサイン入りトートバッグプレゼントのコーナー。「推しに当たったので良かった!」って言ってたけど、メンバー別の箱に半券を入れてたので、推しに当たるの当たり前では?😂

この後は最後の挨拶。ここはモニター視て話してたかな(ユキ以外)。ドシが「緊張した」と言っていたけど、本当に緊張してた感じに見えましたね。「実はかわいい」って挨拶が納得🥰

このあとは集合写真撮影。そういえば最近のイベントで集合写真撮ることって少なかったので、久々の集合写真。やっぱりちゃんと残るのはいいですね。最前列なのでしっかり写ってます。ここでななさんは最後。

“Summer Rain” ではまた彼女たちの歌唱力を堪能できました。

楽しい映像に続いて “Zombie” 良かったですね。

Showcase 終了後はお見送り会。実はお見送り会があるのを知らなかったので嬉しいサプライズでした。でも名札とか持って行ってなかった!(名札つけてたら名前呼んでくれたそうで)

最初の 3 人くらいは名前を呼んで「今日は楽しかった」と言えたのですが(これでも一人あたり数秒で前で居座ってたわけではないんだけど…)、その後急に「はい立ち止まらないで」とか言って肩を掴まれて最後まで弾き飛ばされたので、残りの 4 人にはまとめて「楽しかった」と伝えました(それくらいひとりずつ言わせてよ)。しかも私の次が出てくるまで数秒インターバルがあったので、そのインターバル俺にくれ!って感じでした😂

最後少し心残りでしたが😅、彼女たちの魅力を堪能できるイベントでしたよ。また大阪来てくれたら行きます!

PURPLE K!SS 初来日記念プロモーションイベント @ タワーレコード梅田NU茶屋町店

台風で中止になったイベントの代替として急遽設定されたイベント。9/20 のイベントは行く予定だったので、同じ日の代替イベントには行ってきました。

会場はタワーレコードNU茶屋町のイベントスペースで、結構狭いところでした。優先エリアに 40 人ちょい、フリー観覧エリアにも同じかもう少し多いくらいの人数が観覧していました。スペースからするとちょうどくらいの人数なんですが、もう少し来てもいいくらいのグループなのになと思いました。

ダンスとかするスペースがないので、横一列に並んで歌うだけでしたが、逆に彼女たちの生歌が堪能できて良かったです。

Setlist

  1. Nerdy
  2. Oh My Gosh
  3. Skip Skip

テレビや MV で見る彼女たちは、カリスマ性を感じる格好よさですが、この日はとてもリラックスした感じで、かわいい女の子が 7 人並んでいたという感じで、リラックスした感じで歌って話すこういう姿もいいなあと思いながら見ていました。

この日は初めての海外のプロモーションということでしたが、とても楽しそうにイベントを楽しんでいる感があって、こちらも楽しい気分になりました。

特典会は、全員並ぶ前を一言程度話せるくらいのスピードで歩くアンニョン会と、サイン会(ひとり)に参加です。特に推しはいないので、適当に山の一番上から引いたスクラッチカードを削るとユキちゃんでした。

タワレコという雑然とした会場で、飛沫防止のシート越しで、お互い相手の声が聞き取りづらくてちょっと不完全燃焼だったのですが、かわいくてキレイなユキちゃんと少し話してサインをいただいてきました。

とりあえず翌日のイベントも行こうか?と思わせてくれる程度には満足のイベントでしたよ(翌日は行ってませんが)。

イレちゃん、ニコニコしてかわいかったですw

Purple Kiss / Geekyland

日本でのショーケースや、プロモーションもあるので予習している Purple Kiss のアルバム(台風でプロモーションはあるのか謎だけど)。

これは Purple Kiss のソウルフルでパワフルな歌が堪能できる、なかなかアルバム通して良曲揃いの良いアルバムではないでしょうか。

活動曲の “Nerdy” はもちろん良いですし、

その次のスローなテンポのムーンバートン曲の “Fire Flower” の粘り気のあるボーカルも良いです。

その次の曲はイレのデビュートレイラー曲の Purple Kiss 版(?)。R&B 風でパワフルでいいですね。

なかなか中毒性のあるメロディな “Love Is Dead”

“SuMMer RaiN” もいいですね。

Showcase で生で観るのが楽しみです。

2021 年 Girl’s K-POP Top 20(2)

今年の Top 20 後半です。昨日好評の Part.1 の 10 曲はこちら。

ちなみに昨年のはこちらです。

それでは後半の 10 曲行ってみましょう。

Cherry Bullet / Love So Sweet

Cherry Bullet はデビュー以来ピンと来る曲がなかなかなかったのですが、この曲でようやく! 少し切ない感じを漂わせながらのアップテンポの曲、私の好みにピッタリです。途中の「シッ」というところが良いアクセントになっていて良いですね。

一部のメンバーがガルプラに出てましたが、残らずに元に戻ったのでホッしてます(怒られそうだけど、Cherry Bulletで活動してほしかったので)。

Rocket Punch / Ring Ring

Rocket Punch はグループのカラーがきっちり決まっていて、それに沿った曲での活動ですね。この曲はそのカラーと私の好みがピッタリ一致した初めての曲! もちろんビジュアルは私好み! この曲はかなり聴きましたね〜

Brave Girls / Rollin’

これはまあ厳密には今年の曲じゃないですけど、もう今年の曲として扱って問題ないですよね。何度聞いてもミニョンのボーカルの安定度には感心するばかりです。

そして、もう一度 2017 年リリース時に買ったサイン入り CD を持ってることを自慢させてください🤣。

この動画ももう一度貼っときましょう。

“Chi Mat Ba Ram” もいい曲でしたね。(昨年選んだ “We Ride” が一番好きです)

Weeekly / After School

元気はつらつな Weeekly にしてはミディアムテンポの曲でカムバしてちょっと意外な感じがした曲でした。でも Weeekly の良さはまったくスポイルしていない良曲ですね。この曲の小道具は椅子とスケボーでしたね。ゆったりしていても若さが溢れてる!

Aespa / Next Level

完成された感ハンパない aespa、デビュー曲は独特の世界観は感じられたものの、曲は私の好みでもなく「SM にしては普通の流行に乗った曲出してきたな」と思ったのですが、この曲を聞いてその考えを改めました(こんなんばっかw)。

この曲はかなり好きですね。以前ブログで紹介したときに思う存分語ってますので、そちらを読んでください。

年末に出た “Dreams Come True” もいいですね。こっちもリメイクですが。(”Savage” も結構好きです)

Purple Kiss / Zombie

Purple Kiss でいい!と思ったのもこの曲が初めて。ギターのカッティングが印象的で軽快でキレのあるところが良いです。”아이 깜짝이야!” で一旦スピード落として停止するところもいいですね。

It’s Live の生演奏の “Zombie” もなかなか面白いですね(もう少しカッティングのキレが欲しい!)。

https://www.youtube.com/watch?v=K791I6QYH-A

Pink Fantasy / Poison

Dreamcatcher がメタル色を封印しつつある今、後継者に名乗りを挙げたのはまさかの Pink Fantasy か! と驚いたのですが、別にこの路線はこの曲が初めてではなかったというオチが付きました(付いてへんって)。(以前のメタリック曲 “Fantasy” も良曲で “Poison” より好きかも。“Fantasy” には 2021ver. もあります。)

曲もすばらしいですし、それを生かす歌唱力もすばらしい。途中で効果音的に入るグロウル(デス声)も良いアクセントです。曲の起承転結ある展開もメタリックな感じがしてて良いですね。

こちらも以前書いたレビューをどうぞ〜。

DreamNote / Ghost

Dreamcatcher の後を継ぐメタリック路線を継ぐのは Pink Fantasy かと思っていたら、急にこれまでの路線を変えて 1 年 9 ヶ月ぶりにカムバした DreamNote。まさかこんな路線になるとは思ってなかったですが、曲はすばらしい!

イントロから “Ghost” 感ありますね。ドラマチックでハードな曲調が私の好みにもよく合ってます。縦ノリ感強い A メロから、ちょっと落ち着けたあとに流れるようなサビに入っていくところもいいです。

ダンスもなかなか複雑で難易度高そう。しなやかな動きがいいですね。オリジナリティあっていいです。

Jinjalim & YUKIKA / Starry Lights

今年も素敵なシティポップ曲を多数リリースして活発に活動してくれた YUKIKA さん。シティポップ世代のおじさんにぴったりですね。当時はシティポップなんて言葉はなかったし、そもそも 1980〜1990 年代は私はポップスよりは Jazz 系に傾倒していましたが、それでもなんかしっくりはまります。

今年はコラボ活動も活発で、色々なジャンルの音楽を YUKIKA カラーに染めていました。先日出たロックな “To The Light” も良かったですし、Daybreak との曲も良かったです。

その中でもピカイチなのがこれ!曲もいいですし、チン・ジャリムさんのちょっと素人っぽいボーカルもいい味を出してます。本当に心地よく聴けます♬

Younha / Oort Cloud

昨年もこの企画を考えてる時に「おお!この曲はすごい」というのが投入されたのですが、今年もきました。(昨年は woo!ah!)

普段、あちらの音楽番組を録画して視てるのですが、興味のないアーティストは早送りしてしまうことがほとんどです。ただ、たまに「ながら見」をしているとそのまま聴くことにもあって、その時に「おっ、この曲は!」と気になることがあるんですよね。この曲もそれ!そしてその初めて聴いた一回ですっかりヤラれました。時間許せばちゃんと視ないとね、と思いました。

“Girl’s K-POP” という範疇からもズレるような気がしますが、そんなことは関係ないくらいに気に入ってるので Top 20 に入ることとなりました。

パーカッシヴなギターによるフラメンコのようなダンサブルな躍動感。ドラマチックな曲調! 今年も終盤になってすばらしい曲に出会えました。


来年も素晴らしい音楽に出会えますように。

とまとめたのですが、この企画はまだ続きます。20曲に収まらなかった!! 😅


次は番外編(1)です。

Purple Kiss / Hide and Seek

いまさらのネタですが、実力派集団 Purple Kiss の “Zombie”。キレが良くていいですね。ボリュームたっぷりの SWAN ちゃんはかわいですし(もちろん歌唱力も抜群)、ゴウンちゃんの安定した歌唱力もさすがです。

ギターのカッティングからサビ(?)に突入していくところとか最高。ママムとか昔の JYP とか彷彿とさせる R&B カラーですね。さすがキム・ドフンというところです。

アルバム全体で見ると、メンバーが制作に参加してるようですね。