Lost World Band / A Moment of Peace

モスクワで結成されたロシアのプログレッシブ・ロックバンドの 2024 年作。ということですが、今回のアルバムは 1 人で制作されているようです。ドラムと女性ボーカルは別として。で、そのヴァイオリニストである Andy Didorenko はウクライナ人のようなので、さてどこのバンドでしょうね。今はアメリカ在住とのことです。

YouTube にはあまり音源がないので、配信サービスなどでどうぞ。

Lost World Band って、こんなにギターゴリゴリなシンフォだっけ?というのがちょっと記憶にないのですが、以前の作品は聞き返してはいないです。ギターでシンフォのメロディを奏でると、結構注意しないと微妙な感じになる気がしますが、これは全くそのようなことはありません。

ギター一辺倒ということもなく、曲は結構バラエティに富んでいます。東欧のシンフォによくある、カチッとした精密な演奏が特徴的です。これはマルチミュージシャンによる作品ってところもあるかもしれませんが、バンドサウンドの時もそういう印象だったような。

2 曲目の “Crumble Down”、4 曲目の “Chimera’s Jig”、11 曲目 “The Last Salvo” はクリムゾン的。ギターの攻撃的な演奏で迫力たっぷりです。

3 曲目の “Aflame” はヴァイオリンのヒステリックな感じでギミックに富んだ曲が印象的。前の曲の音が詰まった感じからは変わって、音の間の空間が感じられます。9 曲目も同じ感じかな。

女性ボーカル入りの 5 曲目、10 曲目、15 曲目は静かできれいの女性ボーカルの世界に没入できます。

6 曲目もギター中心なのですが、そこまで攻撃的ではなく、重厚感のあるシンフォ作品という感じで、私の記憶に残ってる Lost World Band 的なサウンドに思えます。

8 曲目の “Mercurial” も 6 曲目と同じ流れな感じがします。

16 曲目 “Lighteharted” は、スケールの大きなシンフォ的メロディで、キーボード中心に重厚感のあるサウンドで明るく希望にあふれた感じで、最後を飾る曲というまとめ感があります。

まあ、興味を持たれたら一度通しで聞いてみてください。

Purple Kiss / BXX

Purple Kissのカムバ “BBB” も、たぶんこの曲だけだとブログでは紹介してない感じかな(スミマセン)。

Purple Kiss らしさはたっぷりですね。

“Bitter Sweet”、スラップハウスというらしいですが、こういう粘りのあるブラックミュージック+ハウスサウンド的なサウンドに彼女たちのボーカルと歌唱力がぴったりで気持ちよく聞けます。

最後の “Voyager” も彼女たちの歌唱力がたっぷり堪能できる良曲ですね。

その他、”BBB” 以外の曲の方が好きかもw

Chung Ha / EENIE MEENIE

チョンハの久々のカムバ “EENIE MEENIE”、さすがチョンハという曲ですね。これまでよりはリズムが強調された感じ。

いいんですけど、これだけだったらこのブログでは取り上げてないです。

活動曲よりも、シングル 1 曲目のこちら!! 変化という点では “EENIE MEENIE” ですけど、これまでのチョンハからの継続という点ではこちらでは!!

ディスコ調ながらもハウスのようなミニマルなサウンドにチョンハの歌が乗ると流れるような感じが出て、繰り返し聞いてしまいます。ディープハウスっていうのかな。透き通るチョンハのボーカルと、ブラックミュージック的な粘りのあるサウンドがうまく絡み合ってる感じです。

KCON Japan 2024 (Day 1)

KCON に初参戦してきました。とはいっても初日の幕張メッセのみ。

初参戦なので目標は控えめに「LIMELIGHT のステージを初めて生で見ること」としました。欲張ってもいけないしね。

結果的に目標は達成できましたし、普段からイベントで顔を合わせているオタ仲間とも一緒に回れたりしましたし、色々 KCON の雰囲気も楽しめたので、達成感あります。

まずは入場、今年からシステムが変わったようで、当日 6 時以降に会場 1km 以内で Line を使って整理券を取得するというものでした。時間が早いと良い番号がもらえるというものでもなく、完全にランダムだったようで、夜行バスで新宿についてそこから向かったので、比較的後の時間についたのですが、私は運良くまずまずの番号が取得できました。

とはいえ、EXPRESS とやらの優先枠が先に呼ばれるので、そちらでも数千番があるので、9:00 呼び出し開始からかなり経ってから呼び出されました。EXPRESS は入口までまっしぐらという感じでしたが、通常列は呼ばれて入口に向かってもまた列があり、入場したあとも入場規制でゆっくり入らされてたため、さらに列があったため、入場したのは 11:00 ごろでした。

Dance All Day – LIMELIGHT

11:00 から始まる Dance All Day の LIMELIGHT のステージにまっすぐ向かいましたが、その頃にはかなりの人だかりで、側方の後ろの方から見ることになりました。

 

Dance All Day は、ダンスのゲームをやるような感じで、自分たちの曲が流れるけど、途中で途切れたり、別の曲になったりするけど、自分たちのダンスを踊り続けて、自分たちの曲が再開したときにぴったりタイミングがあってなければいけないというものでした。時間も 20 〜 30 分程度の短いもので、後ろの方だったけどまあいいかという感想でした。楽しそうになってるのが見れて良かったですね、って感じw

そういえば司会はミヤちゃんでしたね〜

このステージでガウンが「ブースで挨拶がある」というので、このあとはオタ仲間と LIMELIGHT のブース探し。でも、そんなブースはありません。なので、会場内をぐるっとまわったあと、一度外にでてランチしてたら、その途中で LIMELIGHT 登場という情報が!

慌てて会場内に行ったら、すぐに帰ったみたいですでに終わってました(苦笑)。

eite

LIMELIGHT を見逃したあとは、ブースを出していた eite がもうすぐブースに来るという情報で、ブース前で待機。近くで見ました。

eiteブースにて

このあと会場ぶらぶらしてたら、こんなロケやってるのも観れました。「K-POPドック!」のロケだったようですね。私が見たのはコスメのブースでした。

KCON STAGE – IS:SUE

LIMELIGHT の Showcase まで時間があるので、IS:SUE のステージを見ました。デビューシングルの曲と aespa の “Drama” の 2 曲をやってました。

キレのある迫力あるステージでしたね〜

SHOWCASE – LIMELIGHT

LIMELIGHT の SHOWCASE をなるべく前で観るために、その前の INI に紛れ込んだのですが、結局前のエリアに入るには会場外の待機列に並ぶというシステムでした。

それでも最前列で観れた!会場が大きいのである程度後ろの方から観るのでも、「初生パフォーマンス観戦」だからいいかなと思ってたので、予想以上の良ポジション!!

一番前で生のパフォーマンスが観れたので、それだけで満足でした。

Setlist

  1. STARLIGHT
  2. MADELEINE
  3. TA-DA!
STARLIGHT

TGC

SHOWCASE 後に TGC 会場に行くと、もうかなりの人でしたが、観覧エリアの中では比較的前の方の側方から見ました。

LIMELIGHT の 3 人は並んでランウェイに登場でしたよ。

 

Meet & Greet – Kep1er

それまでに目的を達成したので、あとはなんとなく Kep1er の MG でもみるかー、ってことで後ろの方で観てました。


途中、何かを見てる時だったか、オタ仲間から「(LIMELIGHT事務所の)社長が歩いてる」って知らせが来て、何かあるかな?と思って行ってみたら、社長のあとにかわいい女性が 2 人自撮りしながら歩いていました。社長はファンの「新メンバー?」という質問に Yes と答えていたようです。

LIMELIGHT新メンバー(?)

Moon Byul / Starlit of Muse

ムンビョルの最新作(と言っても 2 月ですが)は良いですねえ。

活動曲の “TOUCHIN&MOVIN” はレトロでファンキーな感じで、ノリが良く、運動中に聴くと運動がはかどりますw ムンビョルのソウルフルなボーカルと流れるようなサウンドが気持ち良いです。

 
 

featuring ONEWE の “Memories” も、パワフルでソウルフルなボーカルとバンドサウンドが良くマッチしていていい感じです。

その他の曲もなかなかの良曲揃いでさすがですね。