Allan Holdsworth / Then!

惜しくも今年 (2017 年) 亡くなってしまった Allan Holdsworth。結局 2014 年に引退ライブということで来日したときの演奏を観るのが最後でした。その時も流れるような演奏がたっぷり堪能できたわけですが、このアルバムもその時のライブで感じたような流麗で官能的なプレイが堪能でき、今でも結構愛聴しております。

1990年のライブ盤で 2002 年リリース。

Holdsworth の流れるようなギタープレイを思う存分堪能できます。メンバー全員の演奏がすばらしく、その流れに乗るように Holdsworth が存分に弾きまくっているという感じです。ずっとリリースの話があったというのも頷けます。

昔々、初めて Holdsworth を聞いたときって、「速い」と言われて聴いたわけですが、確かに速いけど、なんかトリッキーなフレーズのソロだなあ、と思って正直あまりよく分かりませんでした。このアルバムを初めて聴いた頃には結構自然に聴ける感じがしたのを覚えています。私が変ったのもあるでしょうが、プレイが素晴らしいのもあるのでしょうね。

(昔書いたレビューに加筆)

Alex Machacek / [SIC]

バンドMcHacek名義の “Featuring Ourselves” で驚愕の (?) デビューを果たした,オーストリア出身のギターリスト Alex Machacek の初のソロ作品。

この作品は、”Featuring Ourselves” のザッパ、ホールズワース路線ではなく,最近,この作品にも参加している Terry Bozzio と共に活動している bpm や Out Trio と言った活動の流れを汲むものです。

Terry Bozzio は三曲に参加ですが、アルバム全体的にギターとドラムが曲の骨格を作っており、全曲参加しているんじゃないの? と誤解してしまいそうです。

ギターとドラムによる語りかけるような音楽。ただ,Alex Machacek の流れるようなギターも聴くことができ、その同居が独特の雰囲気を出しています。bpm や Out Trio は,この作品と同様に, ギターとドラムが骨格を作っているとは言え、やはり Terry Bozzio が前面に出ていましたが、この作品は当然ながらギターが前面に出ており,若干雰囲気は違います。

ジャズとしては,かなり個性の強い、オリジナリティのある作品仕上がっているのではないでしょうか。その分、好みはわかれそうです。

(2006年に書いたレビュー)

Soul Enema / Of Clans and Clones and Clowns

イスラエルのバンドの 2017 年作。

「強力な女性ヴォーカルをフィーチャーした激テク・ヘヴィ・シンフォ」という売りで買いましたが、ちょっとトリッキーな感じのする女性ボーカルをフィーチャーしたコンテンポラリーなジャズ・ロックという感じです。出だしで女性ボーカルが入ってるとちょっと入って行きづらいかもしれませんが、ずっと聴いていると普通にジャズ・ロックしてきますので、とりあえず一曲は通しで聴くことをおすすめします。

少し地中海〜中東なエキゾチックな雰囲気を漂わせながら、叙情的かつテクニカルなジャズ・ロックを演奏していてなかなか聞き入ってしまいます。時折顔を覗かせるレコメン風なノリもよりギミックに富んだ雰囲気を出していて魅力です。

Alex Machacek / [SIC]

バンドMcHacek名義の “Featuring Ourselves” で驚愕の (?) デビューを果たした、オーストリア出身のギターリスト Alex Machacek の初のソロ作品。

この作品は “Featuring Ourselves” のザッパ、ホールズワース路線ではなく、最近、この作品にも参加している Terry Bozzio と共に 活動している bpm や Out Trio と言った活動の流れを汲むものです。

Terry Bozzio は三曲に参加ですが、アルバム全体的にギターとドラムが曲の骨格を作っており、全曲参加しているんじゃないの? と誤解してしまいそうです。

ギターとドラムによる語りかけるような音楽です。ただ、Alex Machacek の流れるようなギターも聴くことができ、その同居が独特の雰囲気を出しています。bpm や Out Trio は、この作品と同様に、ギターとドラムが骨格を作っているとは言え、やはり Terry Bozzio が前面に出ていましたが、この作品は当然ながらギターが前面に出て おり、若干雰囲気は違います。

ジャズとしては、かなり個性の強いオリジナリティのある作品に仕上がっているのではないでしょうか。その分、好みはわかれそうです。

(2006年に書いたレビューを一部調整)

Adonis Mitzelos / Beyond the light

ギリシャのギターリスト。録音は 1994 ~ 1999 年に N.Y. で行なわれたようです。Spyro Gyra (Fusion の方) のメンバーが参加しているのが面白いです。

音楽的にはシンフォニック色の濃い美しい音楽とギリシャの民族色の強い曲と Fusion が混在している感じで、1 ~ 7 曲目を占める組曲がその特徴をもっともよく現しています。組曲は非常によく構成されていて、色々な雰囲気の音楽の混在も自然に流れていきます。

面白いのは Fusion の Spyro Gyra のメンバーがシンフォニック色の濃い曲にも参加している事です。いつもの Spyro Gyra とはまた違っていて面白いですね。でも、いつもながらの Spyro Gyra 的なモロ Fusion の曲も入っています。シンフォ的な曲を Spyro Gyra メンバーが Fusion 的な演奏をし、Adonis Mitzelos がロック調に演奏している所は特に面白いです。

女性ボーカルの入った曲は非常にギリシャ的な静かで美しい曲で、こちらもまたすばらしいです。

(2000年に書いたレビュー)