MAMAMOO 1st Concert Tour in Japan @ Zepp Namba

Mamamoo のライブに行ってきました。大阪の 2 部です。

Mamamoo のステージは初来日の赤坂のとき、新木場に来た時と2度行ってて、その時は、曲中で歌詞やラップの一部がさり気なく日本語になってたりという趣向はこらしてありました。今回もそれは同様でしたが、それ以外の MC では、彼女たちはほとんど日本語は話さずに陰から通訳が訳すのですが、それでも想像以上に日本向けの演出が考えられていた気がします。

ステージは普通の Zepp なんばのステージの後方に高いステージがあり、両側にはしご風の階段がありました。後方ステージの前面と、後方ステージ後方が両方ともに映像が出るようなスクリーンになっており、曲に合った映像が映し出されており、シンプルなステージでしたが凝った感じで楽しめました。後方の階段はかなり高かったです。Zepp なんばはステージの高さもそこそこあるので後ろの方から見ても十分に全員の全身が見れました。

今回はコンサートということで、ゲームなどはないのですが(MAMAMOO はそれでいいと思う!)、MC や曲間の映像に楽しめる趣向が散りばめられていて、本当に彼女たちはエンターテイナーだなあと感じました。そして曲は本格的!MC の時は「座って下さーい」という配慮があり、そういうところには彼女たちの余裕も感じられました。

オープニングはふたりが下のステージ、ふたりが上のステージから出てきました。

  1. Paint Me
  2. Décalcomanie -Japanese ver.-

冒頭からド迫力のボーカルに一気に持っていかれます。2 曲歌った所でいつものアカペラのママムの自己紹介に続いて、各メンバーの自己紹介。ここは日本語でシンプルに自分の名前を言う程度のもの。このあとは韓国語で順次通訳が入る形でトークは進みます。

細かいところは何言ってたか忘れましたが、感謝の言葉と最後まで盛り上がりましょう、みたいなことを言っていたかな。そして毎回聞いてるような気もしますが😂、日本語が勉強できなかったので次は…、みたいなお話。

そして大阪弁を少し覚えてきた、ということで披露してました。「大阪すきやねん」「ほんま」「なんでやねん」とか言ってたような(他忘れた)。ここはライブの場所によって言う日本語変えていたようですね。

自己紹介では「好きピー」(ソラ)、「手上げ」(ムンビョル)、「エモイ」(ファサ)といった日本語も披露し
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2102633

  1. Rude Boy
  2. You Don’t Know Me

「初めて “You Don’t Know Me” のステージを披露したけどどうでしたか?」あとはレコーディングのときに発音に気をつけた、みたいな話をしてたかな。

  1. I Miss You

ここで一旦メンバーはステージ脇に引っ込んで、スクリーンに映像が。妖精が出てくる童話風のアニメで、ムンビョル(が演じる役)が他の3人より背が高くてみんなを見下すみたいな話。途中で唐突に終わって「えっ」と思ったら、続きはリアルムンビョル出てきて、客室の方に向いて「他のみんなは小さくて見えないかもしれないからみんな踏まないように」とか言ってました。

すると妙に頭のデカいかぶりものをかぶったソラが出てきたり、その後は竹馬みたいなのを脚の下に付けたファサが出てきたり(スタッフが支えてました)、台車の上に載せた脚立に乗ってフィインが出てきたりと、なかなか笑わせてくれます。ここの映像とその後のコント・トークは、次の曲への伏線ですね😂

  1. Taller than you

オヤジギャグを言う企画。「今何時?」「おやじ〜」😂他にもひとりずつ言ってました。

これに続く曲はもちろん “AGE GAG(아재개그)”。曲中でも途中のギャグはオヤジギャグ。途中も歌詞が「アジョシ」の部分はかなりが「おやじ」に置き換えられてました。そういえば MC 中も、大声で掛け声書けてた人に「おやじちゃん」とか言って本人たちも気に入ってたようです😂

  1. Aze Gag
  2. Mr. Ambiguous

「Mr. Ambiguous(Mr.애매모호)」は本当にソウルフルな曲でジェームス・ブラウンが思い浮かびますよね。

このあとの映像は、グッズのジグソーパズルをメンバーでやっている様子が映し出され、「完成」となったところでひとつだけピースが足りない。会場のどこかにあるから見つけた人にそのパズルをプレゼント。見つけてる人いました(スタンディングエリアの前方だったような)、いいなー。

  1. I Love too
  2. Star Wind Flower Sun

ここでも何かトークがあった気がするけど忘れました。

  1. Starry Night
  2. Sleep in the Car
  3. Yes I Am

最後の挨拶はソラだけは「私は短めに」と言いながら全部日本語でやってました。

最後のあいさつのあとにファサが「最後でない最後の曲をやります。アンコールもたくさん声をくださいね」みたいに言っていて、オイオイ(爆笑)

  1. Egoistic

どの曲のときか忘れましたが、曲中で上のステージにスタッフが出てきて、メンバーがそちらを向いて K-POP 恒例の記念撮影とか。記念撮影自体はアンコール後もやってました。撮影自体はアンコール後だったか(記憶曖昧?)でもやってました。

アンコール

  1. You’re the Best
  2. Um Oh Ah Yeh

Mamamoo の歌は毎回期待を裏切らない迫力たっぷりの素晴らしいものですが、今回もその通りでした。そして、先にも書きましたが、トークの部分は通訳ではありましたが、そんなのはどうでもいい程の趣向が凝らされていて、楽しいもので、全体としては期待以上の楽しい時間でした。またライブがあれば是非行きたいですね。

このレポート以上に詳しいレポートが Kstyle さんから公開されてますね(東京のやつ)。

Mamamoo Purple Party in Tokyo @ 新木場Studio Coast

精力的に来日している Mamamoo の東京ライブに行ってきました。参加は 2 部です。最初行くつもりはなかったのですが、偶然翌日に出張が入ったため、前乗りで行ってきました。というわけでチケットはチケットぴあで普通に買ったので、入場はほぼ最後でした。

会場はおととしだったか、AOA のライブで訪れた新木場 Studio Coast でした。キャパは 2400 人とかだったと思いますが、この日は整理券番号からすると、700 〜 800 人くらいという感じで、下のフロア部分だけ開放されており、オールスタンディングとはいえ前の人との間隔を少し開けて、ステージが十分見える状態で、結構ゆったりと観ることができました。

セットリストは事前にメールで、大阪でやらなかった曲を一部を伏せた状態で 12 曲とメールが来てましたが、実際は 10 曲でした。とはいえ、たっぷりと Mamamoo のヴォーカルの迫力が感じられるすばらしいステージだったと思います。会場全体、良い感じにユルい感じで進行したライブでした。

司会はコン・テユさん。見るのは初めてでしたが、韓国語日本語共に流暢で、ユルい構成のトーク部分をうまく盛り上げていたと思います。通訳は別にいたのですが、結局コンテユさんがすべてメモしながら通訳していました(Mamamoo の言葉を観客に伝える方向は)。

さて、当初はメモと記憶を元にレポートしようと思いました。しかし、当日は撮影禁止といいつつ、注意があまりきちんとなされず、途中で司会のコン・テユさんが「一応ね、写真動画撮影禁止だけど、あまりにも楽しそうに撮影してるから、どうしようかと思って」みたいな発言をして事実上黙認みたいになってしまい、結果的にフルで動画が上がってますので、まあそちらを参照してください。一応「ダメ」とは言ってましたよ。でもその後からはスタッフによる後ろの方の人にだけされていた注意もなくなりました😅

さすがにこの部分は動画には含まれてないようですね。他のトークや罰ゲームみたいなのは入っていますのでどうぞ。

一応私は動画で見れるのとは食い違ってるかもしれませんが、記憶に基づいた内容を箇条書きで書いておきます。

Setlist

  1. Mr.애매모호 / Mr. Ambiguous
  2. Piano Man
  3. New York(歌詞の “New York” のが “Japan” に変わっているバージョン)
  4. Love Lane
  5. 1cm의 자존심
  6. Girl Crush
  7. 그리고 그리고 그려봐
  8. 놓지 않을게
  9. 데칼코마니
  10. Um Oh Ah Yeh

途中のトーク、ゲーム

  • 自己紹介。フツーにやってました
    • 東京は3回目。外国だけどとても馴染みがある、みたいなことを言っていた。
  • 事前に質問を募集していたということで、質問がホワイトボードにテプラが貼ってあったけど、全員選んだのは「○○を歌って」みたいなので、全員ちょっとずつ歌を歌ってました。
    • みんな選んでいる間、先に選び終えたソラに、
      • 司会「昨日は何を食べましたか」
      • ソラ「一蘭のラーメン。おいしい。私は太ってしまいました。私はブタです」
  • ハロウィンパーティってことで途中でハロウィンの準備してきました、と簡単な帽子かぶってましたw
  • 途中で司会さん「一応ね、写真動画撮影禁止だけど、あまりにも楽しそうに撮影してるから」って感じで事実上撮影解禁されてましたw 「アーティストのいいパフォーマンス観たいから心に刻んでくだされば」
  • 2 度目の企画は、事前に SNS 募集してた企画で選ばれた二組がステージに上がってました。Mamamoo のカバーダンスグループと、ソラになりきっていたシンガポールからの女性。Mamamoo の前でカバーダンス踊ってました。シンガポールからの女性もラッパーってことで、メンバーとラップパフォーマンスしてました。本人達の前でカバーダンスしたり、本人たちと絡んでラップ出来るのすごいですね。
  • 大運動会で大玉ころがしで負けたほうが罰ゲーム。かわいい愛嬌とかやってました。結局全員何かやっていたような。
  • 抽選コーナーは録音できるぬいぐるみに音声を吹き込んでいましたね。もちろん当たっていません。
  • ソラが結構日本語勉強してる感。

というわけで、当日の Fancam 動画。1 部も YouTube に上がってますね。この動画からたどれるはず。

コン・テユさんの Instagram。(なんで Mamamoo 公式のツイートはないん?w)

Thanks MuMu #MAMAMOO #ママム #마마무 #일본 #日本 #東京 #토쿄 #무무 #ムム

TEYU 공대유 コンテユさん(@teyu_)がシェアした投稿 –

ハイタッチ

終演後はハイタッチ。客席のスタッフは 4 列に並んで、ステージ上の韓国人スタッフからは 1 列に並んで、と案内は混乱していましたが、観客のみんなは普通にお行儀よく退場していきました。

出口でゲートが 4 つに別れていて、そのひとつを適当に選ぶと、出口でメンバーのうちのひとりが待っていてハイタッチできるという、初めてのパターンのハイタッチ特典でした。

私は特に「誰でもいいかな」と思って適当に選んだら、ソラちゃんでした。かわいかったです😍

8/5, 6 日程かぶりすぎw 〜 Mamamoo が大阪に❗

8/5, 6 といえば、既に日程かぶってましたが、さらにそこにかぶせてくるグループ登場です。

Twiceハイタッチ、Lovelyz日本単コン、全部制覇する人は出てくるでしょうか!? (無理)

まあ、冷静に考えると、Twice に行く層は K-POP マニア層とは別な層がほとんど (マニア層も含まれるだろうけど)、Lovelyz とも若干層が違いそうな上に Lovelyz は東京、と考えるとそれほど被らないのかなと思いますが、どうなんでしょうね。しかも堂島リバーフォーラムと言えば、スタンディングだと 2,000 人入るんですが、Blitz のような熱気になるのかな?

まだ先行予約してないから「チケット購入はこちらへ」をクリックしても eplus のトップページへ飛ばされますね。ウェブページのソースを見るとまだ赤坂Blitzと書かれてる部分が多くて、SNSでURL貼っても前の情報がプレビューされたりしますね😅

新曲の “Yes I am” も良い曲です。大阪公演成功させてほしいですね (私は行けませんがw)

MAMAMOO Japan 1st Staging @ Akasaka BLITZ

Mamamoo のライブ行ってきました。1 部のみ。

迷ったのですが、Mamamoo の歌声を生で聴くと迫力ありそうだし、絶対生で聴くべきだよね、ということで思い切って行きました。0 泊 3 日弾丸ツアー(夜行バスで行ってその日のうちに夜行バスで帰ってくる)で ←どーでもいいw

赤坂BLITZは初めてでした。比較的後の方でチケット取ったので、番号は A800 番台とかなり後方。とはいえ、ステージがかなり高いので、会場全体から十分に見えた気がします。かなり後方に陣取りましたが、足元まで見えました。会場は立ち見で満員でしたので 1000 人以上は入ってたと思います。K-POP をまんべんなく聴く層以外にコアなファン層がいるのでしょうか?

ライブと思っていきましたが、内容的には前半にトークやゲームを入れたファンミーティング的なイベントでした。Mamamoo だったらトークなしで全部歌でドーンと男前にやってもいいと思いましたが、ゲームやトークもそれなりに楽しく、メンバーの個性が少し垣間見られた感じで、それはそれで良かったです。

(以下、記憶に従ってるので間違いあるかも)

最初 2 曲ほど歌ったところで、おなじみの司会の古家正亨さんと通訳の方が出てきてトークでした。最初は自己紹介ならぬ、各メンバーをそのメンバー以外のメンバーが紹介するというもの。それぞれテーマが決まっていて、そのテーマに従って思っていることを紹介するという感じでした。メンバー全員、通訳を気にせず話しまくるので、通訳さんがどこで通訳入れるべきか戸惑ってた感じがw

また 2 曲ほど歌ってゲームコーナー。

まずは以心伝心ゲームということで、お題に Mamamoo の曲が挙げられて、その曲のダンスで一番ココと思う所を一斉に踊るというものでした。ファサだけがやたら外していましたし、イマイチ足並みが揃わずに間違いばかりで会場の笑いを誘っていました。ファサがあの風貌やら歌うときの格好良さからは想像つかないですが、意外に天然? と思わせるボケっぷりで、なかなか笑えました。

次はテレパシーゲームで、お題に挙がったものを 3 人でお絵かきして 1 枚の絵を仕上げ、最後のひとりが何を描いたのか当てるというゲームでした。各メンバー 5 秒の持ち時間でみんな謎の絵の上にさらに謎の絵を重ねたり、意味不明のものを付け加えたり、各メンバーの絵が重なったりしてぐちゃぐちゃで、アレを本当に当てるのは無理っぽいものでしたが、まあそこはお約束で、ゲームの成績でメンバーには焼肉食べ放題がプレゼントされ、みんな満足そうでした。

ゲーム、トークはここで終わりで、フォトタイムを挟んで後半は歌でした。前半の歌も含めて、生で聴くべきだよねと思っていた以上の迫力でたっぷり彼女たちの歌が堪能できました。

歌では少しだけですが、歌詞の一部が日本語に置き換えられていたりというサービス入りでした。あと “1cm의 자존” では、曲の冒頭のヴォイスとして、ファサが「ムンビョルさん…、きらいです…」と入れていて爆笑でした。

公演時間は 2 時間を切るくらいだったので、もう少しトークとか削っても曲を増やしてほしいなと思わなくはないですが、最後の “Um Oh Ah Yeh” まで迫力のある歌を堪能できて満足のステージでした。

今回は珍しく特典会は参加せずに帰ってきました。次は東京以外でもやってほしいですね。

第1部の集合写真も公開してくれたらいいのに。

(ここからはライブ本体とは関係ない話)
第1部は 13:15 開場、14:00 開演となっていましたが、入場の段取りが悪く、14:00 を過ぎてもまだ並んだままでした。チケットの番号 10 番ごとに入場していたのですが、時間がおしていたからか、私が入場するときには呼ばれた 10 名が入る前に次の 10 名の番号が呼ばれ、私の前に後の番号の人が入場していました。まあ 800 番超えているので、多少入場が遅くなっても会場で取れる場所は変わりないのですが、それでもあまり良い気はしないですね。暑い中、直射日光の当たる場所で延々待たされていた後では特に。

Mamamoo 無料 FC サイトオープンと単独ステージ “MAMAMOO JAPAN 1st STAGING”

Stellar に熱狂してるうちに、こんなサイトが公開されてるの気づきませんでした。

Mamamoo に関してはすでにタワーの “K-POP Lovers” で来日しているとはいえ、今年はまさに K-POP ヨジャドル、単コンラッシュという感じですね。忙しくなりそうな。

会場も赤坂 BLITZ ということでそこそこのキャパのところですね。それくらいは入るという算段なのですね。すごいな😳挨拶の動画と宣伝動画(?)も公開されていますね。

G/W 真っ只中は遠征組にはキツいなあ😅

無料ファンクラブ登録ってことで、メールアドレスが登録できますが、メールアドレス入れたらなんの確認もなく「登録完了」と言われました。大丈夫なん?😅

(2017-03-14 追記)
日本公式 Twitter アカウントや Facebook ページもできてますね (わざわざ日本のライブのチケットの買い方を本国の人向けにハングルでしてるw)