Todd Rundgren’s Utopia の想い出

数日前につらつらと Twitter を眺めていると…、なんと Todd Rundgren が来日してるのか!しかも気づいたその日が公演の日!

さすがに当日知って当日券で行くほどのツウではないので行かなかったのですが、久々に聴いてみたくなり、ここ数日聴いています。

私は特別 Todd Rundgren ファンというわけではなく、プログレ系からの Utopia の初期 3 作、個人名義も “Initiation” を中心に聞いたので、たぶんメインストリームからかなり外れていると想像できるような偏り方です。(他にも聴いてますけどあまり印象に残ってない)

特に “Todd Rundgren’s Utopia” はインパクトがあり印象に残っている作品ですね。音楽的にもそうなのですが、あの 30 分を超える名曲 “The Ikon” を無理矢理 LP レコードの片面に収めるために、レコードのカッティングを浅くして(溝がスゴく浅い)すごく S/N 比が悪いレコードになってたのが作品に対するこだわりが感じられてすごいなあと思っていました。

今聴いても、Todd Rundgren のポップ感覚が存分に詰まった「プログレッシブ・ポップ」と言えそうな名盤ですね。

Gong / The Universe Also Collapses

Gong の 2016 年以来の新譜。「究極のサイケデリック・ロック・アルバム」を目指したらしい。

確かにサイケで、Radio Gnome の頃の Gong らしさもあり、それでいてジャズ的な要素も比較的強い(ジャズファンに怒られそうだけどw)、なかなかの名盤に仕上がってる気がします。

1 曲目の “Foerever Reoccurring” (20 分超)なんて本当に Gong らしい!

#平成プログレベスト

Twitter で行われてる投稿企画、「#平成プログレベスト」に投稿しました。過去のプログレ50選なんかから平成のやつを抜き出しただけですが。とりあえずツイートを貼り付けておきますね。

(2019-05-12 追記)
集計が終わっていますね