2017 年色々なジャンルの音楽振り返り(K-POP以外編)

K-POP の 2017 年 Top10 を紹介したので、それ以外の音楽もやらないとと思って考えてみました。K-POP を良く聴いているとはいえ、それ以外の音楽も相変わらず聴いています。

とはいえ、K-POP 以外のジャンルは、あまりアンテナを高く上げてないので、枚数にしたらそれほど聴いているわけでもなく、10 枚を選ぶほど聴いていないので、タイトルも「振り返り」として特に印象に残ったものを紹介していきます。

K-POP と違い、音楽の性格上、こちらはアルバム単位で紹介します。

Persefone / Aathma

このアルバムはリリースされて聴いた瞬間に「今年のベスト・アルバムになる!」と思いました。そして、今振り返ってみても評価は変わりません。

来日するってことで名古屋まで遠征もし、最前列で堪能しました(帰ってから1週間ほど寝込みましたw)。

この曲は、Persefone と同じくらい好きなプログレメタルバンド Cynic の Paul Masvidal をフィーチャーした名曲です。Persefone のプログレ観に Cynic のスペーシーな雰囲気が混ざって、プログレ度が一段とアップしていると思います。

このアルバムは、プログレとしても今年一番の作品ではないかと思います(元々私はプログレとして聴いてますけどね😄)。

Shobaleader One / Elektrac

K-POP のライブ前にタワーをぶらぶらしていて、来日前で紹介されたいたものを偶然見つけて、「お、Squarepusher 懐かしいな」と思って試聴したのが出会いです。

試聴で少し音を聴いた瞬間に、これは買いだ!ということで、曲はすぐにダウンロードし、ライブのチケットも即購入しました。

Squarepusher と 3 人の地球外生物による遠征という設定のようですね。光る覆面なんかもその設定から来ているのでしょうか。この雰囲気がまた音楽と良く合ってますね。

昔聴いた Squarepusher と同様に、テクノとかクラブ系にとどまらず、ジャズ・ロック、フュージョン的な音で非常に格好良いです。

打ち込みによるクラブミュージックを人力でやるというコンセプトは Rovo なんかで既に聴いているのですが、Rovo に比べるとドラムの音なんかがより打ち込み的に寄せている気がします。ライブで生で聴くと迫力たっぷりなのでそうでもなかったですがw

ライブももちろん最高でしたよ♪

Bare Infinity / The Butterfly Raiser

ギリシャのシンフォニックメタルバンドの 3 月に出た作品。なんでこの作品を知ったのか全く覚えてないのですが、かなりの回数聴いていると思います。

迫力と美しさが同居した女性ボーカルによる、ポップでキャッチーなメロディによる親しみやすい音楽で、気軽に聴けたのも何度も聴いた要因かも。

ギリシャは以前 “Seduce the Heaven” も結構気に入って聴きました。このバンドも女性ボーカルをフィーチャーしたシンフォっぽいデスメタルでしたが、この手の女性ボーカルをフィーチャーしたメタルバンドがギリシャには多いのでしょうか?

Soul Enema / Of Clans and Clones and Clowns

イスラエルのバンド。

女性ボーカルをフィーチャーしたコンテンポラリーなジャズ・ロックという感じですね。地中海的なエキゾチックな雰囲気もあって良いですね。女性ボーカルが歌うテーマ的な部分を除くと、ギターがフュージョンちっくなソロを取る硬派なジャズ・ロックという感じですよ。

MVがパロディな感じもしますねw

その他

今年出たアルバムで特に調べなくても「今年はこれが良かったな」と思えたのは、上で紹介したアルバムくらいですかね。後はブログを遡って「そういえば」と思い出したものです。それぞれのアルバムは、目新しさはないものの、それぞれのアーティストの安定の音を出してくれていて、良く聴いたアルバムです。

今回、この記事を書くにあたって聴き直してみましたが、どれも良盤ですよ。

Allan Holdsworth / Then!

惜しくも今年 (2017 年) 亡くなってしまった Allan Holdsworth。結局 2014 年に引退ライブということで来日したときの演奏を観るのが最後でした。その時も流れるような演奏がたっぷり堪能できたわけですが、このアルバムもその時のライブで感じたような流麗で官能的なプレイが堪能でき、今でも結構愛聴しております。

1990年のライブ盤で 2002 年リリース。

Holdsworth の流れるようなギタープレイを思う存分堪能できます。メンバー全員の演奏がすばらしく、その流れに乗るように Holdsworth が存分に弾きまくっているという感じです。ずっとリリースの話があったというのも頷けます。

昔々、初めて Holdsworth を聞いたときって、「速い」と言われて聴いたわけですが、確かに速いけど、なんかトリッキーなフレーズのソロだなあ、と思って正直あまりよく分かりませんでした。このアルバムを初めて聴いた頃には結構自然に聴ける感じがしたのを覚えています。私が変ったのもあるでしょうが、プレイが素晴らしいのもあるのでしょうね。

(昔書いたレビューに加筆)

Alex Machacek / [SIC]

バンドMcHacek名義の “Featuring Ourselves” で驚愕の (?) デビューを果たした,オーストリア出身のギターリスト Alex Machacek の初のソロ作品。

この作品は、”Featuring Ourselves” のザッパ、ホールズワース路線ではなく,最近,この作品にも参加している Terry Bozzio と共に活動している bpm や Out Trio と言った活動の流れを汲むものです。

Terry Bozzio は三曲に参加ですが、アルバム全体的にギターとドラムが曲の骨格を作っており、全曲参加しているんじゃないの? と誤解してしまいそうです。

ギターとドラムによる語りかけるような音楽。ただ,Alex Machacek の流れるようなギターも聴くことができ、その同居が独特の雰囲気を出しています。bpm や Out Trio は,この作品と同様に, ギターとドラムが骨格を作っているとは言え、やはり Terry Bozzio が前面に出ていましたが、この作品は当然ながらギターが前面に出ており,若干雰囲気は違います。

ジャズとしては,かなり個性の強い、オリジナリティのある作品仕上がっているのではないでしょうか。その分、好みはわかれそうです。

(2006年に書いたレビュー)

Soul Enema / Of Clans and Clones and Clowns

イスラエルのバンドの 2017 年作。

「強力な女性ヴォーカルをフィーチャーした激テク・ヘヴィ・シンフォ」という売りで買いましたが、ちょっとトリッキーな感じのする女性ボーカルをフィーチャーしたコンテンポラリーなジャズ・ロックという感じです。出だしで女性ボーカルが入ってるとちょっと入って行きづらいかもしれませんが、ずっと聴いていると普通にジャズ・ロックしてきますので、とりあえず一曲は通しで聴くことをおすすめします。

少し地中海〜中東なエキゾチックな雰囲気を漂わせながら、叙情的かつテクニカルなジャズ・ロックを演奏していてなかなか聞き入ってしまいます。時折顔を覗かせるレコメン風なノリもよりギミックに富んだ雰囲気を出していて魅力です。

Alex Machacek / [SIC]

バンドMcHacek名義の “Featuring Ourselves” で驚愕の (?) デビューを果たした、オーストリア出身のギターリスト Alex Machacek の初のソロ作品。

この作品は “Featuring Ourselves” のザッパ、ホールズワース路線ではなく、最近、この作品にも参加している Terry Bozzio と共に 活動している bpm や Out Trio と言った活動の流れを汲むものです。

Terry Bozzio は三曲に参加ですが、アルバム全体的にギターとドラムが曲の骨格を作っており、全曲参加しているんじゃないの? と誤解してしまいそうです。

ギターとドラムによる語りかけるような音楽です。ただ、Alex Machacek の流れるようなギターも聴くことができ、その同居が独特の雰囲気を出しています。bpm や Out Trio は、この作品と同様に、ギターとドラムが骨格を作っているとは言え、やはり Terry Bozzio が前面に出ていましたが、この作品は当然ながらギターが前面に出て おり、若干雰囲気は違います。

ジャズとしては、かなり個性の強いオリジナリティのある作品に仕上がっているのではないでしょうか。その分、好みはわかれそうです。

(2006年に書いたレビューを一部調整)