Supay / Confusion

2004年作のリマスター盤の模様.ペルーのプログレって今まであまりなかったような.

笛系 (民族木管楽器?) のメンバーが二人いる珍しいバンド.ロックにアクセントを付けるのに民俗楽器系が一人いるというのは結構あるような気がしますが.

この笛系 (ケーナとか?) の音を前面に出したロック.この音が前面に出ているという所と,フォルクローレっぽいメロディであることがこのバンドをプログレ的にしているという気がしますが,曲の展開も時折変化をつけながら進行していきますし,構成的にも若干プログレ的な所はあって,なかなかおもしろいです.

南米的な叙情的なケーナ等の笛系のテーマのあとに,ロック的にギターソロなんかが入るその対比もなかなか.若干リズム的に怪しいような気もしますが,ケーナなんかが揺れたような演奏で,それが雰囲気を作り出しているような所もあるので,気のせいかも? ま,トータルに見た場合あまり気にならないということで.