Pink Fantasy / Alice in Wonderland


これまでも曲によっては結構雰囲気が違ったような気もしますが、いきなり Pink Fantasy が Dreamcatcher になっててビックリです。これはなかなか格好良い、これまで一番の曲じゃないですか。

とはいえ、この曲はデビュー曲 “Iriwa” 以来の「アリス 3 部作」らしいですよ。

今回のアルバムは「不思議の国のアリス」をモチーフにしたユニークな世界観を表現するアルバムで、デビュー曲「イリワ」で始まった「アリス3部作」シリーズを終える。

https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2170901

フムフム。アルバムの最後に収録されている “Alice in Darkland” はインストの曲で、うーむ、全体を通してコンセプト作とすると、これはなかなかのプログレではないですか。ダンスもなかなか。

今回の活動から客員メンバー(?)が 3 名加わって 8 名体制になってますね。この新たなメンバーのうち 2 人は日本人ですね。

なかなかのメタルな曲ですが、Dreamcatcher との違いといえば、メロディがレトロポップ調というか、若干の泣きのメロディなトロット調であるところと、途中電子音(?)的ですがデスヴォイス(それともブラックメタル的?)が入るあたりでしょうか。なかなかの日本人好みの本格派な香りが。

作曲は「バナナフォンデュ」というチームのようです。

悪魔の誘惑に落ちたのも、結局自分自身の選択だというメッセージを込めた「Poison」は、TraxX出身のギタリストのジョンモとキーボーディストのへロプ王が主軸になった作曲チームパナナフォンデュが作曲を務めた。

https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2170901

定期的にカムバして、音楽番組にも出てがんばってますね。この調子で活動を続けてほしいところです。3 部作を終えてどうなるのかな?

(2021-07-16追記)

「いきなり」と書きましたが、2019 年の “Fantasy” もメタリックでしたね。Fantasy の方は私にはメロディがレトロポップな感じがしますけどw

Pink Fantasy / Alice in Wonderland」への4件のフィードバック

  1. 超弟のしんどんが娯樂で作製している女團なので滑ろうが當りをだそうが関係なく
    活動しているように我の目には映りますね。(^_^;)
    だから作諷も毎回ばらばら。

    今作はわるくない程度の感想ですが次回またこの躍る女子めたるを捨てて
    違うことするだろうなあああと預想します。(^_^;)
    過去作の「fantasy]のほうがそのまんま夢娘で笑いましたね。

    https://www.youtube.com/watch?v=DrzFr1u6u5c

    ↑新加入の桃蚊ちゃん。美貌と存在感はなかなか。

  2. 宇宙小女をだいすきさん、ありがとうございます。

    ばらばらとはいえ、3 部作ってことなので、Fantasy、Iriwa、今回の曲は同系統ということになるんですかね(笑)

    ところで、私は Fantasy よりは今回の曲の方が Dreamcatcher より(メタリック)と思ってます。Fantasy はレトロ歌謡というか演歌っぽい感じが。「みちのくひとり旅」をメタルミュージシャンが演奏しました、感があるように思えて

  3. この記事にあなたが貼った音樂番組の「ふぁんたじー」を再度觀るとたしかに哀愁漂う歌謡曲で舞蹈しているだけにみえますね。(^_^;)

    毒はぎたーの音が雷電のように炸裂してぴろぴろぎたーが金属。まさに(^_^;)

    それから「毒」をありらんKPOPで演舞しているかのじょたちの背後にたくさん應援客がいるのにはびびった。これだけ集客できるの?(^_^;)

    ううーーああーー、ぶりんぐぶりんぐが桃色物語の人気に危機感を覺えて嫉妬する數では?

  4. 宇宙小女をだいすきさん、

    最近このふぁんたじーがヘビロテです。元々泣きのメロディな北欧メタルが好きなおじさんにはこの曲はドンピシャですねw これと “Poison” をセットで良く聴いてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA