GoGo Penguin / A Humdrum Star


イギリスのマンチェスターのピアノトリオの 2018 年作。

正確で機械的ではあるもののうねりのあるドラム、美しく透明感のある無機質ではあるけどクラシカルな雰囲気を漂わせるピアノが印象的です。機械的なリズムの上のアコースティックな音楽ってのがイマドキな感じしますね。

e.s.t. の雰囲気がありますが、それよりもアルバム全体を聴くと、曲を通して全体的にハウス〜エレクトロニカ的な方向に寄せている気がします。

疾走感のある機械的なリズムの上の流れるようなメロディが気持ちよく飽きずに聴けますね。

GoGo Penguin / A Humdrum Star」への2件のフィードバック

  1.  全般的に ‘アコースティック・エレクトロ・ジャズの極致’ という感じで、ドラムのドライヴィングが半端ない(少し初期YESっぽいところも窺える)のが、逸品ですね。とりわけ、“All Res(Official)” でのベースの使い方、そして上にアップされました “Raven(Live at Low Four Studio)” でのベースとドラムとの掛け合いが、すばらしい のひと言です。━━広く逸品のジャズをご案内され、心より感謝申し上げます。(^^♪

  2. KARA・少女時代 のち、LOVELYZさま、コメントありがとうございます。

    e.s.t. のエレクトロニカ的なところを推し進めた感じですね。ヨーロッパジャズ独特の乾いた美しさみたいなところもそういうところに合っていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA