From.UZ / Quartus Artifactus

ウズベキスタンのジャズロック寄りプログレバンドの 2011 年作.DVD+CD のセット.
過去のアルバムの曲を新たにアコースティックギターx2,キーボード,ベース,ドラムの 5 人編成で演奏したものです.
アコースティックギターがフィーチャーされてはいますが,あまりアコースティックという感じはなくて,所々よりシンフォロック寄りな雰囲気が出たり,軽快な感じがするジャズロック/フュージョン作品となっています.プログレ的な展開も堪能でき,曲も良いので非常に楽しめる作品だと思います.非常に良質な作品です.
From.UZ を初めて聴く場合はこれまでに出た作品を聴いてからこれを聴いてほしいと思います.
(DVDも同じ編成の2009年のライブを収録したもののようです.まだ聴いていません.また聴いたら追記するかも知れません)

From.UZ / Seventh Story

Seventh Story
Seventh Story Fromuz

10t Records 2010-03-16
売り上げランキング : 177229

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ウズベキスタンのフュージョンプログレバンドの 2009 年作の 3rd アルバム.前
作までとはギターとキーボード (?) 以外のメンバーが変わっているから? バ
ンド名にも “.” が入ってます (以前は “Fromuz”).Fromuz って From UZ だっ
たのか,と初めて “.” が入って知りました.(^_^;)

前作までのフュージョン+シンフォプログレ+若干のハードロック的な要素は
そのままです.ギターを中心としたゆったりと大河のように変化していく所も
変わっておらず,前作までで聞いたことのあるようなキメフレーズも登場です
が,今作ではボーカルの導入とか,アコースティックギターが前面に出たとこ
ろなど,若干の変化も感じられます.

Fromuz / Overlook

Overlook
Overlook Fromuz

10T  2008-10-21
売り上げランキング : 87918

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ウズベキスタンのジャズロックバンドの 2008 年作で 2nd アルバム.

5 曲入りですが,なんと全曲 10 分を超える大作揃い.出だしからタイトなロック的縦ノリながらも,エッジの尖っておらず,フュージョン的に少し角を丸られた感じで,これが前作から続く Fromuz 的な雰囲気.:-)

5 曲入りで物足りないなんてとんでもない!! 1 曲聴き終えただけなのに,数曲聴いたのかと思う,1 曲の中でのバリエーションの広さ.時にはブルージーに,ときにはシンフォニック的に,そして 1st ではなかったアヴァンギャルドな雰囲気も少し混ぜながらも,あくまで Fromuz 風ジャズロックでやわらかに覆った音に収束します.ピンと通った芯は外すことなく,オリジナリティを出しながら演奏は進んで行きます.

1st に比べて,じっくり曲作りがされている感じで,抑えて抑えて抑えきった所でドカッとジャズロック的に発散するところなんか,じらされているようで,その解放感がまたたまりません.

テクニックも曲も作りもかなりハイレヴェルなオススメの一品.こんな辺境ロックがアマゾンで買えるなんて!! :^)

Fromuz / Audio Diplomacy

Audio Diplomacy
Audio Diplomacy Fromuz

10T  2007-03-13
売り上げランキング : 75818

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ウズベキスタンのインストロックバンド.CD+DVDの2枚組.

某店のレビューではジャズロックとのことでしたが,基本的にはハードロック寄りのインストロックかな.ただし,ハードロック的な要素とフュージョン的な要素が交差する場面もあり,その色々な要素が絡み合う所がプログレの雰囲気を出してますね.曲がトリッキーな感じがする部分はジャズロック的かな.

旧ソ連の国に共通するような,ちょっと垢抜けない,どこかしら漂う辺境色もあって,結構良い感じですね.なぜかアマゾンでも売ってますし,試聴も出来ます.MySpaceでも試聴可能ですね.

ちなみにまだ CD を聴いただけの感想です.

(追記) DVDも見ました.こっちはCDよりもジャズロック的に感じました.前半がそれっぽいギターソロなんかのある曲だったからかもしれません.しかし,CD+DVDの二枚組で,どちらもクオリティが高く,この値段はお買い得! と感じました.

Flight 09 / Human Nature

ウズベキスタンのプログレバンド.一応,ロシアのプログレレーベルから出ているので,自身もプログレをやっているということかな?

音はあまりプログレ度は高くなく,特にウズベキスタンらしさ (ってどんなか知らないけど ^^;) も感じられない,ちょっと B 級な香りのするハードロックという感じでしょうか.ゆったりとしたリズムでちょっとダミ声っぽい男性ボーカルが歌います.キーボードの音が若干シンフォ的と言えるかも知れません.