このブログについて

コメントやら Twitter (@ten_forward) で感想いただけるととてもうれしいので何か感じたこと、どーでもいいこと、なんでも良いので反応くださいね😃

  • 2017-02-03 / メインメニューとして良く使うジャンルへのリンクを追加しましたので、特定のジャンルのみ興味のある方はお使いください
  • 2016-11-01 / コメントは管理人の承認なしで行えるようになりました。いくつか条件があります
  • 2016-09-25 / このサイトへのアクセスは全て https となり SSL/TLS により暗号化されるようになりました。

初めてこのブログを訪れた方は是非「このブログについて」ページもご覧ください。

管理人は他に韓国ドラマのブログも公開していますのでもしご興味があれば是非そちらもご覧ください。

韓国ドラマあるある」ページなど楽しいページも用意しております。

Maxophone / La fabbrica delle nuvole

Maxophone 42 年ぶりの 2nd。

1975 年のアルバムが持つ独特のアクの強さは、イマドキ風だからなのか弱くなり、より洗練された感じになっています。

1 曲目はイタリアンポップっぽいエモーショナルなポップな雰囲気の出だしでそのままいくのかと思ったら途中でギミックの効いた展開になりなかなかのでき。ヴァイオリンも入るし、シンフォプログレ的キーボードの音色も良い雰囲気です。

あとあまり目立たないかもしれないけど 4 曲目のインスト曲がなかなかの良いインストロックに仕上がってます。

じわじわ来る良作のような。洗練のされかたも良い感じにされています。

追悼 Allan Holdsworth

びっくり、Allan Holdsworth の訃報が飛び込んできました。ご冥福をお祈りいたします😢

ついこないだライブで元気な姿見たばかりなのに、と思ったらもう 3 年前ですか。この時はラストツアーということで来日してましたが、まだまだ何度でも来れそうなまったく衰えないプレイでした。

Holdsworth を初めて聴いたのは高校生の時です。ちょうどインギーとか速弾きギターリストが続々登場したりしてたころで、当時ライトハンド奏法で有名だった Edward Van Halen が、ライトハンドのルーツは自分でなく Allan Holdsworth だと言ったとかいう話を、同級生のメタラーが言っていたのがきっかけです。

当時、今では考えられないようなマニアックな品揃えのレンタルレコード店が近所にあったので、早速借りに走ったらありました!(ふつー、こんなのレンタル店にないですよねw) “Road Games” です。たしかセールスのためにヴォーカルを入れたみたいなインタビューを当時読んだ記憶がありますが、それでも難解なメロディにさっぱり理解できない音楽でした。

それでも「こういうのが大人の音楽」というような中二病的な考えで、しばらく聴いていると、耳にすっと入ってくるようになってきました。

このあたりも名曲ですね。

とはいえ、本人作品より、後に聴いた参加作品の方に印象的なプレイが多い気がします。とにかくあのスピードのテクニカルな演奏でありながら官能的であるところが Holdsworth の特徴ではないかと思っています。このあたりを聴いた後にソロに戻ると良さがわかってくる感じ。

この演奏なんてホント名演。パーカッシヴな演奏の上で流麗に流れる Holdsworth のプレイが官能的。

そして Soft Machine の曲も名演。

Bruford。なんでこの曲選ぶねん!?と言われそうですが好きです。

UKも高校時代に聴いたな。プログレ初体験なので、これもある意味慣れるまで少し聴き込みました。

これは知らない人も結構いるんじゃないですかね。結構最近の作品。2005 年のアメリカのネオプログレバンドに参加しています。プログレの演奏としては Holdsworth の中でもベスト上位に入る演奏では? Holdsworth 節全開という感じ。

あの元気さだとまた来日しそうとか思ってましたが、本当にライブ観といて良かった。

Girl’s Day ミナの “My First Kiss” とドラマ『美女コンシム』

Girl’s Day が 1 位取ったのに 1 年前のネタ? リリースもおよそ 1 年前やろ? (2016 年 5 月) 何をいまさら、と言われそうですが、このブログ普段は 1970 年代のアルバム紹介してたりするから誤差みたいなもんだよね😂

今、ミナ出演の『野獣の美女コンシム』(オリジナルタイトルは『미녀 공심이』訳すると『美女コンシム』) が契約チャンネルで放映されているので視ています。

その挿入歌が結構印象的だったので調べたらミナが歌っている歌でした。ファンクラブ会員な上に推しメンミナやろ知らんかったんかい!と突っ込まれそうですが、知りませんでしたすみません。

ドラマは面白いので、ドラマを視ているからこそ良いと思えるという部分はあるかもしれませんが、軽快でなかなか良い曲です。

ミナって普通にしゃべっているときのハスキーさほど、歌っている時はハスキーを感じないことが多い所は不思議ですね。

ドラマは面白いですよ。アイドルなのにブサイク役😂。それも微妙なオカッパかつらをかぶってるという😂 (目を二重にしてるけど、どうせ不細工役だったら普段どおり一重でもいいのに、かわいいし😍)。そのかつらも毎朝時間をかけてセットしているのに少し傾いているというw


かわいい😍

ちょっとおしゃれしてカールしたり (かつらでっせw)、

かわいくないけどかわいい😍。いや、普通にかわいいんですよ。


チムジルバンはこうでないとね!! かわいい😍


アイドルなのにゴミの中でゴミ袋かぶるのか❗😂


微妙な髪型😍


ついにおにぎりにされてしまったり😅、


これはまた別のかつらをもらっておしゃれしたとこw


まあでも普通にかわいいんですよね😍

ドラマも気楽に視られる楽しいドラマですし、まだご覧になってない方はぜひどうぞ。ってミナの曲が良かったので紹介するつもりがドラマ紹介になってしまったw

Lovelyz イベント詳細発表された!!

Lovelyz 今年も KCON で来るし、その周辺でイベントやって結局行けない系かな〜、と思っていたら、発表されました❗

KCON のあとそのまま日本でプロモーションという感じですね。とはいえ、大阪のこの日程なら行ける❗❗

KCON もドリームコンサートも行けないし、ここでパーッといくか〜、ってゴールデンウィークなんかで使ってしまって財布軽くなってる系かも😜

でもいきますよー

【イベント日程】
5/21(日)東京
5/22(月)東京
5/23(火)東京
5/24(水)大阪
5/25(木)大阪
タワーレコード渋谷店移転22周年記念!「Lovelyz × TOWER RECORDS」 Lovelyz 2nd Album [R U Ready?] プロモーションイベント 販売店舗及び特典会詳細発表! (Tower Records 渋谷)

Shobaleader One @ Umeda Club Quattro

Squarepusher のピカピカ光る覆面バンド Shobaleader One のライブ行ってきました。

Squarepusher の往年の名曲を超ハイテク人力でやろうというバンドのようですが、あまり昔の Squarepusher の曲は詳しくなく、ここ 2 週間くらいでアルバムを何度も聴いて予習しました。

会場は梅田のクラブクアトロ、スタンディングでほぼ全体が埋まるくらいの盛況ぶりでした。Opening Act のにせんねんもんだいの、ちょっとこれはリリースしてる曲チェックしたいなと思わせるステージのあと、しばらく休憩を挟んで出てきました、黒装束に電光掲示板の覆面をかぶったメンバーが。

思えばこのバンドの存在を知ったのは Apink のライブに神戸に行った時の、ライブ前に寄った Tower Records の試聴機でした (ライブ前に何聴いてるんだかw)。

そこで聴いて、即チケットの手配をするほど衝撃を受けたのですが、予想通りその衝撃なんて軽く吹っ飛ぶほどの衝撃的なライブでした。

とにかくジャズ、フュージョン、ジャズ・ロック、プログレ、テクノ、メタルの超かっこいいライブを同時に聞かされた感じ。もう今年最もかっこよかったライブはこれに決定と言っても良いほどです。

Squarepusher のあらゆるジャンルを横断するようなプレイがかっこ良いのは当然として、ドラムの COMPANY LASER がすごいです。あのドラムンベース的なリズムを正確に叩いているにもかかわらず、プレイにうねりが感じられて、これが機械的なリズムでやってる音楽に重要な面白さ、かっこよさを与えているんだと思います。

このうねりで、70 年代の電化マイルス〜マハヴィシュヌ・オーケストラのようなかっこいい混沌さのある曲を演奏し、それを生の迫力で聴いたのですから、これは衝撃を受けないわけはありません。しばらく余韻が残りそうです。

参考