LOOΠΔ・Go Won / One & Only


1 末に公開された LOOΠΔ 11 番目のメンバー Go Won(고원)の曲は “One & Only”。

前作は「ソウルトロニカ」ってことだったので、今回はどうひねってくるのかと思って楽しみにしていましたが、シンプルな打ち込み然としたリズムとメロディの上で軽快に歌う歌は意外に王道なアイドル色のあるポップでかわいい曲な気がします。

とは言っても、サビの部分なんかに、これまでの LOOΠΔ といずれも共通するような雰囲気を根底に感じる曲です。

公式の紹介文によると、

Go Won’s titled track ‘One&Only’ is about self-love.

“One & Only” は「自己愛について」の曲

とのことですね。

Even when it feels like the existence of oneself seems irrelevant in the world and may feel very little among others, Go Won sings, “it’s not a coincidence that I’ve met myself” and emphasizes how she met herself, ‘one and only’, is precious.

世界で自分の存在が重要でないように思えると感じ、みんなの中でとても小さい存在と感じる時でさえ、「私が私自身に出会ったことは偶然ではない」と歌い、どのように「ただひとりの私」である自身に出会ったかがかけがえがないと力説します。
(以上の公式の解説は https://www.youtube.com/watch?v=m5qwcYL8a0o より。訳は私の超訳ですので間違ってる可能性大w)

うーん、深いですね。MV もガラケーで撮ったような縦画面で、全体的に水色と影による黒の色調、Yves と Chuu が登場し、これまでに MV で登場したりんご、いちごが登場したり、Go Won ちゃんの前にはパイナップルがあったり、たぶんこれまでの MV での衣装が登場したり、なかなか色々深く考察できそうになっていますね。サビの部分のシルエットでのキレの良いダンスも良いですね。

考察動画も上がってますねw

曲は Oh My Girl の曲をたくさん手がけている Darren Smith と Tammy、作詞は MonoTone のパク・チヨンとのことです。

(参考)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA