OH MY GIRL Zepp LIVE TOUR 2019 ‘starlight’ @ Zepp Osaka Bayside

行ってきました、おまごるのライブ。

会場は Zepp Osaka Bayside。整理券順で自由席ってことであまりチケット売れてないのかな?と思ってましたが杞憂でした。平日、しかも週末ではない大阪にも関わらず客席は所々空きがあるものの、1 階は全体がまんべんなく埋まり、2 階にもお客さんが結構いました。

Setlist

※日本オリジナル曲以外いずれも “Japanese ver.”

  1. 五番目の季節
  2. 一歩二歩
  3. Windy Day
  4. Cupid
  5. 抱きしめるの
  6. Touch My Heart
  7. Secret Garden
  8. Closer
  9. Twilight
  10. Liar Liar
  11. Sixteen
  12. Fly to the Sky(新曲)
  13. Coloring Book
  14. 花火(Remember Me)
  15. Bungee
    (アンコール)
  16. A-ing

衣装はオープニングは白いレースを取り入れた衣装で美しい。意外にも金髪のミミにも似合っててキレイだなあ、なんて思ってました(もちろん他のメンバーもですよ)。”Touch My Heart” 後に衣装替え。後半は黒基調で紺か紫が入った衣装で、こちらはメンバーそれぞれの個性が出てくる感じで良かったです。アンコールはツアー T シャツですね。

MC もジホが欠けたとはいえ、ミミ、ビニがいるので安定安心なのは変わりません。MC は短めでさっさと進行していく感じでした。

MCは、ツアータイトルの “Starlight” のように、ファンの皆さんの目が星みたいとか、衣装替え中の映像の話とか、Queendom の話も少ししてましたね。あとは Sixteen にからめて「タイムカプセルに入れるなら何?」みたいな話をしてました。アリンがおまごるの衣装とか言ってたかな。

映像のスンヒの発想力とジェスチャーに爆笑しました。スンヒ最高です。細かい内容はわすれましたが、各メンバーが他のメンバーについて語る系のよくあるヤツなんですが、これが結構楽しいんですよね。スンヒ最高だったのは、他のメンバーをなにかに例えるならみたいなやつだったかな(世宗の靴の片方、みたいな謎のたとえをいつもの愛嬌たっぷりなジェスチャーでやってました)。あとは Miracle についてどういう存在かとか話してたかな。

次の新譜収録の新曲は “Fly to the Sky” は爽やかな曲でした。途中で「ジホさん大好き」って言ってたかな、良かったです。

最後の挨拶、アリンも日本語でやる中、ファンが一番気になるところについてミミが「次は7人で帰ってきます」と力強いひとこと。短いひとことでしたが私にはこれで十分でしたよ。短い中にファンに対する想いが詰め込まれているようで。

アンコールの “Bungee” は約束通りの Japanese ver.

なぜか大阪だけ集合写真がツイートされてないという(iPhone で撮影してたのでうまく撮れてなかった? かなりの回数撮ってたのに…これは失敗しないでほしい。ちゃんとしたカメラで撮れよなー<福岡、東京はデジカメで撮ってたようなので)

いずれにせよ、やっぱりおまごる、名曲揃いだなあと想いました。

Circus Maximus Nine Live Japan Tour 2019 @ amHall

2012 年の来日の時は行けずにすぐに来るだろうと思ったら全く来なかった Circus Maximus が 7 年ぶりに来るということで、情報入手して即チケットを買って行ってきました!

本当に観たかったバンドで、途中 2012 年の映像のクラウドファンディングにも参加したりしてましたがようやく!(↓一応クレジットに名前入ってます😆)

当日は 50 番程度の整理券番号でしたが、特に最前列で観ることもないや、ってことで開演まで後ろの方にあった椅子にずっと座っていて、結局そこから観ることに。

ファンは開演前はちょっと少ないかなと思ってましたが、ちゃんと数えてませんが結局は Ciucus Maximus が演奏始める時点では 300 人以上はいたんじゃないでしょうか(大阪分売り切れで追加販売とかいうツイート観た気がするんでそりゃそうですよね)。ぎゅうぎゅう詰めではないけど結構埋まってるという感じの観る方からしたら良い感じの入りでした。

まずは Opening Act でガールズバンド THE SHEGLAPES。なかなかパワフルでドラマチックな感じのメロディの曲で良かったです。

THE SHEGLAPES

そしていよいよ!

Setlist

  1. Architect of Fortune
  2. Namaste
  3. Game of Life
  4. Reach Within
  5. I am
  6. Used
  7. The One
  8. Burn After Reading
  9. Last Goodbye

前半は “Nine Live Japan Tour” という名前の通り Nine の再現。予想通り “Architect of Fortune” が始まった時には涙ちょちょぎ出そうになりましたよ。アルバム全体、もう何度も聴き込んで全て良曲と思ってますが、なかでも “I Am” と “Last Goodbye” 聴けて良かったですねー。

I Am(音悪っ)

というか、え? “Last Goodbye” もうやっちゃうの?(最後にピッタリだから最後かなと思ってましたw)

後半は新曲、”Havoc”、そして初期の曲!

  1. Phasing Mirrors
  2. Havoc
  3. Abyss
  4. Arrival of Love
  5. Chivalry

“Abyss”、そしてキャッチーな名曲 “Arrival of Love” この曲が聴けるとは❗

Arrival of Love

この後、客席の照明も点いて記念撮影。みんな手を振り上げてるから一番うしろで観てた私は写ってませんw

そして会場の BGM も流れ出したので、あー、アンコールなしで終わりか〜、と思ったのですが、同じく残念に思った人が多かったのか、少し経ったらアンコールの声が上がりだしたので、ダメ元で私も一緒に声を上げていたらなんと!

一度引っ込んだメンバーが戻ってきた!そして曲の相談をしながら、一度やった曲を演るのかとおもったらこの曲!

Encore

  1. Sin

1st アルバムの 1 曲目を飾るこの曲ですよ!もう最高!!

Michael Eriksen の甘く伸びやかなボーカルは生で聴いてもアルバムと変わらない、いやそれ以上の伸びやかさでしたし、Mats Haugen の流れるようなメロディアスな演奏も堪能できました。Truls Haugen のドラムスは生で聴くとダイナミックでパワフルでした。本当に良かったです。

また頻繁に来日してほしいですね。

終演後に前方の人がもらっていたセットリストを撮影させてもらいました(後半分)

Lovelyz “Always2 in Japan” @ IMP Hall

リリイベで気分を高めたあと Alwayz2 in Japan 行ってきました。もちろん 1 部、2 部とも参加です。

席は 1 部は前半分と後ろも数列埋まる感じ(500〜700名程度?)、2 部は前半分が埋まる感じ(400〜500 名程度?)でした。ファンの一体感がすごい。始まる前から客席から歌が聞こえたりw

1 部は 4 目の通路沿い。2 部はちょっと左寄りの PA 前(ちょっと中心より)の最前列でした。基本 1 部、2 部は構成はほぼ同一でした。

最初はレースのキレイな衣装、スパンコール風(?)のキラキラな衣装と 2 種類に分かれたメンバーの衣装でした(だったと思う)。

トークは基本あらかじめ考えられていた日本語ですが、時折アドリブで韓国語が入ると、舞台脇から通訳が入る感じでした。この天の声はリリイベ MC の ORI さんでした!!(翌日のリリイベで確認しました)

Setlist

  1. 지금, 우리(Now, We)
  2. 라푼젤(Rapunzel)

最初から名曲 “Now, We”!!(Lovelyz は名曲揃いなので当たり前かw)

2 曲のあとは挨拶。今回はリリイベは挨拶なかったし、コンサートの自己紹介もあっさり。名前だけか「会いたかったです、〜です」程度。もう決まった人しか来てない前提?

「皆さん夏休み取りましたか?」「夏休みまだの人も大丈夫。今、ここで Lovelyz と一緒にいるのが夏休み!」

  1. 놀이공원(遊園地、Joyland)

「遊園地」は 1st からの曲ですね〜。1st は名曲揃いなのでうれしいです😃この曲のソウル、ミジュのハモりがグッと来ました、イイ!さすがです。

  1. 퐁당(Fondant)

ここでメンバーは舞台脇に引っ込んで映像。

今回、衣装替えの間の映像が最高に面白くて爆笑しました。ゲームで年齢順を入れ替えるってやつで、普段と違う年齢順に並んで色々やってました。特にジエのおばちゃんっぷりに爆笑。

爆笑動画のあとはデニムなんかのカジュアルなファッションで身を包んだメンバー登場。

  1. Love Game

最新作から明るく軽快な曲。軽快に片足で横にジャンプするのが曲に合ってますね。かわいかったです。

  1. 여름 한 조각(Wag-zak)

続いて軽快な曲ですね。この曲も聴けたのは良かった!!

この後、ポイントダンスのレクチャーやってたかな。

  1. 종소리(鐘の音 / Twinkle)

ここで Rock ver. のチョンソリ!カッコよかったですね。この曲がこんなアレンジでカッコよく生まれ変わるとは!途中でマイクを客席に渡して歌わせるという。ミジュなんかがエアギター弾いてました🎸。ここでもうこんなに盛り上がっていいの!って感じ。

そして盛り上がりは最高潮。え?こんなに早く最高潮なの? まだ 1 時間経ってないよ? もうこの曲!?

  1. 1cm

1 部は通路沿いだったので、ここでメンバーが降りてきたのですが、なんと!推しの Babysoul が通路を歩いてきた!これはリリイベで爪痕を残した(はずの😛)成果を試す時!と思って、一生懸命手を振りながらプレゼント受け取ろうと手を差し出すと… ソウルちゃんも「ああ!」と気づいたような顔をして…、満面の笑みで手を振って…通り過ぎていきました(笑)スマホ差し出せば良かったか!(違)

前の方の人が受け取ってたので、間隔を見極めてたのか、2 列ほど後ろのお知り合いの方が受け取っていたようです。残念!土曜日リリイベ欠席したのが響いたか!(絶対違う😛)

相変わらず JIN はスマホを差し出させて撮影とかしてたようですね。私はイェインがハイタッチしてくれました。

2 部は最前列でミジュが前を歩いていったり、前の方でイェインがプレゼント投げたりしてたのですが、「ああ〜、受け取れなかったかあ」と思ってたら、同行の Angie さんがなんとプレゼントを受け取っていたようでそれをいただけました!(後ろから跳ね返ったのが落ちてきたとか!?ありがとうございました!)あとで確認したらジエのサイン入りでした。この時はジスがハイタッチしてくれました(だったはずw 記憶曖昧)

プレゼントはアイスパック。「私達の情熱で熱くなったかと思って」これで冷やしてね、ということのようです😃。

  1. Shining★Star

引き続き軽快で流れるような曲である “Shining★Star”。伸びやかなサビが気持ち良い名曲ですね。

ここで爆笑動画の後編。ここでも爆笑🤣🤣

この後は白いレースのドレスを来たメンバー登場でバラードコーナーでした。どの曲のあとか忘れたけど(Secret Story 後だっけ)、上に羽織ってるのを脱ぐのですが、1,2 部ともミジュが脱ぐのに苦労して笑いを取ってましたww この脱いだあとの推し(ソウル)の白い衣装の姿に爆笑(良い意味でですよ)したのは(なぜ爆笑だったのか含めて)内緒。(内緒ちゃうやんw)

  1. Sweet Luv

スタンドマイクを使って軽く踊りながらのしっとりと聞かせてくれました。

  1. 비밀정원(Secret Story)

ちょっと切なく盛り上がる良曲ですよね。Lovelyz の歌唱力も堪能できます。この曲から途切れることなく、静かに続いてじっくりと聴かせてくれるこのバラード曲。

  1. Rain

MC はアイスパックの話と、動画の話題。「みなさんが大丈夫なら末っ子のソウルさんも後で見せますよ」(次の機会に見せるってこと? 2 部で少しやったのがソレ?)

「ここで大事なお知らせ」「あと 3 曲です」「え〜」

この後は会社やスタッフへの感謝の言葉。もちろん Lovelinus への感謝の言葉もありましたよ。

  1. Ah-Choo
  2. 그날의 너(That Day)
  3. 그 시절 우리가 사랑했던 우리(Beautiful Days)

最後を飾るのにふさわしい 3 曲でしたね。Ah-Choo はかわいいいながらもちょっと切ないメロディのサビが本当に良い!コンサートが最後に近づいたことも感じさせてしまいます。”That Day” の「ファ!」「フ!」気持ちよかった。最後は最新の活動曲。「イッチマ!」思いっきり掛け声かけられました。気持ちよかった!

アンコール

  1. 그대에게 (For You)

この曲がアンコール 1 曲目とは!! Lovelyz で一番好きな曲!!この曲だけ聴けるだけでも大満足!

このあと挨拶。1 部はミジュが「正直に言うと今コレ(プロンプタ)に書いてあるのを読んでました。でも韓国語で今の気持ちを言います」と言って日本語混じりの韓国語(お約束w)で話してました。みんな韓国語でその時の気持ちを言って通訳してくれたほうがいいよw とは言えこのあたりは本国でもあらかじめ考えてたことを言ったりとメンバー次第なのでしょうね。

2 部はソウルが結構長く日本語の挨拶してましたね。とりあえず何人ものメンバーが言っていた「すぐに大阪に戻ってきます」みたいなコメントを心に刻んで余韻を楽しみます。

  1. 어제처럼 굿나잇(昨日のようにおやすみ/Good Night Like Yesterday)

最後はこの 1st の名曲ですよね。


1 部、2 部同じ構成だったとは言え、2 度美味しい感じで、ボーカルグループとしての Lovelyz の実力を堪能できました。選曲も 1st 〜最新作までまんべんなく散りばめられていて満足でした。こうやって聴くと改めて Lovelyz 名曲が多いよなあ、と感じました。

推しのソウルからもたくさんペンサもらいました(<と思ってるのは自分だけ😝)。一番たくさんペンサもらったのはスジョン(リュの方w)だったかもしれないけど😝 そしてリリイベではちょっと元気なさそうだったジエもいつもの笑みでかわいくパフォーマンスしてましたので一安心。各メンバーの歌唱力の高さと、1st から通しての Lovelyz の曲の良さを堪能できて本当に幸せな時間を過ごしたと思います。

「最初 1 曲目からこんなにいるので感動しました」と言っていたメンバーも多かったし、満員でもないのにこんな泣きながら感動してくれるなんて、これからも応援するよ〜、と思いましたね。

また行きたい!

Busters Tour in Japan 2019 Osaka @ Pluswin Hall Osaka

Busters はほとんど知らなかったのですが、メンバーをチェックするとカワイイし、曲もなかなか良さそうなので、2 日間あるうちの 2 日目に行ってきました。

これは1日目終了後

会場はプラスウィンホールという初めての場所。それなりに人数は入りそうですが、縦長なので満員になると一番うしろの人はツライだろうなという感じの会場でした。当日は 50 名程のお客さんの入りだったので前の方でたっぷり観賞できましたが。

事前に予習したのは Apple Music にある “Dream On”(내꿈꿔)と、最近の曲 “pinky Promise” のみ。

それほど持ち歌があるとは思えないので、カバーなんかを交えながらやるのかなと思ったら、トークと持ち歌だけで全部やったので、これは意外でうれしい誤算でした。

セットリストは曲名知らないのでパスです。1 曲目が “LaLaLa”(랄랄라)だったと思うのと、デビュー曲 “Dream On”(내꿈꿔)、”Pinky Promise” はやったのを覚えてます。

Pinky Promice (映像も音も悪いです)

トークは日本語で話そうとするのですが少ししか日本語はわからないようで、

  1. メンバーが韓国語で話す
  2. 舞台脇の通訳が訳す
  3. それをもう一度メンバーが日本語で繰り返すけどうまく言えない
  4. 通訳が訂正する
  5. それをもう一度メンバーが間違えた所だけ繰り返す
  6. (4〜5を繰り返す)

という感じで途中でメンバーが話してることを通訳してるのか、通訳が先にセリフを言ってるのをメンバーがなぞってるのかわからなくなってカオス、という状態でした😆かわいかったからイイけど😅

慣れない言葉を駆使しながらも、トークから次の曲へ自然に入る流れが考えられていたようで、次の曲の前にはその曲に関係するトークに強引に持ち込んでました。

トーク内容は覚えてないけど、好きな食べ物嫌いな食べ物みたいなのはやってたかな。日本の食べ物だっけ? わさびが食べられないとか。

ライブ後は新大久保形式でチケットを買って撮影なんかをする方式。CDを買うとサインなんかが当選するようになってました。抽選はかなりの確率で当たってたみたいですが。

私はツーショットと全員撮影券を購入。ツーショットは誰にしようか迷ったのですが、チェヨンにしました。ヒョンソと迷った!最初の一枚だからもう少し普通の顔で良かったのに!w

一番年下のイェソなんてまだ顔が幼い雰囲気を残してるので、なんかツーショット撮るのは罪悪感が… ^^; ↑のチェヨンでも幼い雰囲気があるしw

一番年上でも 18 歳と若いだけあって、まだまだ未完成な部分がある気がしました。メンバーは一生懸命ながらも楽しそうにステージをこなしてましたし、また大阪に来たら行きたいですね。

WJSN 1st Mini Live ‘WOULD YOU LIKE♥’ Zepp Tour in Japan @ Zepp Osaka Bayside

前日のサイン会観覧に続いて行ってきました、宇宙少女のミニライブ。

前日で顔と名前も一致しましたし(ヲイ)、メンバーそれぞれの特徴もなんとなくつかんだので、気軽に楽しめました。

(以下のレポート、お約束ですが、記憶に基づいていますので間違いがあるかもしれません。その場合は優しく指摘してくださいね。セットリストはライブ中の合間にメモしてたし、他の方のと照合したので間違いはないと思う)

会場は 1F 前方は椅子席、その後ろにスタンディングエリア、2 階に椅子席とかなりの人で熱気ムンムンでした。若い女性がかなり多かった気がします。最近はヨジャグループでも年齢層が若く女性比率も高くなっていいことですね。

私は運良く 1 階席の前から 9 列目の通路寄りという比較的良い席が取れましたので、各メンバーの顔の表情まで良く分かって楽しめました。

セットリストは東京のやつを見て大体つかんだ上で参加しました(予習して楽しむ派)。東京の各部よりは 1 曲多い構成でしたね。大阪は 1 部しかないからだろうと思います。

今回は「ミニライブ」ということで曲数はそれほど多くないものの、間のトークも含めてほぼ 2 時間でしたし、トークも含めて最後まで楽しめました。最初のツアーということで、トークも程よく交えた構成にしたのだろうと勝手に想像しました。

Setlist

  1. MoMoMo
  2. Happy

自己紹介のあと、あらかじめ準備していた質問にメンバーが答えるというトークのコーナーでした。

初めて来た大阪の印象みたいな質問で、ヨンジョンがプライベートでは来たことがあって「道頓堀から心斎橋まで歩いて買い物したり美味しいもの食べたりした」みたいな話をしていて、前日はそれほど感じられなかったヨンジョンの日本語力が予想以上に高いことに気づきました。

続いて「大阪でしたいこと」「最近覚えた日本語」「最近ハマっているもの」だったかな。ヨンジョンがハマっているドラマの話、最近絵本にハマっていて、日本語の勉強のために絵本を手に入れて読んでいる、韓国語と内容が似てるので「親近感がわく」というようなことを言ってましたね(ホントに「親近感」って単語言ってました、すげー)。ダヨンの日本語力もヨンジョンと双璧をなす高さでしたね。ダウォンがマダムシンコのケーキ食べたいみたいなのって言ってたっけ。

最後に宇宙少女の魅力みたいなことを話してたっけ。

  1. Say Yes(주세요)
  2. I Wish(너에게 닿기를)
  3. Save Me, Save You(부탁해)

(映像)

  1. You and I(2월의 봄)
  2. Oh My Summer(눈부셔)
  3. Secret(비밀이야)

ここで愛嬌コーナー。最初は「たこやき」とお約束のほっぺでやる愛嬌をやったり、「たこやき、お好み焼き」とやったりしてたのですが、そのうちみんなが思いつくままに日本の食べ物を挙げだしたりして、手羽先、焼きそば(ウンソがやってたっけ?)、温泉たまご(ダウォンがかなり困ってたw)、メロンパン(ヨンジョンがやってました)、みそ汁、納豆とか、最後はどうやって愛嬌やるねん、みたいなのが挙がってたりして収集つかない感じになってて爆笑でした。

  1. Dream Come True(꿈꾸는 마음으로)
  2. I-Yah(아이야)
  3. Boogie Up

(アンコール)

  1. My Type
  2. Star(1억개의 별)

アンコールでは、メンバーそれぞれがサインボール入りのカゴを持って登場。ステージからボールが届きそうな席だったので一生懸命前を見ていたら、なんと反対側の通路からメンバーが客席に降りてきていたようで、それに全く気づかず、後ろの方がザワザワして初めて気づきました。その頃には私の座っていた側の通路からも何人かが降りてきていました。通路脇の席でしたので、みんな横を通っていきましたよ。手を出しても誰もサインボールはくれませんでしたが😆

“My Type” のあとの最後の挨拶、ヨンジョンとダヨンはそれまで通りの日本語でかなり難しい表現で挨拶をしていました。すげー。他にスビンがあまり堪能ではなさそうですが、努力しながらなんとか日本語で挨拶をしようとしていて良かったですね。日本語で一生懸命挨拶する姿も、韓国語で本当に思ったことを言うのもどちらもそれぞれ良いですよね(結局なんでもいいって話😆)。

みんな挨拶済んだ後、全員で「すきやねーん」。そして撮影。

https://twitter.com/WJSN_Cosmic/status/1165204694865563648?s=20

ウンソが韓国語で話してて、ある程度話したらちゃんと止まって通訳の人に向かって「せんせっ」と言って振るのかわいかったです😍。他のメンバーが韓国語で話し続けてても、時折間に入って止めて「はい、せんせっ」って感じで通訳を促すのかわいかったし、気遣いができていてウンソいい子と思いましたよ😍。特にEXYが話し出すと止まらない感じで、よくウンソに途中で止められてました😆

ウンソ、最後の曲の前に大阪と名古屋を間違えて、最後の曲の間ずっと手を合わせてゴメンのポーズ🙏しててこれもかわいかったです😍。

EXY は歌ってる時踊ってる時終始楽しそうな顔をしていたのが印象的。あんな終始ニコニコしながら踊るの、ホントに演じるのが好きなんだなあと感じました。

ルダは最後の挨拶で「すきやねん」と言おうとして「すき焼きやねん」と言ったの最高の愛嬌でしたね。みんなに突っ込まれて照れてる姿かわいかった😍

最後まで笑いの絶えない楽しいライブでした😆。

宇宙少女って曲もいいし、かわいいし、ダンスはフォーメーションの変化も複雑でいいなとは思ってましたが、今回生で観て初めて「カッコイイ」と思いました。10 人で多彩に動き、キレ良く迫ってくる感じに迫力が感じられたからでしょうか。特に “Save Me, Save You(부탁해)” の最後で横一列で前に出てくる所の迫力はすごかった!

これはうれしい発見でした。次はミニでない「フルライブ」を観たい!♬