2019 年 K-POP Girl’s Group の曲 振り返り 〜裏Top 10〜


とりあえず 2019 年を振り返るということで、Girls Group Top10

そして、ソロ曲ふりかえり

で合わせて 17 曲挙げたのですが、実はこれ以外にもピックアップした中からさらに選んだのがこれらの曲でした。

それでも残念ながら落とした曲の中には、選ぶために聴きながら『この曲は今年の 10 曲に絶対入れたい」と思って聴いていた曲が何曲もありました。

というわけで別に「裏」というわけではないのですが、さらに 10 曲紹介しておきましょう。大体「裏」って何だよw 何に対する裏やねんww

AOA / Come See Me

Queendom で復活した AOA。いや、Queendom 中から本当に復活した感じがしてなんかうれしかったですね。(復活までちゃんと応援してなかったダメファンでしたがw)

それもカムバック曲がなかなかの良曲。カッコいいし、縦ノリのリズムにほどよい情熱的なメロディ、いいですね。

Weki Meki / Picky Picky

ファンミーティングに行ってうちわを当てたから選んだわけではないですよ、中毒性のあるサビが頭から離れない系の名曲だと思いますよ、これは。

Nature / Oopsie

結構私が選んでるのあるあるですが、脳内をグルグルしそうな中毒性のあるメロディの曲。これもそれです。最初聴いた時はあまりピンと来ないんですよね。それでも繰り返し聴いているとなんか頭を離れなくなるという…

この曲聴いてから他の Nature の活動曲をさかのぼって聴いてみると、結構こういう感じの曲だったりしますね。ここまで振り切ってないとは思いますが。

来年は大阪でもリリイベあるようですし、生で観るの楽しみです。

Red Velvet / Zimzalabim

Red Velvet の謎曲シリーズw “Umpah Umpah” とこの曲どちらにしようか迷いましたが、妖しい感じでこちらに。インパクトありながらも、一聴してレドベルの曲とわかるあたりがさすがです。

ウェンディの怪我は心配ですね。早く無事に回復してほしいです。

Dreamcatcher / Over the Sky

Dreamcatcher、今年も何曲かあったと思いますが、メタリックな Dreamcatcher らしい魅力と叙情的なメロディを保持したまま、開放的で希望を感じさせるメロディがかなりお気に入りなのでこの曲を選びました。

ITZY / Dalla Dalla

縦ノリの A メロ、B メロから中毒性のあるメロディアスなサビへの変化が良いですね。

Favorite / Loca

ここからは粘りつくようなメロディが印象的な曲シリーズ。

この曲は思わず「ろっかろっかろっかー」と口ずさんでしまいますよね。

まさか日本デビューするとは思ってなかった Favorite。リリイベで生で観れたのは良かったです。

Everglow / Adios

こちらも粘りつくようなメロディが印象的な Everglow。メロディが印象的でした。

Rocket Punch / Bim Bam Bum

Woollim といえば私には Lovelyz の印象が強すぎて、意外に普通のアイドルっぽさでデビューしたなと思った Rocket Punch。

よく聴くと、縦ノリ風でありながらアイドルらしいフレッシュな感じのする爽やかな曲に仕上がってる所がなかなか練られてる感じがして良いです。

K-Tigers Zero / Side Kick

これは Girls かというと微妙と言うか違う気がするので入れなかったのですが、結構ヘビロテだった曲です。

アルバムはイントロを除いてタイトル通り、それぞれの曲が「喜・怒・哀・楽」となっており、アルバム2曲目のこの曲 “Side Kick” は「怒」に当たるようですね。

最初はアクロバティックなテコンドー風の振り、豪快なバク転なんかのパフォーマンスを見てすげーと思って引き込まれましたが、聴いていると曲も結構良いなあ、と思って音楽番組の出演を楽しみに見てました。

来日はびっくりで、思わず来日コンサートのチケット買ってしまいましたよw どういうファン層の人がくるんでしょ? (テコンドー関係?)


さて、今年の振り返りはこんなところで終わりです。年明け早々大量に K-POP イベントあって、ちょっと行くのが追いつかないくらいな嬉しい状態ですね。来年も良い音楽に出会えますように。

(2019-12-30 追記)
候補として挙げなかったけど、今年を振り返りながら「この曲は入れるよなあ」なんて思ってた曲をいくつか追記しておきます。

Apink / %% (Eung Eung)

結局この一曲だけでしたね。でもこの曲が出てきた時は「さすがApink」と思いました。グループ考えずに曲だけで選んだら間違いなくTop10入りだと思います。年末の音楽祭でもやっぱり名曲だなあと思って聴いてました。

fromis_9 / LOVE RUMPUMPUM

これも中毒性のあるサビが脳内グルグル系ですね。かわいらしさと跳ねるような元気の良さが良いです。

2019 年 K-POP Girl’s Group の曲 振り返り 〜裏Top 10〜」への2件のフィードバック

  1. 興味深く読ませていただきました。普段意識していませでしたが、1年を振り返ってみると面白いものですね。そこで、私も振り返ってみました。        
    1位LOVELYZ /close to you これは最高。また来年も来日を希望。beautiful daysも勿論好きです。 
    2位weki meki/picky picky 振り付け、歌ともに完璧。ユジョンの離脱が心配です。
    3位DIA/WOOWA DIAは毎年良曲が多い
    4位DREAMNOTE/hakuna matata このグループも好きな曲が多い。
    5位NATURE/OOPSIE 美人は他にいるのに、なぜかサンシャイン推しです。~PRETTY~、bing~も好きでした。
    6位keI/I GO 生歌が聴けて感動しました。
    7位赤い頬思春期/BOM ボーカルが魅力的
    8位キム・セジョン/tunnel gugudanの活動がなかったのが残念。可愛い顔でこの凄い歌唱力。日本では考えられません。
    9位YUKIKA/NEON 本人はあまり知りませんが、シティポップ風の良い曲ですね。
    10位SONAMOO/WE ARE LEGENDARY 活動停滞中のまさかの良曲。このまま腐らせておくにはもったいないグループ、メンバー。
    次点ELRIS/MISS U 来年こそきちんとカムバックしてほしい。
    今年は今一つと思っていましたが、こうして見ると意外に好きな曲がありました。それにしてもメジャーなグループがあまりない・・。

  2. Kiyo さん、コメント、そして Top10 ありがとうございます。

    興味深く拝見いたしました。そして結構曲がかぶっているのでちょっとうれしいです(私は 29 曲挙げてるので結構かぶりそうですけどねw)。

    Weki Meki のユジョンは心配ですよね。gugudan などの同時期のグループの活動がない中、唯一がんばってるグループで、なおかつ顔みたいでしたしねえ。年末に SNS には写真が出てましたのでまた復帰してくれることを期待しています。gugudan は…、ミナは司会してますが、セジョンの才能が抜きん出すぎているのが悲劇な気がします…。

    DIA、そんなに活動が頻繁でないのに良曲をちゃんと出してきますよね。サンシャイン、いいじゃないですか(^^)。ハルちゃんの露出が最近増えてきてる気が(以前は曲中でもそれほどフィーチャーされてた覚えがない。あまりNature自体ちゃんとチェックしてなかったので知らないだけかもしれませんがw)。日本デビュー楽しみですね。

    赤頬は年明けのライブのチケット取ってしまいました。今回選んでませんが曲は好きです(なんで入れなかったんだ?w)

    YUKIKA ちゃん、来年ももう少し活動できるといいのですがねー。まあ今年も 2 曲出してますが。

    SONAMOO は TOP10 で挙げている人多いですね。この曲は聴いたかどうかわからないのでまたチェックしておきます。ちゃんと活動してた頃は好きな曲が結構あったグループなので残念ですね。事務所がダメですものねえ。。。

    今年も何度も訪問いただいて、コメントもいただいてありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。良いお年を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA