Colossus Adea / Parallel Mind

Colossus Adea
Colossus Adea Parallel Mind

JFK 
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

カナダのプログレトリオの 2005  年作.キーボード,ベース,ドラムのトリオだが,ドラマーはトランペット,フリューゲルホーンも演奏している模様.

硬派でシンプルでテクニカルなシンフォニックロックという感じ.シンフォロックの要素を持つテクニカルフュージョンという感じもしますね.超高速という感じではないですが,適度なスピード感と切り返し,スリリングな変拍子,変化しがら進行していく曲など,飽きさせない要素もたっぷり,それでいてあまり重くない所が良いですね.

Spaced Out / Live At The Crescendo Festival

カナダの超絶技巧ジャズロックバンドの 2006 年のライブ.2007年リリース.

なんかスタジオ盤以上とも思える超絶技巧で迫ってきます.スピード違反とも思えるドラムとベースがバキバキパキパキと倍速で進んでいきます.:-p 3人の演奏と思えない音数.スピード出しすぎでちょっと粗さが目立つ所もありますが,これはライブならではの勢いということでマイナス面としては出てきてはいないですね.

テクニック面からのアプローチで作った (悪い意味ではないよ) ような曲中心ですが,妙に印象に残る部分もあります.

Spaced Out / Unstable Matter

アンステイブル・マター
アンステイブル・マター スペイスト・アウト

インディペンデントレーベル  2006-07-25
売り上げランキング : 44238

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2006年作の4thアルバム.

基本的には前作までのハイテクジャズロック路線を踏襲しているが,今作は若干メロディアスな方向に振れているような気もします.以前まではテクニカルの方に比重が乗りすぎて,メロディが掴みにくい感じがしましたが,そんなこともないような気がします.

非常に鋭利な音楽で,切味の鋭い剃刀のようなイメージです.邪悪な感じとかはなくて,非常にドライで鋭いという感じですね.若干クリムゾン的な味わいも出てきました.

Jerome Langlois / Molignak

カナダの Maneige の初代メンバーのアルバムで 2005 年の作品.

室内楽的でゆったりとした美しいシンフォ作品という感じがします.クラリネットとヴァイオリンが印象的で,若干フレンチっぽい雰囲気がありますね.ロックと言うよりは室内楽と言った方が良いのかも知れません.叙情的で美しい作品.