Rocket Punch Ontact Fan Meeting


Juriful Daysなんかを視て、よりファン度が増した Rocket Punch のオンラインファンミーティングがあるということで迷わず購入しました。そして、「ビデオ参加」にも当選したので参加してきました(Zoomで参加して後ろや彼女たちが見るスクリーンに映るやつ)。当選と言っても私の観測範囲全員当選してましたが…🤣

私も後ろに映ってますw

ファンミーティングなので曲は 4 曲と少なめでしたが、生歌の息遣いが感じられましたし、トークの時間の彼女たちの楽しそうな笑顔を見てるだけで楽しい時間になりました。

Setlist

  1. Bouncy
  2. Twinkle Star
  3. Bim Bam Bum
  4. Juicy

曲は少ないものの、私が活動曲以外で好きな “Twincle Star” が聴けたのは良かったです。

曲以外の部分は、「Q and Aコーナー」(ファンミーティングでは当たり前ですよね)、靴やトートバッグに絵を書いてプレゼントするコーナー(Airlive のこれまでのファンミーティング(ELRISやDreamNote)でもありました)の他に、彼女たちのダンスで気に入ってる部分を実演するみたいなコーナーがあったでしょうか。あとはビデオ参加の人がダンス(Juicy)をして彼女たちが一番上手と思った人と一対一で繋がるコーナーでした。

これまでの他のアーティストのファンミーティングと比べるとインタラクティブ感が少なかった気はしましたが、先にも書いたように彼女たちの楽しそうな姿を見てるとそれも気にならなかったですね。

あとはこれまで通り雑にスクショした画像を貼っておきます。

Rocket Punch Ontact Fan Meeting」への2件のフィードバック

  1. わたしも幾つか受理の活動觀察日記を觀ました。韓流業界は早朝から夜遅くまで
    活動するんだあああ~~とおもいましたね。

    ころっけぱんちは作風が一貫している。うーりむの受理活用がうまかった。
    客が求める音を事務所が提供している。韓流界の模範だと我はおもいます。

    運が好いのもちろんあるけど 迷走中の自然婦人團、ちえりーぶれっど、
    女署名團をみるとやはり事務所が主導する設計圖や世界觀をどうするのか?は重要事項だなああと。

  2. 宇宙小女をだいすきさん、ありがとうございます。

    おっしゃる通り世界観を作り上げてそれにそって活動するの重要ですよね。まあ、その世界観がウケるかは別ですが、ウリムはそのあたり上手かもしれませんね。爆発的に人気が出るわけでもないけど、しっかりと一定のファンは獲得してる感じが。

    朱里ちゃんはさすが AKB でもそこそこな地位にいただけあって商売がうまいですよね。咲良とはまた違うけどプロのアイドルかもw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA