2022 年 Girl’s K-POP Top 20(2)

昨日に引き続き今年の Girl’s K-POP Top 20 の後半をやっていきましょう。前半はこちら。

昨年の後半で最初に書いたのと同じこのグループから。

Cherry Bullet / Love in Space

出だしのレトロなシンセ(東欧プログレか?って感じのアナログ感)からぐっと引き込まれて、シンセポップに叙情的なメロディが乗っかる所が私の好みにドンピシャでした。

以前の謎のレビューもどうぞ。

Rocket Punch / Chiquita

今年は何度か特典会やリリイベで生で観れた・話せた Rocket Punch。今年彼女たちが出した曲は結構どれも良曲揃い。もっと人気出てもいいのに(日本でも)。

K-POPアーティストの日本曲って気に入る率低めなんですが、Rocket Punch の “Fiore” は結構お好みで、”Flash” とともに、今回どの曲を選ぶか結構迷いましたよ。

woo!ah! / Catch the Stars

夏とこの間、2 度イベントをやって、どちらも行った woo!ah!。”Catch the Stars” とこの間の “Rollercoaster” どちらも良くて、どちらを選ぶかかなり迷ったのですが、若干個人的にはインパクトが強かったかなということで、こちらを選びました(どちらも同じ作曲家さんなので同じ感じなのは当たり前?)。

歌だけでなく彼女たちのダンスも良いです。

次はもう少し長時間のファンミーティングかコンサートで見たいところです。

Kara / When I Move

この曲はブログで書こうと思っていて結局書けなかったやつ。KARA は流行ってた頃はあまり K-POP には興味はなく、普通に「最近こんなの流行ってるのね」って感じで聴いてただけでした。

久々のカムバってことでどうなるのか? と思ったのですが、出てきた曲は「さすが KARA」と思わせる完成度の高さでした。う〜む、すごい。

この曲だけでなく、アルバム通して良曲揃いでした。

fromis_9 / DM

事務所移籍してからは安定した良曲をリリースし続けてる fromis_9。この曲か “Stay This Way” のどちらを選ぶか迷いました。曲調がより私好みのこちらを選びました。

軽快で明るいながらも叙情的なところもあるメロディが私好みです。

ICHILLIN’ / Draw

正直、あまりこういう曲調は個人的にはお好みではないんですよ。なんですが、何度も聴いているうちに耳に残って脳内リピートしてしまう妙な魅力があります。

ICHILLIN’ はこの曲に限らず妙に印象に残ってしまう曲が多い印象です、知らんけど。ガールクラッシュの次はこういう軽快でポップな曲が流行でしょうか。

Girl’s World / Rapunzel

この企画のように今年の曲を選んでる人の中でもこの曲を選ぶ人はなかなかいないのでは? Girls World と ICU の関係とかよくわかってないんですが、とりあえずこの曲は良い!! 個人的な好みの中心を射抜いています。

ちょっと舌っ足らずな感じに歌う所も曲に合っていてマイナス点にはならない感じです。

ALICE / Dance On

前にも書きましたが、事務所移籍したあとの彼女たちは活動も活発で、プレリリース的な曲の “Power of Love” 以降は SNS の更新やサイン会なんかも頻繁で、彼女たちの楽しそうな姿が毎日のように見られるのがファンとしてはうれしい限りです。不満点といえば日本に来ないことだけ(日本ファンクラブどこ行った!?)。

そんな中、彼女たちが本気で返ってきた気合をひしひしと感じる良曲がこの曲!! 目新しさがなくてもいいんです。この勢い、レトロ感あふれるディスコサウンドとしなやかなダンス!!

活動期間も比較的長く、彼女たちのカラフルで楽しいステージがたっぷり楽しめたのも良かったです。

Limelight / StarLight

メロディラインだけだと今年 No.1 と言ってもいいほどの好みの曲調のこの曲。スヘとみゆの突き抜けるような高音も魅力です。

細目のニコニコ顔のスヘ、美形みゆ、幼い感じでなんか申し訳ない気分になるかわいいガウンとルックスも個人的にはお好みなので今後も楽しみです。初来日イベント、平日で東京だったので行けなくて残念!!(あと2日ほど早ければ行ったのにw)

アルバムも良曲揃いで、”Starlight” のアカペラも良かったです。

CSR / Pop Pop

清純派アイドルどこ行った? という昨今、直球ど真ん中でデビューした첫사랑。1 位取った “♡TiCON” も良曲ですが、このデビュー曲にはかなわないでしょう。今年 Top1 と言っても過言ではないくらいのドーンと突き抜けた爽やか清純派の名曲だと思います。

書こうと思ってて書けなかったんですが、”♡TiCON” のいきなりの地上波 1 位はびっくりでしたね。2 位のユンナさんもそうだったのですが、得点がそれぞれ一点集中(CSR は放送点数、ユンナはデジタル音源だっけ)で他はすべて 0 点という、色々ある中の狭間のタイミングで起きた奇跡という感じでしょうか。曲はいいので奇跡っていうのは失礼ですが。


後半 10 曲いかがでしたでしょうか? この 10 曲書くだけでも「どの曲選ぼう?」と迷ったし、実際最初 10 曲選んでたのを書きながら別の曲に変えたほど迷って選んだ 10 曲でした。年が明けたら迷った上で落とした曲を紹介したりと、例年通りしばらくこのネタで続ける予定です。

順位つけないと言ったわりに、最後に紹介した 3 曲が今年のベスト 3 か!? という程度には気に入ってます(真っ先に選んで Top20 入りが速攻決まった 3 曲です)。見返してみると ICHILLIN’ 以外はメロディラインが本当に自分好みの曲を選んでるな、と感じます。

それではみなさま、このマイペースなブログに今年もお付き合いいただきありがとうございました。私も読者のみなさまも、来年もたくさんの良曲に出会って充実した K-POP ライフが送れることを願いながら、今年最後のエントリーを締めたいと思います。みなさま、良いお年を!来年もこのブログをよろしくお願いいたします。

「ドキドキLOVE」リリースイベント@あべのキューズモール

個別サイン会の翌日はあべのキューズモールでのリリイベに行きました。この日はミニライブがあるので楽しみに行きました。

ただ、この日はなかなか高いハードルが設定されていました。普通この手のイベントでは CD を買うと枚数に応じた特典会と優先エリアへの入場ができるのですが、なんとこの日は

  • 優先エリアに入るには初回限定盤(6,600円)を買わなければならない
  • 特典会に参加するには(優先エリア入るのとは別に)初回限定盤 or 初回限定盤+通常盤(合計9,600円)を買わなければならない

というハードルの高さ。通常盤だけを買っても何も起こらないという謎仕様。

前日の満足感が結構高かったので、彼女たちには申し訳ないけどお金は落とさず優先エリア外で両部とも観ただけで終えました。

優先エリアは両部とも 20〜30 名、優先エリア後方に設けられた特典券を持っている人エリアは 1 部は 10 名程度、2 部は数名という寂しさでした。もう少し気軽に参加して彼女たちの魅力にハマらせた後にハードルを上げるとか、もう少しちゃんと戦略練った方が人気も出るし、売上も上がるのでは? よしもとミュージックもう少し考えた方がいいんじゃ? と思いました(誰がこの戦略決めてるのか知りませんが)。彼女たちもかわいそうです。

この日の司会は以前のちゃやまちプラザステージのときの司会だった吉本のカラミさん。芸人らしくうまく盛り上げてました。

1部

Setlist

  1. Ring Ring Japanese ver.
  2. ドキドキLove

メンバーが出てきてまずは自己紹介。

その後の話題はメンバーの日本語力の高さについて。

「ジュリが日本語を教えたりするの?」という質問に対して、「日常がそうで、一緒に住んでるから自分の口調そのまま学んでしまうので少し申し訳ないような気が…」😂「正しい日本語は KETCHY に任せます」😂

「メンバー同士話す時は日本語韓国語どちらで話すの?」「ハンボノ」(ハン=韓、ボノ=本語って感じでしょうか)日韓両方を混ぜこぜで使うそうです。

「最近ジュリさんに教えてもらった日本語はある?」「びっくり仰天」「今時びっくりしてもそんな言葉使わないでしょう」「3年日本にいなかったから」「3年前も使わなかったでしょ」😂

その後は練習生時代の思い出を話してました。

ここで 1 曲目 “Ring Ring Japanese ver.”。日本語バージョン初披露。

“Ring Ring” のパフォーマンスの後はアルバムの話題。

「ドキドキLoveというタイトルに込められた意味」
「愛する時のドキドキする気持ちをできる限り全部入れた」
「好きな歌詞はある?」
「全部かわいい」(歌いながら)「サビのパート」

あとはポイントダンスとか。

この後は初披露の「ドキドキLove」。

最後に全員感想を言って終わりました。

2部

Setlist

  1. Wonderland
  2. ドキドキLove

2 部も自己紹介から。自己紹介で

「ロケットパンチのうさぎさんスユンでーす」
「え?そんなんありました?」
「みんなあるのにないから作りました」😂

2 部もふたたび日本語力の高さの話題。

「(日本語)自信満々です」

「日本語習って話す時緊張しませんでした?」
ユンギョン「今でも緊張します」「名前呼ばれたらビクビクしちゃう」

「ジュリさんはどうやって韓国語覚えました?」
「失敗して覚えました」
「伝わらないのしんどくなかったですか?」
「おもしろかった」「その衝撃で覚える」
「最初に覚えた韓国語」「고구마(さつまいも)」(なんでそれ?)

ドキドキLoveについて

「ジャケットの撮影の裏話は?」
スユン「Fioreの活動中に撮ったので、その瞬間からずっとこの瞬間(今)を待ってた」

スユンの日本語力はやっぱりヤバいね。

「できあがったジャケットを見たときどう思いました?」
ソヒ「やっぱり Rocket Punch だなと思った」

1 曲目はスタンドマイクでバラード曲 “Wonderland”。

曲の後は “Wonderland” について

「私たちが KETCHY に感じている気持ちを歌っている」

次は「ドキドキLove」について、初めて聞いたときの感想。

ダヒョン「かわいい曲で楽しい曲でよく似合うと思った」「エネルギー曲なので振り付けがどうなるか気になった」

歌詞を見たときはどう思った?

ジュリ「私たちの曲の中で一番真っ直ぐな歌詞」「私たちらしいなと思った」「みんなミルクチョコレートが好きなのでミルクチョコレートって歌詞があってうれしかった」(食べれるわけじゃないのにうれしい? ってツッコまれてました😂)

この後はまたポイントダンスをみんなでやるとこですw

この後は「ドキドキLove」のパフォーマンス、そして感想で終わりでした。

ここで、特典会の前に私は会場を後にしました。

久々に 1 日のリリイベで疲れましたが、楽しかったですね〜。もう少しハードル下げて😅また来てほしいものです。

Rocket Punch “Fiore” リリースイベント @ 大阪・ちゃやまちプラザステージ

東京で朱里ちゃんから「大阪行くので会いに来てくださいね」と言われた夜に 4 日後の来阪が発表された件、行ってきました。

CD 販売開始時点では 40~50 名が並んでいました。平日夕方ですので仕方ない。最終的には 200 人程度は集まっていたでしょうか。会場内はある程度間隔を開けて立つため、入れなかった人は入口付近で見ていた人もいました(優先エリア外?)。

司会は吉本のカラミさん。初めて見ましたが、韓国語も堪能なようです。

https://twitter.com/karami516/status/1547561705755947009?s=20&t=WVg9bUQdclxreh-xbQO0kg

Set List

  1. Bubble Up!
  2. Fiore

トーク部分はひとりずつに別々の質問をしていくというスタイルでしたが、質問内容が良く、とても楽しめました。彼女たちの日本語力の堪能さはわかっていましたが、今回はダヒョンの日本語力の高さが感じられました。

あいさつと自己紹介の後は、大阪に来た感想、たくさんのファンが来ているのを見ての感想を簡単に言った後、日本デビュー曲 “Bubble Up!”。

“Bubble Up!” のあとは質問コーナー。大阪で一番行ってみたい場所を聞かれたスユンは「ココ(KETCHYの前)」さすがですな。その次は道頓堀のグリコだったけど行ってきて、意外にグリコの前でグリコポーズするのは恥ずかしくなかったと言う話でした。ヨニと 2 人で行ったとのことで、ヨニは恥ずかしかったと言ってました😅(大阪の夜はバラバラで行動したのね)

ソヒは大阪生まれであることを聞かれた後、何か知ってる大阪弁は?と聞かれてました。全員答えてましたけど、すきやねんとか、なんでやねんとかはいいとして、「しらんけど」が出てきたのは笑いました😂

ヨニは、大阪で食べたい食べ物を聞かれて「お好み焼きとたこ焼き。昨日と今日食べました。串カツが食べてみたい」お好み焼きとたこ焼きどちらが良い?に対して「それは究極の質問」と言うのが出てきてさすが😂その他、日本のキムチが美味しいという話もしてました。

ユンギョンは “Fiore” や “Bouncy” の話を聞かれていました。「初めて聞いた時、歌詞やリズムが良くて、レコーディングのときうまく歌えた(この辺り日本語ちょっと怪しくて怪しげw)」あとはよくある発音が難しかったという話。よく出る「つ」「ず」とかの発音が難しいというやつですね。他のメンバーのパートでやってみたいパートなんかもみんな答えてました。”Bouncy” はどうだった?という話では「韓国語の曲もあったし Fiore より安い?」と言ってジュリから突っ込まれてました。現時点ではユンギョンが一番日本語怪しいのかな?意味はわかるしこれくらい間違えてるのはかわいいからそのままでもいいよ😂

ジュリは “Fiore” 歌詞について。”Bubble Up!” より歌詞が難しかった。その分メンバーも成長できたと言うお話でした。花びらが開くところが難しいという話で、客席もみんなでやってました。

ダヒョンは衣装について。ここでダヒョンが全員の衣装それぞれを解説していました。ここの日本語力がなかなかでした。

お約束の質問から、Fiore の作品についての質問まで色々な話で、彼女たちも楽しそうに答えていて、アドリブでの日本語の返しなんかもあって(さすが!)楽しい質問コーナーでした。

この後は “Fiore” のパフォーマンス。”Bubble Up!” も含めて、東京ではパフォーマンスはない特典会のみのイベントだったので、やっぱり生パフォーマンスが観れて良かった!! 😍

この後は CD 購入者特典のお見送り会。これがなかなか良くて、全員と一言二言話しながら見送られました。1,100 円で一回これができるんだったら、もう 2,3 枚買っても良かった!と思える程度には話せました。1 回しか行ってませんが。こういうときに気の利いたことが言えない私は「楽しかった」とか「また会いましょう」とかありきたりなことしか言ってません😅

Rocket Punch “Fiore” 個別トーク&サイン会 @ Ariake Central Tower Hall

woo!ah! の翌日は Rocket Punch のトーク&サイン会に行ってきました。woo!ah! が発表されたあとに翌日に Rocket Punch があるというので hmv で数枚購入したところ、運良く一枚だけ当たったのでした。(hmv, Tower, 公式でまんべんなく数枚ずつ買ってればそれぞれ当たった感じでしたね、周辺を見てると)

前日の woo!ah! と同じく、事前に用紙にサイン用の名前を書いて差し出すのですが、なぜか苗字か名前をフルで書かないと許されないという謎のレギュレーションでした(名札つけて行ってたら「この名前で」と言えたみたいですけどね)。

私はジュリが 当たったので、「朱里ちゃんだったらまあ特に準備しなくてもいいか」って適当に行ってきました。さすが朱里ちゃんでそれでもしっかり会話して満足のトーク会でしたよ。

待ち行列にいる間は横のダヒョンやヨニやユンギョンをガン見しながら順番を待ちました😂スユンだけ遠くて輪郭くらいしか見えなかった😅

私の前の女性がメモ帳にびっしり言うことを書いてて、すごいなあと思ったら、いざ朱里ちゃんの前に立つと感極まったのか泣き出してしまってたようで、その対応を感心しながら見てて、それだけでも結構満足してしまいました。さすが朱里ちゃん!その女性はあと何回か朱里ちゃんのサイン券があったようなので、その後ちゃんと会話できてたらいいなあ。

適当に準備しなかったとは言え、思いついたネタをいくつか考えると、1 分なのであまり色々欲張ると枠に入らないなと思って、大阪に来てねって話と、”Fiore” の感想を中心に会話することに。相変わらずイベント時のネタの発送が貧困です😅。ジュリフルデイズとか色々ネタは思いついたんですが。

朱里ちゃん、こんにちわ、はじめまして
ジュリ(私)さんはじめまして
Fiore 良い曲ですね。とても Rocket Punch らしい曲でめっちゃ聴いてます
ジュリ本当ですか?うれしい〜
今日は大阪から朱里ちゃんに会うために東京まで来たんですよ朱里ちゃんに会うためだけではないけど😆
ジュリうわー、やばいね。いつ来たんですか?
昨日。この 1 分間のためだけに大阪から来たんですよウソやけど😂
ジュリもう言っていいのかわからないけど、私たち大阪に行くので会いに来てくれますよね
え?ホント?うわー、絶対行きます
そういえば、運動するときに Fiore 聴きながらやってるけど、運動がはかどってヤバいです😂これはホントね🏃
ジュリうわー、運動とかよくされるんですか?
そう、ランニングとかしてて、その時に Fiore 聞くとペース上がるんですよ(ここでスタッフから「そろそろお時間です」の声)
がんばってくださいね。大阪で会いましょう

え〜?大阪来るの?まだ何の発表もないけど、とか思ってたら、その夜に

なにそれ?😂直前に発表はKポあるあるとはいえ、4日前に発表する!?🤣

まあ行きますけどw

そういえばこの日は情熱的な赤い衣装での特典会でした。