Dreamcatcher「Alone in The City」発売記念来日イベント@くずはモール

Dreamcatcher の日本デビュー盤の予約イベントに行ってきました。とは言っても予約せず後ろの方から観てただけです。参加は 2 部だけでした。

前回くずはモールに来た時よりは確実にファンは増えていましたね。前回は結構自由に動き回っていた記憶がありますが、今回は特典会参加の人数も多かったし、バックステージ招待もあったからか、自由に動き回る姿も見れず、最後のあいさつもなかったようですね。くずはモールは掛け声禁止だったと思いますが、特に注意もなかったし、控えめでしたが掛け声あがっていました。

  1. You and I

自己紹介のあと、2部はハロウィンコスだったためか、食べてみたいお菓子を質問していたかな。「おこげ」って誰が答えてたんだっけ? あとはスアが砂肝が好きって話だったかな。あとは日本デビューの話。曲の説明とか。

  1. What -Japanese Ver.-
  2. Full Moon

後ろの方にいましたが、しっかり写ってますw

Laboum JAPAN 1stシングル「Hwi hwi」リリース記念イベント @ HMV&BOOKS SHINSAIBASHI

先月に続いての Laboum のリリイベ。初日のイベントに仕事を早めに切り上げて行ってきました。

会場は私は初めて行く HMV の心斎橋。会場のある 8 階に行くとそれらしいスペースは見当たらずしばらくキョロキョロしたり、8 階で良かったっけ? と確認していました。黒幕で仕切って入り口も塞いたスペースが済の方にあり、その前にあまり目立つ風でもない予約カウンターがありました。

とりあえずグループショットとツーショットのために、初回限定盤を 3 枚購入。行ったのは入場開始 15 分ほど前なのですが、なんと優先エリア券が 1 番。こんなところで運を使わなくても❗😂

会場はこじんまりとしていて、この会場の最前列ど真ん中だと、全員が同時に視界に入ることもなく、キョロキョロしてしまいました。1 曲目が撮影可能でしたが、これもどこにレンズを向けるか迷う迷う😅。目が合うと照れる距離でした。

Setlist

  1. Hwi Hwi -Japanese Ver.-
  2. Fresh Adventure
  3. Shooting Love -Japanese Ver.-

9 月のときは自己紹介すらなかったのですが、この日はちゃんと自己紹介ありました😃とは言ってもビル 8 階の店舗の区切られたスペースなので、この日こそ自己紹介しなくても知ってる人ばかりだったのでは?

特典会は、この日はそれほど参加者も多くなかったので、ハイタッチも握手会も比較的ゆったりとしていたと思います。撮影会はツーショットでも椅子が置いてあり、メンバーは立ってだったので、そのまま撮ると家族写真みたいになってしまいますが、そこはきちんとしゃがんでハートなどのポーズを取ってくれていました。撮影スタッフによっては、椅子を無視して立ってポーズを取っても撮影してくれたようです。そんなユルい特典会でした。

Weki Meki / Kiss, Kicks

Weki Meki の新曲 “Crush”、独特なリズムのダンサブルな A メロは少し苦手かなと思ってたら、B メロ〜サビにかけてメロディアスになって流麗になる感じのところが良くて結構聴いています。ラップ部分の作詞はユジョンも参加してるようですね。作詞作曲は TENTEN というプロデュースチーム。

ジャンル的には「ムーンバートン」らしいです。良くわからないジャンルですので、とりあえず Wikipedia を見てみると、

ムーンバートン(Moombahton)は、エレクトロニック・ダンス・ミュージックの一種である。 主にチョップド・アンド・スクリュードの手法を使用している。
ムーンバートン(Wikipedia)

さっぱりわかりません😅

しかし、K-POP の曲では比較的メジャーなジャンルのようで、ググると結構ひっかかります。

勉強になりました😅

3 曲目の “Dear” もしっとりとしたバラードでいいですね。

(参考)

Sohee / Hurry Up (Feat. BOL4)

Elris のメインボーカル、キム・ソヒのデビューシングル “Hurry Up” は軽快でノリの良いダンサブルな良曲ですね。曲は赤頬思春期の提供なんですね!

ガールズグループのメンバーのソロデビュー作品って、これまであまり「これは!」って曲に出会えてなかったんですが、これは結構気に入って聴いています。

MAMAMOO 日本デビューシングル「Décalcomanie -Japanese ver.-」リリースイベント @ あべのキューズモール

前日のライブに続いて、翌日はあべのキューズモールでリリイベってことで、ママムの歌をタダで聴けるんだったら行くしかないでしょう、ってことで天気も良さそうだし行ってきました。

CD を買う予定はないので(Apple Music でヘビロテしてるしいいでしょ♪)、到着もぎりぎりの時間で、1 部は優先エリア後方のフリーエリアから観てました。2 部は撮影タイムもあるし、上の見通し利くところから撮影しようかなと思い、1 時間くらい前から場所を取って 4F から見ました(透明なパネルの合間から撮影)。

司会はイ・テガンさん。日本語はそれなりに話しますが、流暢に話すという感じではなかったです。それなりに一部、二部の質問を変えたりしていて、それなりに楽しいトークが聞けたので良かったとは思います。ただ、ママムのみんなは答えるのにちょっと困った感じもしていたので、事前にちゃんと打ち合わせしてるのかな? という気はしました。

Setlist

  1. Décalcomanie –Japanese ver.-
  2. You Don’t Know Me

1 部の “Décalcomanie” の前半は、機材の調子が悪かったのか、音楽がほとんどなっていなかったのですが、そのまま歌い続けていたので、かえって生歌を堪能でき、彼女たちの歌の実力を感じられました。

トーク

1 曲目と 2 曲目の間が比較的長い時間を取ってトーク。色々質問していたので全部忘れましたが、

1 部

  • 日本で行ってみたい所、日本でしてみたいこと
    • ちょっと困った感じ? で、ソラが答えてましたが、「ムンビョルと以前大阪に来たことがあった。その時は節約旅行をしようと思って苦労したけど食べ物は美味しいし、観る所はたくさんあったので楽しかった」というようなことを言っていたような

それに応えてちょっと質問を変えて、

  • じゃあ、予算に限度を付けずにいくら使ってもいいとしたら日本でしたいことは?
    • ソラ: 「ショッピングモールを全部制覇したいですね」
    • ムンビョル:  「じゃあ私はショッピングモールを買い取ります。そしたらお姉さんがショッピングモールにお金をつぎ込むと私に全部入ってきます」

なんか Nine Muses でみんなビルを買いたいとか言ってた現実的なお話に似てきたような…😂

  • フィイン: 「景色の良い田舎で休むのにペンションを作ってみたい」
  • ムンビョル: 「じゃあそのペンションを買い取りまーす(笑)」
  • ファサ: 「フィインと同じような感じだけど、私がお金を持ってるとお姉さんたちに取られてしまう気がするので、色々ブラブラしてお店に入ってたくさんの人におごってあげる」
  • ムンビョル: 「ファサの友達になる。そしたらたくさんおごってもらえると思うので」(今は友達じゃないんかい!w)

あとは知ってる関西弁ある? 覚えた日本語は? みたいな質問に答えてたかな。ファサ「ワッショイ」とか謎の日本語を覚えたようです。でも意味は間違ってたかな?(誰に聞いてん?w > ソラ)

他にも質問に答えてた気がするけど忘れました。日本デビューしてどうですか? とか、大阪コンサート終えて東京名古屋でライブがあるけど意気込みとか聞いてた気がします。

あとは最後に挨拶してたかな。

2 部

1 部と重なる質問はありましたが、話題を変えようとはしていました。大阪の印象は、東京と比べてみたいな質問にファサが「大阪の方が街とか歩いていて親しみを感じる」みたいに答えていました。

大阪弁や日本語の質問は共通でした。2 部では 1 部では言ってなかった(前日のライブでは言っていた)「まじ卍」言ってました。前日のライブのように「おやじ」も言ってましたね。

  • 司会「おやじですわ。若くていいね」
  • ソラ「なんでやねん」😂(しっかり大阪弁らしくツッコめてる)

フィインは「あかん」というつもりで「やかん」と言ってました。😂

あとは大阪コンサートの感想を聞いてたかな。

1, 2 部とも、ミニライブのあとは特典会を眺めてました。最後、特典会に参加する列がなくなったあとは、優先エリアに入れてもらえたので近くで顔を拝むことができたので満足しましたよ。

2 部は上の階から前の人のスマホに邪魔されることなく撮影してきましたよ。