Extreme Dark Night vol.5 @ 3Star Imaike

ここ数年の一番のヘビロテバンドのひとつである Persefone がやってくるってことで名古屋まで遠征してきました。その後寝込んだので今ごろレポート書いております(このエントリの公開は11/18です。ブログの日付はライブ日付にしているので)。

実は純粋なデス声一辺倒のデスメタルはあまり得意ではありませんし、メロデスなるものが何のかはわかっておりません。Persefone は「プログレ」として聴いています♪

VIP チケットなるものを買いましたが、結果としてお客さんは 50 〜 100 名程度だったので、かぶりつきで観るほどでもない私には不要だったかなw

時間前にライブハウス前に行くと、ちょうど弁当とか買い込んできたメンバーが。そもそも各バンドとも、メンバーの顔から人数まで何の知識もないので、チョー感動、というわけにも行きませんでしたw

ARES

OAは神戸のメロデスバンドとのこと。先に述べたようにデスメタルは得意分野ではないのですが、それでも生で聴くとド迫力でなかなか良かったです。ホームページは以下で、フリーでダウンロードできる音源があるとのこと。

4 曲ほどやりましたかね〜

Ethereal Sin

“Elegiac Black Metal” とのことですね。

全員和装(宮司風?)、女性は巫女の格好、顔も白塗りでなかなか印象的。演奏もシンフォニックな感じでなかなか良いです。ブラックメタルなボーカルだけでなく、ゴシックメタル風に高い透明感のある女性ボーカルが入るのでメリハリがあってよいですね。演奏の後、急に MC になるとコテコテのおっさん風になって落差にワロタ。

Persefone

いよいよお目当ての Persefone。

アルバムでは強弱のある、デス声とクリーンボーカル、幻想的でもあるシンフォニック的な曲が印象的ですが、ライブは爆音で勢いで押していく感じ。ボーカルを除くメンバーはひたすら演奏に専念する中、メインボーカルだけが激しくヘッドバンキングし、時には客席に飛び込み激しく歌うデスが前面に出たような演奏でした。

それでもあの難解な曲をさらっと演奏する技能はさすが。私はちょうどギターリストの前でしたが、涼しい顔をして演奏をしながらも、なかなかファンサービスも良く、前で撮影していたら「今撮れ」みたなジェスチャーをしたり。

ちょっとクリーンボーカルが爆音に打ち消され気味だったので残念だったのと、もう少し彼らの一番の魅力であるメリハリの効いた演奏が聴きたかったという感想はあるものの、生で Persefone を観れて満足でした。Paul Masvidal いないしやらないかなと思っていた “Living Waves” も聴けたので満足です。ただ、やっぱり時間的に短いので、また来日してもらって、もっと長い時間のステージで聴きたいですねえ。

ギターリストの彼はステージ終了時にピックとセットリストを観客にあげていましたが、一度幕が閉まった後も隅の方からちょっと顔を出して、私の隣のお兄さんにセットリストを再度あげていました。撮影させてもらいました。

というわけでセットリスト。

Dark Lunacy

トリはイタリアのメロディック・デス・メタルバンドの Dark Lunacy。

全く知らなかったバンドで、事前に Apple Music で予習はしていきましたが、ほぼ基礎知識なしで観ました。事前の予習では、シンフォニックな演奏の上にデスメタルが乗っかるという感じで、なかなか面白いけど、デス声一辺倒でちょっと退屈かも、と思っていました。

メンバーが出てくると、さすが(?)イタリア人、ピシッと正装っぽいオシャレな衣装で出てくるなというのが最初の印象。

メンバーはボーカル、ギター、ベース、ドラムの 4 名で、個人的にこのバンド一番のキーポイントと思えるシンフォニック的な演奏をするキーボードがおらず、録音済みの音源で同期していたので、ちょっと残念な感じです。しかし、Persefone とは違い、シンプルな音で迫力のある演奏を繰り広げていたので、そういう面はさすがかな、なかなか楽しめました。

まとめ

各バンドの感想に書いたとおり、Persefone 以外はほとんど聴いたことなく参戦しましたが、さすが生の迫力でそれなりに楽しめました。4 バンド出るってことで曲数が限られていたのも良かったのでしょう。

Persefone に関しては生で觀れて本当に良かったです。次回はぜひもっと長い時間で観たいですね。

参考サイト

他にレポートされているサイトがあったので貼っておきます。メタル好きな方のレビューですので、この辺りをご覧になった方が参考になるかと。

 

Mamamoo Purple Party in Tokyo @ 新木場Studio Coast

精力的に来日している Mamamoo の東京ライブに行ってきました。参加は 2 部です。最初行くつもりはなかったのですが、偶然翌日に出張が入ったため、前乗りで行ってきました。というわけでチケットはチケットぴあで普通に買ったので、入場はほぼ最後でした。

会場はおととしだったか、AOA のライブで訪れた新木場 Studio Coast でした。キャパは 2400 人とかだったと思いますが、この日は整理券番号からすると、700 〜 800 人くらいという感じで、下のフロア部分だけ開放されており、オールスタンディングとはいえ前の人との間隔を少し開けて、ステージが十分見える状態で、結構ゆったりと観ることができました。

セットリストは事前にメールで、大阪でやらなかった曲を一部を伏せた状態で 12 曲とメールが来てましたが、実際は 10 曲でした。とはいえ、たっぷりと Mamamoo のヴォーカルの迫力が感じられるすばらしいステージだったと思います。会場全体、良い感じにユルい感じで進行したライブでした。

司会はコン・テユさん。見るのは初めてでしたが、韓国語日本語共に流暢で、ユルい構成のトーク部分をうまく盛り上げていたと思います。通訳は別にいたのですが、結局コンテユさんがすべてメモしながら通訳していました(Mamamoo の言葉を観客に伝える方向は)。

さて、当初はメモと記憶を元にレポートしようと思いました。しかし、当日は撮影禁止といいつつ、注意があまりきちんとなされず、途中で司会のコン・テユさんが「一応ね、写真動画撮影禁止だけど、あまりにも楽しそうに撮影してるから、どうしようかと思って」みたいな発言をして事実上黙認みたいになってしまい、結果的にフルで動画が上がってますので、まあそちらを参照してください。一応「ダメ」とは言ってましたよ。でもその後からはスタッフによる後ろの方の人にだけされていた注意もなくなりました😅

さすがにこの部分は動画には含まれてないようですね。他のトークや罰ゲームみたいなのは入っていますのでどうぞ。

一応私は動画で見れるのとは食い違ってるかもしれませんが、記憶に基づいた内容を箇条書きで書いておきます。

Setlist

  1. Mr.애매모호 / Mr. Ambiguous
  2. Piano Man
  3. New York(歌詞の “New York” のが “Japan” に変わっているバージョン)
  4. Love Lane
  5. 1cm의 자존심
  6. Girl Crush
  7. 그리고 그리고 그려봐
  8. 놓지 않을게
  9. 데칼코마니
  10. Um Oh Ah Yeh

途中のトーク、ゲーム

  • 自己紹介。フツーにやってました
    • 東京は3回目。外国だけどとても馴染みがある、みたいなことを言っていた。
  • 事前に質問を募集していたということで、質問がホワイトボードにテプラが貼ってあったけど、全員選んだのは「○○を歌って」みたいなので、全員ちょっとずつ歌を歌ってました。
    • みんな選んでいる間、先に選び終えたソラに、
      • 司会「昨日は何を食べましたか」
      • ソラ「一蘭のラーメン。おいしい。私は太ってしまいました。私はブタです」
  • ハロウィンパーティってことで途中でハロウィンの準備してきました、と簡単な帽子かぶってましたw
  • 途中で司会さん「一応ね、写真動画撮影禁止だけど、あまりにも楽しそうに撮影してるから」って感じで事実上撮影解禁されてましたw 「アーティストのいいパフォーマンス観たいから心に刻んでくだされば」
  • 2 度目の企画は、事前に SNS 募集してた企画で選ばれた二組がステージに上がってました。Mamamoo のカバーダンスグループと、ソラになりきっていたシンガポールからの女性。Mamamoo の前でカバーダンス踊ってました。シンガポールからの女性もラッパーってことで、メンバーとラップパフォーマンスしてました。本人達の前でカバーダンスしたり、本人たちと絡んでラップ出来るのすごいですね。
  • 大運動会で大玉ころがしで負けたほうが罰ゲーム。かわいい愛嬌とかやってました。結局全員何かやっていたような。
  • 抽選コーナーは録音できるぬいぐるみに音声を吹き込んでいましたね。もちろん当たっていません。
  • ソラが結構日本語勉強してる感。

というわけで、当日の Fancam 動画。1 部も YouTube に上がってますね。この動画からたどれるはず。

コン・テユさんの Instagram。(なんで Mamamoo 公式のツイートはないん?w)

Thanks MuMu #MAMAMOO #ママム #마마무 #일본 #日本 #東京 #토쿄 #무무 #ムム

TEYU 공대유 コンテユさん(@teyu_)がシェアした投稿 –

ハイタッチ

終演後はハイタッチ。客席のスタッフは 4 列に並んで、ステージ上の韓国人スタッフからは 1 列に並んで、と案内は混乱していましたが、観客のみんなは普通にお行儀よく退場していきました。

出口でゲートが 4 つに別れていて、そのひとつを適当に選ぶと、出口でメンバーのうちのひとりが待っていてハイタッチできるという、初めてのパターンのハイタッチ特典でした。

私は特に「誰でもいいかな」と思って適当に選んだら、ソラちゃんでした。かわいかったです😍

Dreamcatcher Japan 1st Mini Album “Prequel” Relase Event @ もりのみやキューズモール BASEパーク

10/3 は平日ですが、リリイベに行ってきました。予報の雨も早くに止み良い天気でした。もりのみやキューズモールは初めてでしたが、こじんまりとしたオープンな空間で、優先エリアに入らなくてもステージは見えそうですね。

この日の優先エリア整理券は特典会のチケットがなくてももらえるというサービスの良さ。これまでのイベントのバタバタっぷりをここでも再現するかのように、優先エリア券の配布開始時刻の 15:00 になると、配布が 15 分ほど遅れるというアナウンスがあり、待っているとなんと出てきた優先エリア券がコレ😅

絶対持ってくるの忘れたとか、作るの忘れたとかで 15 分で作ってたでしょ😂

この日は 1 部のみミニライブがあったので、それだけ優先エリアで見て、あとはみんなが参加している特典会を眺めていました。

  • Setlist
    • Fly High
    • Good Night

優先エリアは前から3列目くらいでしたが、中央付近に陣取ってしまったので、目の前にドーンとでかいカメラを持った韓国からの人がいる状態で、常にそのカメラを避けながら撮影していたので、あまりうまく撮れている写真はありません(まあ腕がアレなのでうまく撮れてるのがないのはいつもですがw)

1 日のイベントのあと、2 日は彼女たちはお休みだったようですが、「ショッピング行きました」というようなことを言っていました。

Dreamcatcher Japan 1st Mini Album “Prequel” Relase Event @ あべのHoop

前日 (9/30) のライブに続いて翌日のリリースイベントにも行ってきました。このリリイベはよくある「優先エリア券」はなく、完全に観覧自由という珍しいもの。イベント会場もあべの Hoop 前のオープンスペースみたいなところなので、ちょっとどの時間に行けば良いのか迷いましたが、結局は結構直前に会場に着きました。かなり早朝から場所取りしてる人がいたようですが、直前でも別に観るのは困らないくらいでした。前日のライブの人がそのまま流れた感じでしょうか。

ステージ前ではなく、間の地下1階への階段がある吹き抜けの部分を挟んだ向かい側の通路の手すりにもたれかかる感じで観ました。ミニライブは撮影自由ってことなので、前方はでかいレンズの付いた立派な一眼レフが並んでました。結構遠くからなので撮影の出来はそれなりですが、目の前に掲げられるカメラやスマホが邪魔にならず観れました。ステージへはこの階段を登ってくるはずなので、この場所に位置取ったというのもあります。

1部

一部特典会終了後、二部開始までほとんど時間がなかったので、一部のメンバーだけが通路を通って控室 (?) に戻りました。

2部

2部後

参考

他サイトのレポートです。

Dreamcatcher 1st Concert “Fly High” in Japan @ Bigcat

  • 2017-10-09: 改ページを削除しました
  • 2017-10-11: 他サイトのライブレポートへのリンクを追加しています

Dreamcatcher のワールドツアーの大阪行ってきました。

スタンド花企画あったみたいですね。私は知らなかったので参加していません。

開場の BITCAT はこれまでメタル、プログレ、クラブ系のライブで行っていますが、K-POP では初めてです (特典会は Secret の特典会がココだったかも? 記憶曖昧)。

チケットの購入や配付がバタバタだったのを除くと本当に満足のライブでした (これは後で書きます)。1 部はそんなに前ではなかったのでセトリとかメモを取りながら観ましたけど、2 部は最前列だったので近くでたっぷり彼女たちを観ることができました。(なので結構適当なレポートになってますので、お約束で間違いの指摘大歓迎です)

2 部構成で間に特典会を挟むので、9 月に行った Nine Muses、Laboum と同様の 1 時間ちょいでゲームなんかを挟んだ構成かなと思ってたんですが、良い意味で期待を裏切ってくれました。曲数も多く、時間も 2 時間弱はありました。

MC 部分はアドリブ感満載でしたが、まさに「コンサート」という感じの歌中心で、カバー曲を含めて彼女たちの歌唱力がたっぷり堪能できる構成でした。

良くある司会者がいるのではなく、MC はメンバーが自身で行い、舞台脇で通訳の人がメンバーの発言を訳していました。しかし、メンバー全員あまり通訳を考えずにしゃべりまくるので通訳の人はどこで訳を入れたらいいの? って感じでした😅なのでよくわからない部分もw MC の部分はあまり構成を考えてる感じでもなく、ユルくこんなことをやる、というのを考えてあとはノリで話してる感じがしました。2 部は最前列でセットリストが貼ってあるのが見えましたが、MC の部分で書いてあることとは違うことを話していたので😄

  1. Fly High
  2. Chase Me

事前に掛け声をある程度練習していったのでかなり気持ちよくキマりました。5 月のリリイベではショッピングモールで掛け声禁止だったので、今回はちょっと時間かけて練習しましたが良かったです。彼女たちも客席のバッチリの掛け声を聴いてうれしそうな感じでしたね。

しかし、冒頭でいきなりこの 2 曲をやってしまっていいのか!? というこの後の展開を心配する出だしでしたが、それは杞憂でした。

MC

「また大阪に来れて光栄。緊張して昨日寝られなかった」というようなジユの挨拶。その後は自己紹介です。

  1. 괜찮아! (Trust Me)
  2. Lullaby

MV

ここの MV はこれまでの活動曲の MV を並べて再生するだけという感じでちょっと雑な感じで「ヲイヲイ」と😂

  1. Sleep-Walking

このあとはカバー。動画でも公開されていましたね。

  1. Lucky Strike
  2. Into the World

MC

(ここはそれぞれ 1 部、2 部どちらでやったのか記憶曖昧ですし、他にも色々やっていたと思います)

みんな一発芸を披露する感じのコーナー。かなりユルい感じで進行していました。

ジユ、ガヒョンあたりがセクシーウォーキングをやっていたかな (他にもやってた気がする)。良くあるセクシーダンス。歌を数フレーズ歌う(スア SPYAIR “My Friend”、ガヒョン童謡)。爆笑はダミの特技「鳥の鳴き声」うまかったですけどね。

ジユ・ユヒョンがふたりでBABYMETALの曲をちょっと歌う(“チョコレート” だっけ、1部)、2 部は歌わずかわいいジェスチャーのみ。

そしてあちらのテレビで良くある倍速ダンスを活動曲 3曲すべてやっていました。ジユが「せーの」といったら客席が一斉に「ミュージックスタート!」。倍速ダンスしていました。客席との一体感もばっちり😂 いやー、満足。

この後、直後のユニットメンバー (下を参照) は着替えのために引っ込み、残ったメンバーで引き続き雑談をしてるという感じ。全員楽しそうでした。

2 部だったか、クッキーを食べるときの音の真似みたいなのもやってました。誰の特技だっけ? ここで客席から誰か出来る人いませんか? という感じで女性がステージ上に上がっていました。あとは大阪でおすすめの食べ物を客席から聞いたりもしてたかな。

この後は「日本語の名曲をカバーします」ということで日本語のバラード曲を歌いました。ここが結構ライブでもハイライトのひとつでした。それぞれかわいかったり可憐だったりする衣装で日本語のカバー曲を歌うのですが、全員の歌唱力が本当に感じられました。本当に全員迫力のボーカルでした。

ここだけ 1 部 2 部で違った部分です。ユニットの登場する順序が逆でした (曲は同じです)。

  1. 桜色舞うころ (ユニット / ジユ・ハンドン・シヨン)
  2. Every Heart (ユニット / ジユ・ハンドン・シヨン)

    BoA の曲で、迫力のボーカル、ハモりが圧巻でした。

2 曲でユニット交代。

  1. 明日は来るから (ユニット / スア・ユヒョン・ダミ・ガヒョン)
  2. 瞳を閉じて (ユニット / スア・ユヒョン・ダミ・ガヒョン)

普段ラップのダミの歌唱力を確認できたのはライブならではの貴重な体験だった気がします。プラス、ピンクのキュロットに白いワンピースの可憐なダミの姿が見れて違った魅力を堪能できたので良かったです。

スアとユヒョンのお互い目を見ながらのハモりとかもう最高でした。4 人ユニットの方はそれ以外でもふたりで目を見ながら歌っていて良かったですね。歌の後でジユも同じことを言っていました。

「ここまでバラードばかりで眠くなりませんでしたか? でも最後もバラードです」😂

  1. Emotion

最後の曲が終わるとみんなホッとした感じで落ち着いて座ってしまって、誰もアンコールの声を上げないからどうしうよう、誰か言わないの? と思ってしまうこと多くないですか? 😅 というわけで、1 部は小さな声でアンコールの声が出た後でしたが、2 部は最初に大声で「アンコール!」と声を上げてみました。ちょい恥ずかしいです😅

アンコールの声に呼応するようにビデオ上映開始です。まあその前にスクリーン降りてきてましたが。

Video

いつもの “Dreamcatcher’s Note” 風に以前の来日時の感想とか、今回のライブについてとか、日本のファンについてとか話してました。

アンコール

  1. 시대유감 (Regret Of The Times)

    マイクスタンドを 4 本ほど出してのアップテンポな曲だったのですが、ライブ中は曲名わからず、翌日のリリイベで隣にいてお話した方に「vliveで公開されてましたよ」と教えてもらいました (ありがとうございます)。マイクスタンド使ってのパフォーマンスもビデオそのままなんですね。
  2. Good Night
    最後はこの曲しか残ってないのでみんな分かってたヤツですね。ジユが「Chase Me と Good Night の話が完結してないけど、次が気になりませんか」みたいに言ってましたが、”Fly High” はこのストーリーとは別なんだ😳
    確かに曲の雰囲気は違うし、MV もかなり雰囲気違ってましたが、MV の最後ではそれっぽいシアトリカルなところがあったので、シリーズの一部で、2 曲のあとで起承転結の「転」なのかと思ってました。
    この曲も会場全体が一体となってかけ声をおもいっきりかけていてとても気持ちよかったです。この曲のかけ声は前回練習したものの使えなかったので、今回できて本当に良かったです。5 月のイベントで覚えたのを結構覚えてました。

最初にも書きましたが、本当に良い意味で期待を裏切ってくれた、彼女たちの歌唱力と普段とは違った魅力まで感じられる、そしてユルい MC が楽しいライヴだったと思います。持ち歌少ないのを逆手に取って (?)、カバー曲で実力を披露するというのも良かったと思います。次もあったら行くよ!!

最前列なのでばっちり写ってますよ。


この後はグループショットを撮影しました。前回のリリイベでジユとガヒョンの 2 ショットセルカは撮っているので。

2 部後のじゃんけん大会ではジユがほとんどじゃんけんの前に次に何を出すか教えてた姿がかわいくておもしろかったので(たまに気づかずに負けてる人もいましたがw)それを見て爆笑してました。他のメンバーは結構ガチ勝負でじゃんけんしてましたがw

今回、特典会はハンドンが全体的に短めでまったく希望者がいない回もあったので (翌日のあべの Hoop のイベント含めて)、次回イベントあったら「ハンドンちゃん行こ」と心に決めた特典会でした (今回行っとけよw)。


参考

他ブログでのレポートなど。


チケット

今回チケットについてはバタバタでしたね。まず先行予約で申し込んで振込まで済ませて安心していたら何か不具合だったのか、再度申込みページをオープンするので再度申し込めというメールが。外から申しこんでいたので情報を確認したり申し込んだりするのが大変💦

そしてチケットが届かない!! それなりに届かなかった人がいるようですね。私には


というメールが届きましたが、それすら届かない人もいたようで。

で、当日 10 時からチケットお渡しカウンターオープンという話でしたが 11 時に行ってもまだオープンしておらず、受付始まったら何かシステマティックに行われるわけでもなく、名前を聞いて中でレターパックの封筒を探すというものでした。

で❗私のチケットはそこにもない!! 名前言った後「なかなか出てこないねえ」と周りの人と話してたのですが、なんとかなり時間かかった後、お姉さんが申し訳なさそうに出てきて「データは来てるのですが、チケットがありません。今日キャンセル出た方のチケットがあるのでこれでご勘弁いただけないでしょうか」というようなことを言われました (はっきり聞き取れなかったのでたぶん)。番号を見たらまあいいかなという番号でしたので、「楽しみに来たんだからここで話をややこしくしたり怒ったりしたら楽しめない」と思ってそれで受け取りました。納得できない整理番号だったら激おこでしたよ😅

で、二部は 13 番だったので、並んでいるとなんと前の 12 番に 3 人いました❗「12-1、12-2、12-3 と三分割されてるんですけど」と言って手書きで番号が書かれたチケットを見せてました。ヲイヲイ。そんな怪しい手書きのだったら、誰か真似して手書きで修正してたらどうするの? (←見せてたチケットも白の修正テープで番号消して手書きで番号書いてた) あとで話を聞くと他にも手書き番号が出現していたようですね。

ちょっとこの辺りはみんな楽しみにして来るライヴなのですから、きちんとしてほしいですね。自社で出来ないのなら素直に「ぴあ」とかの先行予約のシステムを使うとかしてほしいですね。