Oh My Girl Banana「日本デビューミニアルバム「バナナが食べれないサル」リリースイベント@ Ario 八尾

最近なかなかイベントに参加できない日々が続いていたのですが、当日朝になって久々に行けそうということになり行ってきました。おまごるのリリイベ。会場はこれまで K-POP のイベントでは行ったことがなかったアリオ八尾。昔、ここにしかないブランドのために何度か車では行ったことがあるような(どうでもいい話)。

もうイベントからだいぶ日が経っているので忘れかけなので間違い多いと思います。

行けるとは言っても家を出るのはギリギリになり、到着すると第 1 部開始 5 分前。優先エリアには人が入っており、会場が見える吹き抜け部には 2 階、3 階にもそれなりに人がいました。とりあえず 2 階、3 階に上がってみましたが、これだと前の方には人が固まっているけど、後ろの方には余裕がある 1 階で観たほうが見えるかなということで優先エリアの後方に陣取りました。結局 1 部も 2 部も同じあたりから観ることに。観客は優先エリアと上の階合わせて 400 〜 500 人くらいだったでしょうか(適当です)。

曲は、1 曲目は「バナナが食べれないサル」、2 曲目が事前に発表されていた Oh My Girl の曲でした。

セットリスト

  • 第 1 部
    1. バナナが食べれないサル
    2. Agit
  • 第 2 部
    1. バナナが食べれないサル
    2. Secret Garden

「バナナが食べれないサル」のあとは自己紹介。MC は安定のジホ、ミミのコンビでした(司会者なしで彼女たちで日本語でMC)。そのあと、ひとりずつ愛嬌。ジホとミミはこのあたりで学んだとかいう大阪弁を披露…、してるのかしてないのか謎のイントネーションの大阪弁を披露してました(誰に習ってん😂)。さすがに 2 部では大阪弁披露はありませんでした。第 2 部の愛嬌は最後のリリイベなので、残念な気持ちだったか悲しい気持ちだったかを表す愛嬌だったと思います。

そして「バナナが食べれないサル」の歌詞の説明。「バナナが食べれないサルがバナナ牛乳を知って〜」という例の説明ですね。第 1 部はビニが「バナナ」の歌詞を、ユアが別の曲の歌詞の説明をしてたかな。第 2 部は忘れました😅

そして第 2 部では重大発表!楽しみですね。

私は事前には CD を一切買ってなかったので、この日の第 1 部終わった後に 3 枚購入。メンバー別のフォトカードが出た人がほとんどで、グループカードは結局私は見てません。運良くアリンが 2 枚とスンヒが出たので、そのまま交換せずに特典会に出ることに。特典会は 2 部終了後に参加しました。

特典会は各メンバーの前に衝立が立てられていましたので、2 階に上がって裏側から覗ける場所に陣取りました。特典会の列が途切れたヒョジョンからかなりペンサもらえて楽しかったですよw。特典会中のスンヒの表情豊かさとか見れましたし。

ハイタッチ会はかなり時間もたっぷりでスンヒとは結構ゆっくり話せました。たいしたこと言ってませんがw アリンは撮影会にしました。撮影しようとしたらスマホの温度が上昇してカメラ機能停止しますとかで焦りました。だから笑顔 20% 減? かわいー😍

おまごる独特のほんわかとした雰囲気で楽しいイベントでしたよ(↓写ってる😂)。ジホちゃんと味わい深い丁寧な日本語も相変わらずでした「まことにありがとうございます」😂

LOOΠΔ / + +

このアルバム名は何と読めば良いのでしょう? 😅 “+ +” は、これまでの 3 つのユニットと YeoJin(여진)があつまって「プラスプラス」の効果を発揮するということを意味しているようですね。なので「プラスプラス」でいいんでしょうか。

ソロやユニットはかなりお好みで結構聴いたので完全体はどんな曲になるのだろうと楽しみにしていました。

ついに 12 人の完全体となり、まずはリリースされた “favOriTe”。

これまでのソロやユニット作では、どちらかというと幻想的で流れるようなメロディが特徴的だったことが多かったので、その流れで来るのかと思っていたら、その雰囲気は少し残しながらも縦ノリのキレのよい感じできたのでちょっと驚きでした。

この曲は yyxy の曲や Olivia Hye と同じ作曲家が入ってますね。他のアーティストへの提供曲もチェックしたけど知っている曲はあまりありませんでした。作詞家はこれまでの LOOΠΔ の曲多数に参加してる人や、私でも知っている K-POP アーティストに詞を提供したりしてる人のようでした。

アルバム 1 曲目の “+ +” は、先に上げた意味の通り、3 つのユニットのアルバムのイントロ曲をひとつにしたイントロ曲のようですね。yyxyのdal segnoではじまって、1/3のInto the New Heartをはさみながら、Odd Eye CircleのAddへ。他にも要素入ってた?

そして 2 曲目。アルバムリリースとともに公開されていました。この曲は High Energy(Hi-NRG) というダンスミュージックのジャンルの曲のようです(初めて聞くジャンル名)。

スピード感と若さあふれる開放的な曲ですね。こちらは作詞作曲ともに MonoTree 人脈の人の名前が出てますね(황현, GDLO)。それとともに K-POP ではもうおなじみ(?)の Mayu Wakisaka さんの名前も見えますね。「はーいはーいはーいはーい」ってところが頭から離れなさそうですね。

これまでの LOOΠΔ と同様に、様々なジャンルの音楽をベースにしたり、凝った曲の作りをしたりというところは健在で、今後も活動がますます楽しみです!

MIGYO 1st Mini Album「RAIN SOUND」Promotion Event @ OCAT

キッスエンタの情報で初めて知ったアーティスト MIGYO さん。

大阪最終日の 2 部はちょっと時間があったので行ってみました。開始 10 分前くらいに行ってみると、普段なら優先観覧エリアを囲って一般の人が入れないようにしているところ、観覧エリア以外(スタッフエリアとか)を囲って、観覧エリアがそことわかるようになっているという😂

この時点で待っていると思われる人は 10 名程度。開始後は 20 名程度はいたでしょうか。優先エリア券を持っていなかったのですが、ほぼ最前列で観れるといううれしいイベントでした(お金使ってなくてスミマセン)。

開始前の案内は「色々機材お持ちでしょうけど、撮影すべて OK です。どんどん撮影、録画してどんどん SNS にアップしてください」というこれまたうれしいイベントでした。

曲は前半はカバー曲、日本語曲のカバーをやったりして、最後数曲がプロモーション対象のオリジナル・アルバムからの曲でした。紹介では「ソウルシンガー」ということですし、歌唱力はさすがの歌唱力でした。

オリジナル曲は音楽的には韓国ドラマの OST に良くある感じで、実際に OST にも多数参加しているようですね。

驚きなのは MIGYO さんの日本語力。司会は K-POP イベントでは安心・安定の NICE73 さんでしたが、ほぼすべて日本語で話していました。トークの中で言っていましたが、「今回、日本でのイベントが決まって自分が何をすべきか考えた。来てくださった人と会話できるのが重要だと思って勉強した」というようなことを言っていました。はっきりいってそんな短時間で勉強したとは思えない、ほぼ自由に日本語を操るレベルでした。

トーク中に日本のアニメやマンガが好きと言っていたので、それなりに基礎力があるところに勉強したので上達が速かったという感じな気がします(もちろん日本語と韓国語は共通点が多いというのもありますし)。

他にトーク中に歌詞についてや、カバー曲について色々熱く語っていたのが印象的で、本当に曲に真剣に向き合って歌ってるんだなと思いました。

トークと歌合わせてかなりの時間あった気がしますし、MIGYO さんのキレイな姿は間近で見れたし、仕事の合間に行ったにしてはとても良いイベントでした。

サイン会や握手会は参加していませんが、参加人数も多くないのでひとりずつの時間はかなり長かったですね。あの日本語力だったら色々話せますし良いですね。

おつかれさまでした〜

今回は NICE73 さんの詳細なレポートがないなあ😅

当日撮影した動画もどうぞ(スマホが熱くなりすぎてカメラ機能停止したりしてたので曲の一部だけ😅)

GFRIEND Summer Live in Japan 2018 @ なんば Hatch

Gfriend の日本初ライブに行ってきました。入場者特典で光るリストバンドがもらえたのでペンライトも売っておらず(東京は売ってたみたいですね)、特にグッズを買うわけでもなく入場しました。

私は 200 番台ってことで、大体前から 7 列目程度の位置で、顔もダンスも十分に堪能できる位置で観れて良かったです。

ライブ終わるまですっかり忘れていましたが、ステージ花企画に応募したんだったw ハンドル入ってますが、ヨチンだからもっとたくさん参加して小さく名前載ると思っていたら、結構ドーンと載っていたのでびっくりでした。

個人的にはどんどん新しいグループが出てくる中、最近ヨチンを聴く機会も減っていたので、ライブもどれくらい来るのかな?と思っていたのですが、すみません、なんば Hatch はオールスタンディングでほぼ満員の状態、2F まで入っていましたので、キャパとされている 1500 人近くは入っていたのかと思います(数えたわけじゃないので知らんけどw)。

日本語もかなり練習したことが伺える流暢さでした。プロンプタは見ていたと思いますが、それにしてもかなりのスピードで詰まることもなくスラスラと発音していましたので、かなり練習したのでしょうね。ところどころアドリブだったのか、意味が理解できないメンバーにわかるメンバー(ソウォンがそんな感じだった)が意味を教えるみたいな場面も見受けられましたので、それなりに日本語力あるんだと感じました。

最初の曲の出だしはちょっと乱れた感じがしましたが、その後はヨチン安定の歌唱力でした(つまり生歌だったということです)。まさかこの 2 曲のような激しいダンスの曲で生歌とは恐るべし😳と思って感心していました。

  1. Glass Bead -JP ver-
  2. Navillera -JP ver-

このあとは自己紹介とトーク。オムジの話す日本語がかわいかったです😍トークは曲紹介とか、これまでの日本活動で印象に残っていることを話していたかな。

  1. Love Bug
  2. Sunny Summer(여름여름해)

“Sunny Summer” はちょっと昔の高中正義っぽい夏を感じますね。

このあとは短いトーク。内容は忘れました😅 このあとはバラードコーナー。

  1. Trust -JP ver-
  2. Mermaid

このあとはビデオ。「今日から私たちは」の日本版ビデオの撮影風景でした。ここで衣装を変えて冒険服(?)風(↓のフォトタイム写真での衣装と同じ)で登場。

  1. Fingertip
  2. Crush(핑)
  3. Ave Maria(두손을모아)

トーク。自分たちの曲の中で難しい曲は何?という話をしていました。オムジだっけ「全部むずかしいけどがんばります」みたいに言ってたのは。他にも「今日から私たちは」とか挙がってたかな。

  1. トキヲコエテ(ROUGH) -JP ver.-
  2. Rainbow

「ステージも終わりに近づいてきました」「え〜」
「Buddyの愛を受けて私は身長が1cm伸びました」ウナだっけ?😂

  1. 今日から私たちは(Me Gustas Tu)-JP ver.-
  2. LOVE WHISPER -JP ver.-

ここでなんと全く予想外でしたがフォトタイムがありました😃カメラ持っていくんだった!と思ったけどカメラは禁止でしたね😅

集合写真も撮りました。

そして重大発表。

そして最後の曲です。

  1. Time for the moon night

アンコール待ちのビデオは「今日から私たちは」のMVが流れていました。

  1. My Buddy(기억해)

先にも書きましたが、あの激しいダンスでここまで生歌を披露してくれるとは思っていませんでした。そのため、ライブを通して、MCの間じゅう各メンバーの「はぁはぁ」という激しい息遣いをバックグラウンドに MC を聞くことになってました。改めてヨチンの実力を思い知らされました。各メンバーの実力もすごいですが、やっぱりその中でもユジュの声量は圧倒的でさすがという感じでした。

私の立っていた前は最初の方ではイェリンの前あたりで、イェリン結構な頻度でペンサをくれてサービス満点でした😍そして、この日の “Fingertip” 以降の衣装がハマっていたのかよくわからないけど、金髪のシンビ結構ええやん、と急に思えてきました😅

時間は1.5時間程度でしたが、全体的に歌中心でしたし、圧倒的なダンスと歌でグイグイきましたので、物足りなさは全く感じませんでした。

東京はセトリが若干違ったようですね♪

関連

公園少女 / GWSN / 공원소녀

最近色々ありまして、あまりここでは色々な話題を扱っていませんでした。続々と K-POP ヨジャドルが日本でイベントを発表していましたね。韓国デビュー前に日本でイベントやります、というグループまで現れてましたね。

それに続いて、韓国でデビューに向けて色々進めている、当ブログでも KARA・少女時代 のち、LOVELYZさまに教えていただいた話題のグループも日本でイベントをするようですね!

日本人もいるので日本活動は元から想定していたのでしょうけど、このタイミングでやるのはびっくりですね。しかしスケジュールの発表が急すぎるなあ。

YouTube の公式チャンネルでメンバーひとりずつの動画が公開されていますね。

日本人メンバーはイケメンで話題ですね。(この角度で見ると女優のイ・ユンジさんに似てるような)

バスキングプロジェクトの模様。

関連記事