Korpiklaani Japan Tour 2020 @ amHall

コルピクラーニは観たことなかったので行ってきました。

コルピクラーニ以外に3バンドが出演してましたが、それぞれ特色があり、それぞれ違っていて面白かったですね。

詳しいセトリなんかはこちらが詳しいみたいなのでどうぞ。当日の画像などもふんだんで、このエントリ読んでるよりもためになりますよ :-p

Illusion Force

メンバーが日・韓・米の3カ国混成のようですね。

イントロが和風で荘厳な感じに始まったのでプログレ的展開なのかな? と思いましたが、始まってみるとスピード感あるストレートなメタルでした。気持ち良い疾走感でしたよ。

Skiltron

バグパイプ入りのアルゼンチンから来たフォークメタルバンド。なんでアルゼンチンでケルト風フォーク・メタルなのかは謎ですが、バグパイプ入ってるメタルは生で初めて観るのでなかなかおもしろかったです。

バグパイプの郷愁を誘うような音色とメタルががっちり融合していましたね。

Skyclad

フォークメタルのパイオニア的バンドらしいイギリスのバンド Skyclad。

あまり見た目メタリックでない、いかにも英国紳士という感じのメンバーが出てきて「おやっ?」とちょっとした驚き(笑)ヴァイオリンもイギリス田舎の人の好い婦人という感じ。

音楽的にもステージ全体聴いた限りではメタルというよりはフォーク。でも、こういうヴァイオリン入りのフォークって好きなんですよね。アイルランド行った時もパブで結構聴いたけど、そういうノリに近いみんなで歌って踊ってという感じの流れるようなフォーク。楽しかったです。

Korpiklaani

そして最後に出てきたコルピクラーニ。キタキター。このバンドについては言うことはないでしょう。まさしくコルピクラーニで一気に最後まで突っ走った感じです。20曲もやってたんだ。

ヴァイオリンとアコーディオン入りの音は圧巻でした。コルピクラーニについても最初の2つのバンドがメタル色が強かったので余計に感じたのかもしれませんが、メタルよりはフォークをより強く感じましたね。

Saturday Japan Fanclub Open 記念ライブ「SUNDAY LOVE」東京公演 @ Future Seven

ちょうど出張のタイミングで Saturday のライブがあるってことで前のりして行ってきました。

会場は表参道から 15 分程度歩いた所の Future Seven。初めて行く場所です。こじんまりとしてますが、キレイな会場でした。

(パノラマ撮影したので、実際はこんなにカーブしてなくてまっすぐの壁面です)

ライブは 3 日間ありましたが、最終日の 2 部に行きました。開場時間前に行くと 4, 50 人程度が並んでいたでしょうか。開演時には 60 人以上はいたかもしれません。撮影可能な部分があるのでいいカメラで後ろの方で陣取る人も結構いましたね。

メンバーの名前も顔も覚えずに初参戦で、整理券番号 3 番で最前列のほぼ真ん中に陣取りましたよ。

  1. 귀요미송 (Gwiyomi Song)
  2. Super Bad

ここで自己紹介や、前に東京でライブ開催して改めてライブが開催できることに関する感想なんかを話してました。

この後はカバー曲コーナー。持ち歌そんなにないもんね。カバー曲の選曲が結構私好みで良かったです。

  1. 너무너무너무 (Very Very Very) (I.O.Iカバー)
  2. Mr. Chu (Apinkカバー)
  3. 오늘부터 우리는 (Me gustas tu) (Gfriendカバー)

この後は、前回の早口言葉のコーナーの話を少し話してから、ゲームコーナー。 “Box Challenge”。箱の中のモノを手探りで当てるゲーム。

これがめちゃくちゃで、最初こそインスタントラーメンが出てきて普通だったものの、次は中身だけが紙皿の上に出されている歯磨き粉(当たらんやろー)😱、チューリップだったかな? の花(花の部分だけそのまま)、こんにゃくゼリー(これはまともですね)、生の豚肉😱。

とにかく当てられそうにないやつが入ってました🤣。みんな匂いかいだりして何とか当てようとしてましたね。豚肉とかあとで手にニオイ付きそう🤣

ここはユキ(こんにゃくゼリー)が圧勝でライブ後に Twitter に動画を公開する権利を獲得。これですね↓

  1. Kissing You (Girls’ Generationカバー)
  2. In Your Eyes

“In Your Eyes” は、舞台後ろのスクリーンに「スマホのライト点けて振って」という指示が出たので振ったら、メンバー全員感動してましたね。Saturday 初めての私はなぜ感動するのかちょっとわからんでしたがw

ここで一旦メンバーは舞台袖へ引っ込んで映像。

(映像)質問に答える映像でしたね。「3 日間寝ない or 食べない」とかの二択の質問とか。

  1. Red Flavor (Red Velvetカバー)
  2. Cheer Up (Twiceカバー)

メンバーから夜ご飯のおすすめ。カツカレーとか牛カツとか挙がってました。この後は盛り上がるために準備しました!というからオリジナル曲で盛り上がるのかと思ったらカバーでした。

  1. さくらんぼ (大塚愛カバー)
  2. WiFi

(アンコール前の映像)前回の東京公演のバックステージなんかの映像。

ポイントダンスの説明。プロペラダンス、ちょっと難しいぞw

  1. 뿅 (BByong)

MCを聞いた限りでは、みんながんばって覚えてきたのか日本語力はそこそこに思えました。でも、ジュヨンは良く途中でわからなくなったのか止まっていましたね。結構笑わせてもらいました。

最初の頃にメンバーが「サンデイ」というと客席は “Love!!” と叫ぶということで、ライブ中に抜きうちで急に「サンデイ」と言うので客席もちゃんと返すとメンバー全員大喜び。

全体的に若さあふれる元気いっぱいの MC でメンバー全員が楽しそうに舞台をこなしていたのが印象的でした。

ステージ後は特典会。メンバーのチェキを買って、買った枚数に応じた特典会に参加できるというものでした。1 枚 1,500 円だったので、とりあえずひとりでも多くのメンバーとの特典会に参加できれば、ということで、全員チェキ(これはチェキとは別で 3,000 円)と、チェキを 2 枚購入してふたりとサインすることにしました。

ステージを見ているうちに、特典会は全員からサインもらおうかという悪魔のささやきが頭の中を巡ってましたが、出張中ですしそこは思いとどまって、当初の予定通りふたりとすることに。ステージを見ていて特にかわいかったアヨンとミンソに。

ミンソはめちゃくちゃ日本語上手ですね。「私の日本語どうですか?死ぬ気で勉強しました」とか言ってました。サインしてる間の会話も普通に日本語でやりとりでき、大阪来てね(お約束)と言っておきました。「USJ もあるし、美味しいものもたくさんあるよ」とか言うと普通に「私大阪行きたいと思ってるんですよ」という感じで結構な時間会話できました。

アヨンは日本語ほぼ通じませんでした。「初めて来たんですよ」とか「1st time」とか工夫してもダメw あちらも諦め。「大阪きてね」もわかったのか謎。なぜか東京と大阪と名古屋の位置関係の説明をしたらそれはわかってましたがw

他にはユキが日本語力高いようですね。

とりあえず私がふたりに「大阪来てね」と言ったから(←絶対違うw)、3 月に大阪公演が発表されてますね。大阪来てねと言ったし、まだサインもらってないメンバーとも話したいので大阪のライブも行きたいですね。

記念撮影したけど公開されないん?

Nature “I’m So Pretty -Japanes ver.-” 発売記念フリーライブ @ Twin21

初来日は大阪のイベントだった気がしますが、その後はさっぱり大阪には来てくれなかった Nature が 1 日だけ大阪に来るということで、CD を予約して行ってきました。

会場は京橋の Twin21。CD 販売、優先エリア券配布などの開始時間の 30 分前くらいに行くと 40 名程度が並んでいたでしょうか。その割にはイマイチな優先エリアの整理番号の券をもらい、知り合いと交換を繰り返してなんとか 2 桁台の券を入手しました。

この日の優先エリアは前方は着席で、脇には女性専用エリアが準備されるというなかなかきめ細やかな運営。Nature のみんなのペンサも良く、知り合いと話していてもみんな満足の行くイベントだったようです。

Setlist

1部

  1. OOPSIE(My Bad)-Japanese ver.-
  2. I’m So Pretty -Japanese ver.-
  3. 꿈꿨어 (Dream About U)

2部

  1. OOPSIE(My Bad)-Japanese ver.-
  2. I’m So Pretty -Japanese ver.-
  3. What’s Up -Japanese ver.-

トークは日本人メンバーハルを中心に行われるのですが、自身を「ポンコツ」と言ってるようになかなかのポンコツっぷりを発揮していて、それが逆にかわいくて楽しい雰囲気を醸し出してました。「メンバーも日本語勉強してるけど、私も日本語勉強してます」w

3 曲の合間に少し話すだけなので、内容的には大したことを言ってなかった気がしますが、それでも楽しいトークでした。彼女は宮城出身ですが、ちょっと大阪弁風のイントネーションで話したりと細かい所にも気をつかってた気がしますよ。曲の説明とかポイントダンスとかも話してました。

他のメンバーではルーがリーダーらしさを発揮して(?)なのか比較的日本語が上手だったと思います。

特典会は CD 3 枚購入したので、1 部でハイタッチ、2 部でスマホ撮影会に参加してきました。ハイタッチは二言三言話せる程度の時間がありましたし、撮影会はなかなかの密着度。特に 1 部のチェキは全員横並びではみ出しそうになるからか、カメラマンから「寄って」というリクエストがあったからかかなりの密着度だったようです。

2 部でも「腕くんで」とお願いしたら組んでもらえたようですし、かなりリクエストの自由度が高かったようですよ。スマホ撮影会はメンバーの並び順は変わらないのですが、好きなメンバーの間に入れ、2 回撮影してもらえてそれぞれどこに入れるかを変えられるというなかなかのサービス。

サイン会も椅子を置いて全員にサインしてもらえる韓国式で、いずれの特典会もかなり丁寧に行われていたと思います。

そして近くで見るとどのメンバーもかわいくてキレイ!誰かが突出してカワイイとかキレイってことはなく、全員平均的にかわいくてキレイで、全員テンションも高く、ペンサも良く、いっきに Nature の魅力にハマってしまった一日でした。

撮影タイムもありました。

Red Velvet Arena Tour in JAPAN – La Rouge @ 大阪城ホール

Red Velvet のコンサート行ってきました。前回は行かなかったのでRed Velvetは久々、大阪城ホールみたいな大きなホールも久々です。

(前半の構成が良くわからなかったため今回のエントリにはセットリストはありません)

電子チケットで座席がわかるのは開場3時間くらいってことで、まああまりくじ運はあまり良い方ではないのであまり期待せずにいたのですが、会場に向かう直前に確認するとアリーナ40列ってことで、良いのか悪いのか良くわからないまま会場へ。

森ノ宮から歩くと裏側に出ますが、そこはいつもトラックが止まってますね。レドベルトラックもいました!

会場に入って確認すると!なんと、ステージはメインステージがあり、そこからアリーナ中央から少し後ろくらいまで通路があり、T 字型にサブステージがあるのですが、その正面少し左寄りの 2 列目!座るとメインステージは見えないし、立ってもサブステージ上の照明の陰でメインステージの一部が見えないのですが、メンバーがサブステージに来たら 3 〜 5 メートルくらいの距離で見える!大阪城でこんな距離は初めて! Twice の時スタンド最前列で 10m くらいの距離でサブステージがあったのよりも良席!

ステージは石造り風の各メンバーが入れるブース状の場所がある 2 階建てのものがメインステージ後方にあり、メインステージ前方はリフトで円形なステージが上がるようになっていました。

ライブが始まると、赤い衣装に身を包んだアイリーンが中央から出てきて、前半のステージはカチッと構成が決まっており、自己紹介もセリフに合わせて(映像には翻訳字幕が出てた)でした。メンバー全員が赤基調の衣装で、全体的にサウンドも情熱的なラテン調(フラメンコ風?)。それ風にかなりアレンジされた “Ice Cream Cake” なんかもありました。

前半は K-POP のコンサートで中盤にあるような個人ステージという感じで、4 人ステージ上にいる時間もあるのですが、誰かひとりをフィーチャーしてる感じでした。

映像を挟んで黒基調の衣装に変わってもタンゴ風味なサウンドとダンスでジョイが踊ったり、スルギが舞台上で紙を破くような演技をしたりと、ミュージカルか舞台風で、ときおり 4 人でレドベルの曲を歌ったりするという。この最後に映像でウェンディが同じようなセットで歌うものがあったのですが、韓国でのコンサート映像かな?

この個人ステージ風の構成の最後に “Bad Boy” を歌ったと思いますが、この後の映像を挟んで、白基調の衣装に着替えて、これぞ Red Velvet という感じの曲を続けるステージへ。

前半は全体的に内省的で落ち着いた Red Velvet の大人の魅力を魅せる感じの構成になっていました。さすが SM のコンサート、よく練られているなあと思って感心していました。

そしてそこでようやく「こんばんわ、Red Velvet です」という挨拶。この時点で開始から 1.5h 程度経ってました。1.5 時間後に最初の挨拶🤣

ここで前半のステージについて「さっきは夢を見てましたね。赤い衣装で踊ったり」みたいなコメントをしていました。普段のレドベルと違う雰囲気のステージを「夢」として構成していたということでしょうか。

MC は日本語と通訳経由の韓国語を交えながら。イェリの韓国語混じりの日本語がかわいかったですね。

この後はレドベルの魅力たっぷりのヒット曲メドレーという感じで、前半の独特な雰囲気のステージもいいのですが、やっぱり「レドベルのコンサートに来た〜」という感じで本当に良い気分でした。前半との落差があったので余計にアップテンポの元気あふれる曲で気分が上がって盛り上がったという感じでしょうか。

“Russian Roulette” や、最近の “Zimzalabim”、”Umpah Umpah” など、レドベルらしい曲が続々でした。

サインボールやサインフリスビーなんかを投げてましたが、ステージから近すぎる席だったので、全部手も届かないほど頭のはるか上を飛んでいってました。銀テープは前の方しか飛んでなかったな。アンコールではアイリーンがステージ上でタオルに何か(サインでしょうね)書いてそれを投げてました。タオルも別方向に投げてたので私の方には何も飛んできませんでした。

とはいえ、サブステージから 5m ほどでしたので、サブステージの方に来たのは数回ですが、全員の顔を目の前で見ることができました。当たり前ですが、全員キレイ。アイリーン以外は結構近くに来たのでじっくり見れましたよ。スルギ、イェリは手を振ってくれましたよ(自分に振ってもらったつもり<みんなそう思ってるw)。

ダンスフォーメーションは 5 人のときと変えておらず、ウェンディの位置にはダンサーの人が入っていました。サブステージで横に並んで歌う時は私の目の前はダンサーの人だったので、5 人だったらウェンディをガン見できたなあ。

韓国のコンサートをそのまま持ってきたのでしょうが、全曲韓国語で歌いました。演じる側はそれが気になるのか「2 時間のコンサートずっと違う国の言葉で歌ったから…」というようなコメントが最後の挨拶で何人かが言ってましたけど、元々韓国語の歌を聞いてきてるので、そこは気にならないなー。それで十分満足!

最後の挨拶はウェンディがいないことに関して、その存在が大きいからか、ジョイが泣きながら挨拶していました。「また 5 人で来ます」という挨拶をしていたので、次は 5 人のステージを是非見てみたいですね。

K Tigers Zero 2020 First Live in Japan [Odd&Beautiful] @ Cool Japan Osaka SS Hall

  1. Odd & Beautiful (Intro)
  2. Now
  3. Time Travel
    (ユニット、個人ステージ)
  4. Side Kick
  5. One More Time

昨年秋の音楽番組ですっかり曲のかっこよさと、テコンドーを取り込んだダンス、バク宙なんかを織り交ぜたダイナミックなステージにやられてしまった、K-Tigers Zero。リリイベもあったので、ライブとなると迷ったのですが、リリイベ会場だとあのダイナミックなパフォーマンスが見れないのではないかと思って、思い切ってチケットを買って行ってきました。

大阪初日の 2 部です。席はなんと最前列。横に最大 30 席のホールなのでど真ん中!と思ったら、横に 18 しか椅子はなかったので、ステージ向かって右端の方から観ました。

なんせ持ち歌は 4 曲ということはわかってたので、どういう構成のステージになるのか、そもそもこのグループのファン層はどんな層なのか?おっさんひとりで行って浮かないか?と色々と心配をしながら行きました。

会場は昨年末に Dreamcatcher で行った Cool Japan Park Osaka の一番小規模なホールである SS ホール。ここのステージも K-Tigers を見るにはちょっと狭いかも? と思いつつも、それなりに奥行きも横幅もあるので大丈夫かな?と思って行きました。心配は杞憂で、ちゃんと工夫してステージいっぱいにダイナミックな舞台が感じられるようにしていました。お客さんは 100 名前後だったでしょうか(ちゃんと数えてません)。

メンバーは本来は 12 名ですが、男性メンバーのテジュが韓国の放送スケジュールの関係でおらず 11 名でした。テジュがダンスも歌も一番、という話を聞いていたので心配してましたが、他のメンバーでも十分すぎる実力でした。テジュはトロットの番組で勝ち抜けているとかいうのが理由だったかと。

ステージの構成は最初 2 曲、ゆったりとしたバラード。その後は個人もしくはユニットでの歌やダンス、間にトークを挟む構成でした。司会は安心の NICE73 さん。みんなが気になる質問(なんでテコンドーの実力あるのにアイドルという険しい道を選んだのか?)とかをして、トークもふむふむ、と思ったりと楽しい時間でした。

そして驚いたのが、ダンスの実力は分かっていましたが、ソロやユニットのステージの歌の実力がかなりのものだったということ。

B 級感は全くなくかなりの実力だったと思います。そして、トークで話してましたが、歌詞や曲、ラップ、ダンスいずれも自分たちで考えているということで、テコンドーだけでなく、K-POP の方も一流の実力を持つことががトークの言葉だけでなく、実際のステージ上で感じられました。

女性メンバー全員で Twice の曲で、男性メンバー全員では BTS の曲でダンスしていました。オリジナルをベースにテコンドー風味にしていましたね。

そして、その後の “Side Kick”!待ってました!迫力満点のパフォーマンスに大満足です。最後のジャンプもかなり高く、ステージの奥行きがそれほどないので、斜め方向にかなり高くジャンプしていました。着地は勢い余って決まってなかったのはご愛嬌。”Side Kick” はさすがの K-Tigers Zero メンバーでもキツイのか、終わった後はみんな座り込んで水を飲んでました(後日のリリイベの後は座り込むまでではなかったので、やっぱりコンサートのステージは気合入ってたのだと思います。そういう意味でも観れて良かった!)。

最後の “One More Time” ではみんなステージを降りてきたので、それなりの人数とハイタッチできました。そしてアンコールはなく、終了後は全員とハイタッチ。男性アイドルとハイタッチしたのは初めてかも!(男性の俳優さんとはハグしたことあるけどw)

女性メンバーもプロフィール画像やテレビの映像で見るよりかわいくて、迫力のステージも楽しめて満足のステージでした。

トークなんかの詳しくは NICE73 さんのブログをどうぞ。

次はもう少し持ち歌増やしてもらって観たいですね〜