LOOΠΔ・Olivia Hye(올리비아 혜)/ Egoist(Feat. JinSoul)

(2018-03-29 Teaser の時点で公開、2018-04-02 リリース後に更新してます)

ようやくというかついにというか、LOOΠΔ 最後のメンバーがちょっと前に公開されていますね。

終始落ち着いた感じでこれまでの LOONA 的にゆったりと幻想的に流れていく感じですね。サビ冒頭の鼻にかかったような甘い感じが良いです。

これまでの流れでずっと聴いて来ていると違和感なくスッと入ってきますね。初めてこの曲を聴いてハマるのかはわからないですが。

ポップメロディと EDM ビートのミックスとありますが、EDM 詳しくないのでよくわからないですね。サビの後の歌詞のない部分のあたりなのかな?

Featuring ジンソルで途中のラップを担当しているのかな。堕落天使って何?w

作詞は MonoTree パク・ジヨンと Jaden Jeong ってことで Odd Eye Circle の “Girl Front” あたりと共通ですかね。作曲は Artronic Waves(1/3 あたりの曲と同じ)、PABLO GROOVE、Lapi とのことで後ろ二組(?)は良く知らないですが、これまでの制作陣と同じ感じと考えて良いでしょう(曲の雰囲気も共通してるので)。

曲はego(自我?)がテーマなんですかね。自己愛によって自我が生まれ、Egoisticであっても自己愛が自我を完成していくと。深いですな。よくわからんですがw 自我とか自己愛とか、最後のユニットに共通するテーマのようですね。

ダンスもこれまでの流れをくむ感じですね。このあたりのダンスとか。

完成形での活動も楽しみですね。ユニット活動もあるとか。

解析動画。

Teaser の時点でもう解析動画が上がってたんだw

LOOΠΔ・Go Won / One & Only

1 末に公開された LOOΠΔ 11 番目のメンバー Go Won(고원)の曲は “One & Only”。

前作は「ソウルトロニカ」ってことだったので、今回はどうひねってくるのかと思って楽しみにしていましたが、シンプルな打ち込み然としたリズムとメロディの上で軽快に歌う歌は意外に王道なアイドル色のあるポップでかわいい曲な気がします。

とは言っても、サビの部分なんかに、これまでの LOOΠΔ といずれも共通するような雰囲気を根底に感じる曲です。

公式の紹介文によると、

Go Won’s titled track ‘One&Only’ is about self-love.

“One & Only” は「自己愛について」の曲

とのことですね。

Even when it feels like the existence of oneself seems irrelevant in the world and may feel very little among others, Go Won sings, “it’s not a coincidence that I’ve met myself” and emphasizes how she met herself, ‘one and only’, is precious.

世界で自分の存在が重要でないように思えると感じ、みんなの中でとても小さい存在と感じる時でさえ、「私が私自身に出会ったことは偶然ではない」と歌い、どのように「ただひとりの私」である自身に出会ったかがかけがえがないと力説します。
(以上の公式の解説は https://www.youtube.com/watch?v=m5qwcYL8a0o より。訳は私の超訳ですので間違ってる可能性大w)

うーん、深いですね。MV もガラケーで撮ったような縦画面で、全体的に水色と影による黒の色調、Yves と Chuu が登場し、これまでに MV で登場したりんご、いちごが登場したり、Go Won ちゃんの前にはパイナップルがあったり、たぶんこれまでの MV での衣装が登場したり、なかなか色々深く考察できそうになっていますね。サビの部分のシルエットでのキレの良いダンスも良いですね。

考察動画も上がってますねw

曲は Oh My Girl の曲をたくさん手がけている Darren Smith と Tammy、作詞は MonoTone のパク・チヨンとのことです。

(参考)

色々思いを馳せて頭を巡らせるのが楽しい LOOΠΔ 10 人目 Chuu “Heart Attack”

年末にLOOΠΔ 10 人目のメンバー Chuu の “Heart Attack” が公開されていましたね。

MV視てるとちょっと Secret のジウンちゃんっぽいところが感じられてかわいいです😍

前作 Yves の抑えた感じの落ち着いた「ソウルトロニカ」サウンドから、跳ねるようなソウルフルなサウンドとポップなサビの、これまた引き続き良曲ですね。ある意味 K-POP の王道的なアイドルソングかもしれません。作曲はスウェーデン系の Ollipop、Hayley Aitken と “Girl Front”、”Love Cherry Motion” なんかと同じですね。作詞は私もお気に入り MonoTree の人ですね。

映像も凝ってますね。9 人目 Yves のストーカー(?) な Chuu、Yves の MV でフィーチャーされていたのは赤いリンゴでしたが、


(Yves ”New” MV の赤いリンゴ)

Chuu が必至に渡そうとして受け取ってもらえないのは青いリンゴ。


(受け取ってもらえない青いリンゴ)

ルネ・マグリット的ですね(展覧会観に行った。結構好きです)。

(MV中の部屋の中の青いリンゴ)

(ルネ・マグリット リスニング・ルーム(1952年))

りんごも壁の色も窓も同じですね。

MV 後半で青いリンゴをかじるとりんごが赤くなり、その後は Yves と楽しく盛り上がり、なぜか最後はマッチ売りの少女のように青いリンゴと共に Chuu が倒れていたり。一度ロゴが出て終わったと思った後の映像は赤いりんごと共に倒れていて、それを起こすのがハスル!!(ここで衣装的にもつながり、同じく年末に公開されていた “The Carol” のハスルの衣装ですね)

Yves が読んでいる本のタイトルは「アフロディーテは死を意味する」(ジョン・アップルビーという人の作品のようですね、知らない)。これがどう映像の他とつながるのかわかりませんが。

映像の考察動画まで出てますねw(まだ全部は視てません)

(参考)

2017年 K-POP ガールズグループの曲 Best 10(番外編)

2017年 K-POP ガールズグループの曲 Best 10 ってことで 2 回で 10 曲選びましたけど、当然手元では色々メモしながら選んでいるので、他にも色々候補がありました。紅白の Twice も見たし、MBC 歌謡大祭典をストリーミングで視ながらこれを書いています。

まず Part.1 の冒頭で LOOΠΔ の双子曲を挙げましたが、最近の曲である Odd Eye Circle の “Sweet Crazy Love” は今でも引き続き毎日のように聴いています。良い曲ですね。

Dreamcatcher も “Good Night” を挙げましたが、他の 2 曲も捨てがたいですね。

WJSN も “I Wish” と迷いました。

April も “Take My Hand”、”Lovesick” あたりと迷いました。

他に 10 曲には入り切らなくて、気に入ったけど紹介しなかったグループの曲を挙げておきます。

まずは軽快なメロディが印象に残っている Hellovenus の “Mysterious”。

Nine Muses はまさか東京と大阪で二度観れるとは思わなかったです。Nine Muses で好きな曲は今年の曲ではないのですが、今年出した曲も印象的でした。

“Love City” も良かったですよ。

ヨジャチングも “Fingertip” は彼女たちらしさを失わずに新しい雰囲気を出してきましたね。”Love Whisper” も良かったです。

メンバーに大きな異変のあった少女時代も短いカムバックでしたが、ちょっと聴いただけで少女時代とわかる圧倒的なオリジナリティでした。キレが良い気持ち良い曲でしたね。

Pristin の “Wee Woo” も結構聴いた曲です。結構好きだったのですが、好きだった理由が出だしのギターのカッティングの部分がすごくかっこいいというものだったので Top 10 から外しました(ファンの人すみませんw)。

Twice も一番難解じゃない?と思える “Signal” が一番のお気に入りでした。

日本のファンクラブ解散にざわついた Apink の “Five” もいい曲でした。また日本で活動してくれることを期待しましょう。

あとはなぜか地元以外のライブだけ参加したママムとか、他にもいろんな良い曲に出会いました。

来年もたくさん良い曲に出会えることを期待しましょう。みなさま良いお年を。

2017年 K-POP ガールズグループの曲 Best 10 (Part.1)

K-plus 方面で K-POP  ファンがざわついているところですが、ここ数日ちょっとずつ書いてきた年末企画を公開しますね。動画埋め込み多用で読み込みに時間がかかりますし、昨年と同じく 2 部構成で公開します(この後まだ書いてないというのもありますがw)。

今年もあとわずかということで、私の巡回範囲の K-POP ブログでは「今年の Top10」企画が始まってますね。

このブログの昨年のエントリはこちら。

昨年までと同様、気に入った曲を選ぶので順位はつけがたいので、順位なしで挙げていきたいと思います。これまで/他のブログと同様に 1 グループ 1 曲縛りで。

続きを読む