PURPLE K!SS 初来日記念プロモーションイベント @ タワーレコード梅田NU茶屋町店

台風で中止になったイベントの代替として急遽設定されたイベント。9/20 のイベントは行く予定だったので、同じ日の代替イベントには行ってきました。

会場はタワーレコードNU茶屋町のイベントスペースで、結構狭いところでした。優先エリアに 40 人ちょい、フリー観覧エリアにも同じかもう少し多いくらいの人数が観覧していました。スペースからするとちょうどくらいの人数なんですが、もう少し来てもいいくらいのグループなのになと思いました。

ダンスとかするスペースがないので、横一列に並んで歌うだけでしたが、逆に彼女たちの生歌が堪能できて良かったです。

Setlist

  1. Nerdy
  2. Oh My Gosh
  3. Skip Skip

テレビや MV で見る彼女たちは、カリスマ性を感じる格好よさですが、この日はとてもリラックスした感じで、かわいい女の子が 7 人並んでいたという感じで、リラックスした感じで歌って話すこういう姿もいいなあと思いながら見ていました。

この日は初めての海外のプロモーションということでしたが、とても楽しそうにイベントを楽しんでいる感があって、こちらも楽しい気分になりました。

特典会は、全員並ぶ前を一言程度話せるくらいのスピードで歩くアンニョン会と、サイン会(ひとり)に参加です。特に推しはいないので、適当に山の一番上から引いたスクラッチカードを削るとユキちゃんでした。

タワレコという雑然とした会場で、飛沫防止のシート越しで、お互い相手の声が聞き取りづらくてちょっと不完全燃焼だったのですが、かわいくてキレイなユキちゃんと少し話してサインをいただいてきました。

とりあえず翌日のイベントも行こうか?と思わせてくれる程度には満足のイベントでしたよ(翌日は行ってませんが)。

イレちゃん、ニコニコしてかわいかったですw

Jazz Q / Živí se diví: Live in Bratislava 1975

最近、技術系の同人誌販売のイベントなんかに参加してて、ちょっとこっちに手がつけられていませんが、音楽は聴いてます。最近入手した CD の中から良かったものの紹介。

チェコの Jazz Q です。1975 年スロヴァキアでのライブを収録したライブ盤。2013 年に一度リリースされていたようです。

これはもう Jazz Q 全盛期と言える演奏ではないでしょうか。

1 曲目出だしから Mahavishunu Orchestra を思わせるヴァイオリンとギターのサウンド、RTF を思わせるエレピが印象的。オリジナリティはどうなん? って思うかもしれませんが、だいぶ流麗な感じになったものの独特の暗さを漂わせながらのゴリゴリしたギターソロなんかは、これぞ東欧という感じです。

ちなみに Mahavishunu の “Sanctuary”、Billy Cobham の “Stratus” も演奏していますので、まあその辺りの影響を強く受けてはいるのでしょうね。

初期のゴリゴリジャズ感と、フュージョン的な流麗なバランスの取れた 1 曲目もいいのですが、女性ボーカルが入りの強いエネルギーを感じる 2 曲目がすばらしいです。

その他、カバー曲含めてなかなかの迫力で聴かせてくれますので是非どうぞ。

Purple Kiss / Geekyland

日本でのショーケースや、プロモーションもあるので予習している Purple Kiss のアルバム(台風でプロモーションはあるのか謎だけど)。

これは Purple Kiss のソウルフルでパワフルな歌が堪能できる、なかなかアルバム通して良曲揃いの良いアルバムではないでしょうか。

活動曲の “Nerdy” はもちろん良いですし、

その次のスローなテンポのムーンバートン曲の “Fire Flower” の粘り気のあるボーカルも良いです。

その次の曲はイレのデビュートレイラー曲の Purple Kiss 版(?)。R&B 風でパワフルでいいですね。

なかなか中毒性のあるメロディな “Love Is Dead”

“SuMMer RaiN” もいいですね。

Showcase で生で観るのが楽しみです。