2020 年 Girl’s K-POP Top 20(2)


年末になって gugudan やら CLC やらざわついている K-POP ヨジャドル界ですが、引き続き Top 20 を紹介していきましょう。

Part.1、予告編もあわせてご覧ください。

1 アーティスト 1 曲縛りです。Top 20 ですが、特に順位はありません。「Girls K-POP Top 20」とありますが、今年リリースされたの Top 20 です。


Elris / Jackpot

活動はしているもののカムバがないってことで話題になってた ELRIS の待ちに待ったカムバ!

曲自体は実は私の好みからはハズれてたりするのですが、この曲も映像で見て聴いているうちにハマるタイプでした。特にサビの部分のダンスが好きですね〜

オンラインファンミーティングでコメント読んでもらえたし、このカムバとペンミでメンバーの顔も覚えられたので良かったです(覚えてなかったんかい!)。

Elris はデビューからずっと結構好きなのでがんばってほしいですねえ。

IZ*ONE / Secret Story of the Swan(환상동화)

IZ*ONE は e.one + sweetune の “Fiesta” かこの曲かということになるわけですが(”Panorama”もいいですよw)、私は少しドラマチックに盛り上がるこの曲がより好みですね。

彼女たちの韓国活動曲は曲、パフォーマンスともにさすがと思わせる出来で、まあ色々あったにせよ、そのパフォーマンスは充分に評価できるものだと思いますよ。

DIA / Hug U(감싸줄게요)

私の周辺の K-POP ファンでもこの曲を Top 10 なんかに挙げる人はほとんどいなかったのではないかと思うのですが、この曲は本当に私の好みで、純粋に曲の好みだけで選ぶと Top 3 に入ろうかというくらい気に入っています。活動期間も比較的長かったような気がして、適当に音楽番組見てると聴けたのも良かったです。

清純で爽やか、今の K-POP 界では異端とも言えるこういう曲ですが、本当にこういう雰囲気の曲がもっと出てきてほしいです!

ドーンと爆発的にヒットするという感じではないのですが、毎回良曲を引っさげてカムバする彼女たちはがんばってほしいですね。

最近見始めた「オー!サムグァンビラ」(WJSNボナが出てますね)というドラマの序盤にアイドルとして特別出演していました。

宇宙少女 / Butterfly

WJSN はユニットの CHOCOME 入れましたが、まあこれは別ということでよろしくです。ある意味安定の WJSN サウンドで、叙情的にドラマチックに盛り上がるという意味では、この曲もこれまでの WJSN の曲と同様に私の好みではあります。

Top 10 を選ぼうとした時にこの曲を入れるか入れないかかなり迷ったのは、この「安定のサウンド」というところからくる新規性が感じられない所が原因だったのですが、それでも完全に主観しての好みに合ってて好きなものは好きとしかいえないというところです。

YUKIKA / Soul Lady

この曲も今年の「シティポップ」枠で、このブログでも何度も取り上げている曲ですね。というかこの曲が今年の Top 1 ではないかというくらい気に入ったので、色々取り上げてたわけですね。

そう、あの 1980 年代の日本の「ニューミュージック」のような緻密なアレンジとメロディアスで流麗な曲調、「誰が見てもソウルの女」みたいな歌詞をユキカちゃんが歌うところもいいですよね。

このシティポップ路線やってた事務所とは契約満了とのことでしたが、次はどうなるのか?少し心配です。また、元気な姿でカムバする姿が見られるのを楽しみにしてます。

Weeekly / Tag Me(@Me)

私は普段音楽をかけながら仕事していることが多く(在宅でもオフィスでも)、大体は仕事に集中していると音は鳴っているものの頭には入ってきてない状態だったりします。

そんな感じで仕事してるとき、急に「お!これは!」と思って仕事の手を止めて聴いてしまった曲がコレです。それくらい一聴して高品質であることがわかる、久々の大型新人ではないでしょうか。

このグループについては、私の周辺では 2 曲目の “Zig Zag” の方が評価が高そうですが、私は先に書いたとおり「パッと聴いていきなり頭の中に入ってきたインパクト」から、デビュー曲を選びます。

この事務所はこの曲のように机を使ったパフォーマンスが好きですよね。

ま、いずれにせよ今後が楽しみなグループですね。そして若い!

ITZY / Not Shy

ITZY に限らず、私はそれほど今の JYP の曲って私の好みからハズレてる曲が多くて(昔のワンガとかは結構好きでした)、ITZY もこれまでそれほど気に入った曲はありませんでした(多分このブログでもあまり取り上げてない気がする)。Wannabe も良い曲だなと思いますけどね〜

しかし!この曲はイイ!キレキレながらも妙に柔軟性がある感じ(←イミフ)がイイです!この曲のダンスも良い!(ITZY のダンスは結構毎回好きですね)

この曲はかなりハマって聴きましたね〜

cignature / ARISONG

cignature はこの曲も含めて曲は全く好みの曲ではありません(コラ😅)。”NUN NU NAN NA(눈누난나)”、ASSA(아싸)は妙にインパクトのある頭に残る曲やなあと思って聴いていました。

そしてこの曲 “ARISONG” ですが、この曲を聴いてこれまでの曲の存在含めて一気に私の頭の中で結実した感じ!

このグループはこれまでの曲を総合して理解しないといけないグループなのだ!という勝手な解釈をして、なみいる名曲を押しのけてこの曲を選びました!いや、曲というよりデビュー以来のコンセプトの勝利!

この 3 曲、それぞれそれなりに共通の雰囲気を持っているようですが、普通に聴くと結構雰囲気が違う曲である気もしません?それでありながら、自然な流れで 3 曲リリースをしました、という感じがします。

多分、曲の好みだけで選ぶと絶対選んでない曲なのに、「このグループは絶対入れな!」と思わせたところがすごいです。(←上から😛)

Lovelyz / Obliviate

とりあえずこのグループの曲は Lovelinus の私としては何がなんでも入る曲ではあります。

今回は雰囲気変わるという予告もあったけど、フタを開けてみると「Lovelyz」という個性の方が強くて、結局取り込んだ新しい曲調も吹っ飛んでしまうほど Lovelyz の曲ではありました。

それは曲を超えるもので、Jin、Babysoul と続く B メロのサビへの導入部分の高音(Lovelyzの魅力のひとつです)から、一気にその声量の差を見せつけるスーッと耳の中に突き刺さる Kei の声でとどめを刺されるところで、もう曲が何であろうと Lovelyz 色に染まってしまうことがわかった瞬間でもありました。

今年はスジョンのソロ曲なんかも良くて、これを Top 10 に選ぶ人も多かったりしますね。私は小さい方のスジョンに会いたい!w

woo!ah! / Bad Girl

今年も終盤に近づいたところでとんでもない爆弾が投下されました!

woo!ah! ってソラちゃんかわいいなあ、という程度の認識で、デビュー曲ってほとんど印象に残ってないんですよね。かろうじてルックスと曲調の間にちょっと落差あるかな?程度の認識。

ところがこの 2nd で woo!ah! キターーーッという感じであります。フューチャーハウスということでハウスっぽい「収まった感」はあるものの、それと反するようなそこから飛び出すような勢いもあって、同じハウス系である公園少女の曲とはまたちょっと違った雰囲気をかもしだしています。起承転結も効いていますし、この曲はすごい!(途中童謡のようなパートとかあり、良いアクセントになってますね)

さらにすごいのはこのダンス!K-POPのダンスがすごいとはいえ、やっぱり流行のスタイルがあって、ある程度はどのグループのどの曲でも似ているようなダンスが多くなるじゃないですか。その中で特に異彩を放っているように見えるのがこの曲のダンス!流れるようなネコのような動きを中心に、それ以外でも結構オリジナリティあふれる動きが多くて良いなあと思ってみています。ド素人の意見ですが。

歌詞の通りに曲もダンスも他の曲とは一線を画すオリジナリティ!

ダンスだけで選ぶと、この曲と、(残念ながら Top 20 に入らなかった)STAYC のデビュー曲、ITZY は Top 3 じゃないか?(←ちゃんと全部見てないけどw)と思うくらいにはゾクゾクくるダンスでした。

そして、こうやって何度も見てると、全メンバーすげーみんなキレイでかわいいじゃないですか!日本公式Twitterアカウントも開設されましたし、今後の活動が楽しみですね。生で会ってみたい!


というわけで、私の選ぶ 2020 年のガールズ K-POP の Top 20 いかがでしたでしょうか?

120弱の曲から選んだ曲からさらに 20 曲を選んだので、当然選んだものの落選した曲があるわけで、その辺りは例年通り年明けに「番外編」として公開するかもしれません。仕事がテンパってるのでそれどころではないかもしれませんが。

来年、私もこれをご覧になっていただいた皆様も良い音楽に出会えることを願って、今年のブログはこれで最後にしたいと思います。

皆さま良いお年を!

2020 年 Girl’s K-POP Top 20(2)」への9件のフィードバック

  1. 慌ただしい年末でのエントリー、お疲れ様でした。
    私は、ベストテンを選ぶほどの根気がなくなってしまったのと、他の方と異なる独自性が発揮出来ないと感じて、ここ数年は選出をやめてしまいました。
    ただ今年の収穫としては、lunar solar、STAYC、weeeklyという才色兼備の新人グループの活躍が目立った年だったと言う事ですね。一方WJSN、lovelyz、ヨチンなどは従来路線を踏襲する良曲を発表したに留まったという印象。twice、iz*oneは流石と言うしかない。RVがWendyの負傷以降完全体での活動がないのが寂しいですね。

    こちらのブログが私の考えに近いので、ご紹介しておきます。

    https://ameblo.jp/mskmabok/entry-12647046866.html

  2.  2020年もすばらしいmusiciansをご教示され、愛読者のひとりとしまして、心より感謝申し上げます。
     2020年のK-POP.GGにつきましては、私としましては、Weeekly だけが圧倒的で、「現代のビートルズ」とまで絶賛しております LOVELYZ と、それに次ぐ 宇宙少女=WJSN も、Weeekly の次点に来てしまいます。2020年KPOP.GG My Best 3 は、次の3曲です。
    ① Weeekly ❝Zig Zag❞ (KARA の ❝Rock You❞ を彷彿とさせる重層的メロディー・ライン、メンバーのネームの提示、そして何よりも、サビ及びBridge=大サビ の展開が LOVELYZ や WJSN 以来の凝りようです。言うならば、「ちゃんと教育された KARA が Super-Melodious な ❝Rock You❞ 的傑作曲をこなした」という感じです。)
    ② WJSN = 宇宙少女 ❝Butterfly❞ (Full8loom 流の重層的傑作を期待しておりましたが、出て来たこの曲は Twice ふうの極めてシンプルな作風で、意外でした。)
    ③ LOVELYZ ❝Obliviate❞ (遂に LOVELYZ もクラブ系プログレ・トランスにイメチェンしてサバイバル作戦に出たか、と悲喜こもごもです。)
     たった3曲ですが、ただその分、他の分野の大御所の音楽を味わい直す機会が増え、「やっぱり、Beatles、KARA、YES、そして、バッハやビバルディをはじめとする Baroque はほとんどハズれがないなあ」と大いに見直しました。
     ちなみに、LOVELYZ ❝Obliviate❞ のフュージョンversion(it’s KPOP LIVE)は、フュージョン界の大御所だった Grover Washington Jr. の代表曲 “Just the Two of Us” を彷彿とさせます。やはり ❝Obliviate❞ は、フュージョンとしても演奏できるよう初めから仕込まれているように感じられます。(^^♪

  3. 楽しく拝見しました。私も選んでみました。 

    1位DIA Hug U
    これはめちゃくちゃ好きで、一時毎日聴いていました。本当に毎年DIAは良い曲を出してくれます。今の主流でない感じですがたまにはこういう曲も良いと思います。他に好きな人はいないと思っていましたが、tenforwardさんが好きと書いていたので嬉しくなりました。 
    2位LOVELYZ  obliviate
    安定のLOVELYZですが、新境地を開拓し、かつLOVELYZらしさも失われていません。次の曲も楽しみです。      
    3位STELLA JANG bourgeois emotion
    ネオアコっぽいところもあり、アルバムvillainは 傑作だと思います。 
    4位LOONA why not?
    LOONAらしくない曲ですが、テレビのパフォーマンスが抜群に良く、大好きです。
    5位weki meki oopsy 今年出した曲は全部好きで、どれでも良いです。gugudanの解散は覚悟していましたが、ショックだったので、weki mekiには頑張ってほしいです。 
    6位YUKIKA   yesterday
    7位ANS  say my name  
    8位ELRIS  jackpot
    9位WOO!AH! WOO!AH!    
    10位weeekly zig zag
    次点 cherry bullet
    NHKの番組を見たら応援したくなりました。曲も良かったです。

  4. よくよく考えると入れ忘れていた曲が沢山ありましたので、追加しておきます。
    [追加]
    ・brave girls we ride
    今のbrave girlsはそこまで好きでもなかったのですが、この曲はシティポップス風で本当に良いです。ウンジが良い感じです。
    ・宇宙少女 butterfly
    安定の宇宙少女です。良い曲です。  
    ・NATURE bing bing
    発表は昨年暮れですが、後続曲としては年明けだったのでいれておきます。何か洒落ていてます。

  5. すみません。今年の収穫の新人グループのなかに、woo!ah!を忘れてました。SNSDのユナに似た子可愛い。

  6. 我もきよさんと同じぐぐだんの命は風前の燭だとおもっていたけど
    やはり公式解體宣言されると心痛でしたね。(^_^;)

    長靴とkcon japan2019出演が最初で最後の耀きでした。(^_^;)

    101女篇の放送が終了したときは我の預想はうきめきさんが最も成功するのでは?
    そして宇宙小女は奇妙な宇宙人体操をしていたからたぶん無名で終わるだろうと
    おもっていました。しかし結果は逆。(^_^;)

    うきみきの「冷却」はかっこよいとおもうけど作風に一貫性がないため
    きたああああ\(^o^)/という感覺が毎回ないんですよねええええ。

    最後に勇敢兄弟が作製したちぇるしーも解體です。まああそうでしょうね。全然人氣ないもん。記事はこれです。

    https://girlskpop21.blogspot.com/2021/01/cherrseemiyulenaairiyuma.html

    2020は1980年風の力作が多く世間の回想熱の追い風に乗り新年も韓流の勢いが世界的につづくでしょうね。

  7. Angieさん、コメントありがとうございます。

    レドベルは新年早々のオンラインの SM Town で完全体でしたね!

    おっしゃる通り、年も後半に入って強力な新人が出てきましたね。今年が楽しみ!

  8. KARA・少女時代 のち、LOVELYZさん、コメントありがとうございます。

    今年も広い音楽知識を踏まえたコメントによるレビュー、よろしくお願いいたします! Zig Zag は評価高いですね。

  9. kiyo さん、コメントありがとうございます。

    Top10も興味深く拝見しました。”Hug U” の 1 位、趣味が合うようでうれしいです。今年もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA