2017年 K-POP ガールズグループの曲 Best 10 (Part.1)


K-plus 方面で K-POP  ファンがざわついているところですが、ここ数日ちょっとずつ書いてきた年末企画を公開しますね。動画埋め込み多用で読み込みに時間がかかりますし、昨年と同じく 2 部構成で公開します(この後まだ書いてないというのもありますがw)。

今年もあとわずかということで、私の巡回範囲の K-POP ブログでは「今年の Top10」企画が始まってますね。

このブログの昨年のエントリはこちら。

昨年までと同様、気に入った曲を選ぶので順位はつけがたいので、順位なしで挙げていきたいと思います。これまで/他のブログと同様に 1 グループ 1 曲縛りで。

LOOΠΔ / My Sunday・My Melody

10 曲選ぶといいながら、しかも 1 グループ 1 曲縛りと言いながら、いきなりひとつの枠に 2 曲入れて反則な気がしますが、「双子曲」ですし、ここは自分のブログだしいいかってことで、この 2 曲を(他の方のブログにコメントするときは Odd Eye Circle の曲を 1 曲投票するだけかもw)。

昨年後半から徐々にリリースされて来ている LOOΠΔ の曲はどれも色々と工夫されていたり、仕掛けが用意してあるようで、甲乙つけがたく、ひとつ選ぶのが非常に難しいです。最近だと Odd Eye Circle の活動曲 2 曲もかなりお気に入りですし、1/3 の曲も良かったです。このエントリのひとつ前のイヴの曲も良いですね。各メンバーデビューの際の曲もどれも良いですね。今年一番のヘビロテグループ(?)かもしれません。

さて、この 2 曲はヨジン(YeoJin)デビューの際に “Kiss Later” と同時に収録された曲ですね。パッと聴いただけでは「あれ? 2 曲同じ曲続いてる?」と思ってしまいそうですが、「世界で最初の双子曲」とのことで、サビのメロディと歌詞だけが違いますね(A メロ、B メロは同じと思うけどそこまで気合入れて聴き比べてません)。歌っているのも、

  • My Sunday … ヒジン & ヒョンジン
  • My Melody … ハスル & ヨジン

と異なります。歌っているメンバーが違うので、その辺りでもなんとなく違いが感じられて楽しいです。

曲の制作は MonoTree という制作チームのファンヒョンという人のようですね。アコースティック・ギター伴奏による軽快で爽やかなメロディが気持ち良いですね。アイドルの曲というよりは、普通に上質な大人のポップスと言っても良い良曲だと思います。

Elris / We, First(우리 처음)

今年デビューのグループ Elris のデビュー曲もかなりツボにはまりました。この曲も MonoTree のファンヒョンなんですね。透き通るような爽やかさが気持ち良いです。爽やかながらもダンサブルな元気の良さもあって、デビュー直後のフレッシュな感じにぴったりです。グリッチホップというジャンルのようですね(出典: Mnet)。

このアルバムは他の曲も良い曲が揃っていました。制作陣も私の好きなグループに曲を提供している人が多いということで納得でした。

2nd 活動曲 “Pow Wow” は流れるような爽やかさから跳ねるような元気な曲になり、そちらも良かったですが、聴いた回数は圧倒的に 1st が多かったはずということで、”We, First” としました。2nd ミニアルバム “Color Crush” で “Pow Wow” の前に収録されている “Heart Bank” も良い曲でした(”Pow Wow” もファンヒョン作品のようですね)。

April / April Story(봄의 나라 이야기)

グループとしては、個人的にはイマイチ強い印象がない(スミマセン)April なのですが、今年は良曲を続々リリースしたという印象です。その皮切りとなる 1 月リリースの 3rd ミニアルバム “Prelude” 収録の “April Story”。

壮大なストリングスによるメロディが美しいです。かわいらしい April のヴォイスが、ストリングスにより美しく大人っぽい味付けになった気になりますね。

作曲は e.one というチームで、色々な名作を生み出していますね。詳しくは安定のぱんちゃぱんちゃさんの紹介をどうぞ。

あとに続く “Lovesick”、”Take My Hand” も名曲だと思います。同じく e.one のようですね。

Dreamcatcher / Good Night

今年の初めに “Chase Me” でデビューした Dreamcatcher。

ポップでキャッチーなメタル調の曲、1st MV の最後が 2nd MV の最初につながると言ったプログレ的(!)なコンセプト作というだけでも、プログレ・プログレメタルが好きなおじさん(= 私)が推すのに十分ですね😄

3rd は起承転結の「転」で、1st、2nd と違って外へのエネルギーを感じるハードロック調の曲で、連続性は 1 度途切れた感じでしたが、ライブで 4th はまた 2nd からつながる作品とのことで楽しみですね。

Top 10 を選ぶにあたっては、”Chase Me” と 2nd の “Good Night” のどちらにしようか迷ったのですが、なんとなく完成度が高い感じがする “Good Night” を選びました。どちらを選んでもまったく遜色ない作品ではあります。

海外進出も積極的で南米、ヨーロッパツアーまでやっていますね。日本も 5 月に KCON からの 1st のプロモーションイベントで、9 〜 10 月にライブとリリイベでやってきてくれましたので、どちらもほとんどの日程に参加して彼女たちの魅力を堪能しました。

5 月はのイベントは十分に人が集まらないこともあったようですが(運営の企画もマズかった)、ツーショットセルカはポーズ指定で 3 枚撮影とか神対応に感動したものです。


(↑こんな感じで魂抜けましたw)

9 月のライブは、かけ声を覚えて思いっきり叫びながら観れたので気持ちよかったです。持ち歌の数が少ないのでファンミ的なイベントになるのかと思ったら、がっつり歌中心な構成だったのも良かったですね。

来年もまた名曲をひっさげて来日してほしいところです。

Lovelyz / Now, We(지금, 우리)

個人的には今のヨジャドルの中でイチオシな Lovelyz。

5 月のリリイベは会社も休んで毎日通いましたよ。ところが! 夏のライブはなんと行けず (;_;)

今年も、それまでとはちょっと違う雰囲気の新しい展開を見せた “WoW”、そのリパッケージ収録の “Now, We”、そして最新作で One Piece から離れたけども Lovelyz らしさ満開の “Twinkle” と良曲を揃えてきましたね。

この中から 1 曲選ぶとすれば!!、特に迷いもなく一番 Lovelyz らしさにあふれるこの曲を選びましたよ。

あとは Fever Festival で披露された “Take Me Somewhere” も良い曲でした(アルバムに収録されんの?)。

ぜひ来年も日本でライブやってほしいですね。

続編 Part.2 はこちら

2017年 K-POP ガールズグループの曲 Best 10 (Part.1)」への2件のフィードバック

  1. ━━「ヨジャドルの中でイチオシな Lovelyz 」嬉しいお言葉です。ヽ(^。^)ノ━━
     音楽に詳しい方の私設ランキングは、いいですね。Twice や Blackpink などの流行には目もくれず、ちゃんと楽曲・音楽を中心にしてトータルとしての魅力で選ばれているのが嬉しいです。(*’’▽’’)
     私もイチオシは LOVELYZ で、私の場合は、現役完全体のKPOP.GGでは圧倒的です。私も 2017年ベスト10を 作成してみたいところですが、他のGGを入れるにしても、2015~2017年 の3年間にしないと、出来上がりません。どれほどKPOP.GGを広く鑑賞しても、大部分の曲はシンプルすぎて、「鑑賞」と呼ぶところまで行かない、というのが率直な感想です。
     KPOP.GGには一向に新たな推しが見付からないおかげで、新たな Progressive Rock イチオシに出会えました。やはり洋楽、特に、Progressive系は甚だレベルが高いですね。スーパーハイレベルなグループがいくらでもいます。数多くのスーパー・グループの中で新たにイチオシとなったのが、Barock Project です。特に、最新アルバム『Detachment』[2017年]は、超絶傑作ですね。依然『ローリング・ストーン』誌でトップに選ばれる大御所 YES を up-to-date に upgrade したようなすばらしさです。
     長くなって恐縮ですが、KPOP.GG My Best 7 2015~2017 を挙げさせて頂きます。
     2015~2017年 KPOP.GG曲 ベスト7 & ひと口評(歌唱力は考慮しない)
    [1] ❝Twinkle❞ LOVELYZ ―― Progressive Electronic POPS の驚異的傑作
    [2](2曲) ❝Ah-Choo❞ LOVELYZ ―― Baroque POP の最高傑作
        ❝Now, We❞ LOVELYZ ―― KCON Japan 2017 のMVがベスト
    [4] ❝Catch Me If You Can❞ 少女時代―― KPOP.GG EDM の最高傑作
    [5] ❝1cm❞ LOVELYZ ―― Sweet POP の傑作
    [6] ❝April Story❞ April ―― KARA、少女時代、LOVELYZ 以外で、やっと出会えた超名曲
    [7] ❝I Like U Too Much❞ Sonamoo ―― 壮大な Hybrid Melodious多面体

  2. KARA・少女時代 のち、LOVELYZさん、いつもありがとうございます。

    楽曲でいくと、Top10にあげた LOONA と Elris も Lovelyz と並ぶ曲の良さが印象的でした。MBC 歌謡大祭典の Lovelyz と Nobrain のコラボをご覧になりました? なかなか面白いアレンジでしたけど、意外に合ってましたね。

    ベスト7ありがとうございます。

    “Barock Project” はまだ聴いていません。聴いてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA