2021 K-Stage Awards


ARIAZ が出るので見ていました。その他、MINIMANI とか SKYLE とか Pink Fantasy とか出てました(↑の動画はARIAZが出てくるあたりに頭出ししてます)。この賞にどんな重みがあるのかは知りませんが、ARIAZ はベストアーティスト賞をもらってました。

SKYLE と Pink Fantasy はクリスマスソング的な曲(12 月になってからリリースされてた曲)を歌ってましたね。MINIMANI は活動曲だったかな、結構好きですよ♬


このイベントが始まる前にヨントンがありました。前回 ARIAZ ユンジと 5 分行ってまあそこそこうまくいけたので、調子に乗って今回は 10 分を選択してしまいました😂ヨントンの順番は私がトップだったので、もしかして 10 分選んだの私だけ?🤣

今年は結局ユンジとは 8 回ヨントンしましたし、Instagram や TikTok でもお返事もらったりしてるので、ネタはあるので、ある程度準備していけば 10 分くらいいけそうな気がしたんですよね。まあ酔っ払ってるときに申し込んだので酔った勢いはありますが😛

以下、長々と書く誰も読みたくないだろうヨントン話です🤣

まずは「韓国語できないのに 10 分にしてしまったよ。途中で何も言えなくなったらユンジさんが話して歌でも歌ってね」と伝えました😂

すると、彼女も「今回は準備したんですよ」。「おっ、また日本語勉強してきたのかな?」と思ったら違いました。iPhone を取り出して、画面にはおそらく Papago 翻訳アプリの画面が🤣この後は私は台本に書いた韓国語を読む、彼女はそれに対してスマホに向けて話して、表示された翻訳された日本語を見て日本語を話すというやりとりでした。これで少し時間稼げたかなw(稼ぐもんでもないけどw)

私「良いクリスマスを過ごせた?」

ユンジ「クリスマスは一日家にいました」

というやりとりでスタート(^^。韓国は寒そうだもんねえ。

その後は、”Hot & Cold” Showcase のときのポストカードセットが届いたので、そのお礼をして、前回のヨントンの時の特典ビデオメッセージが届いたので、そのお礼を言おうかなと思ったら、ユンジの方から「前回の特典映像届いた?」と質問が飛んできたので、彼女も気にしてたんだなとちょっとうれしかったですね😊

そのビデオメッセージには、前回ユンジがヨントンの時には言えなかった日本語を言ってくれてたのでそのお礼と、それを日本語で言うならこっちの方が自然だよ〜という日本語講座をやってました😄

そして、今回一番伝えたかったメッセージ。今年は ARIAZ のステージもたくさん見れましたし、ヨントンも前述のように 8 回やって顔も覚えてもらった感じだし、今年の感想とありがとうの気持ちと来年もがんばってね的なことを伝えました。結構喜んでくれたし、「来年直接会えたらいいね」と言ったら「私も会いたいです」と切なそうな顔で言ってくれたので満足。彼女はすごく表情豊かに反応してくれるのでそこがいいんですよねw

まだここでも時間ありそうだったので、その後は TikTok にいつもユンジが投稿してる歌の動画いいねー、という話をしたら「リクエスト曲ある?」と聞かれ、全く思いつかず焦りました。急に聞かれても思いつかないんですよね〜(ソウルメイトでリクエストに応えるカラオケ回があって、何かリクエストしようと思ってもできないことを思い出した😅)。

ここでネタも尽きた感じなので、ここで「まだ時間あるの?」と聞いたら「あと2分」と言われたので、とりあえず「もうすぐ誕生日なんですよ」という話をしたら「じゃあ特典映像はバースデーソング歌ってあげる」といってもらったり、「良いお年を〜」と韓国語で言ったり(あちらは年末の挨拶も年始の挨拶も同じなんですね)。

最後本当にネタがなくなってニコニコ笑いながら何話そうかな?と考えてたら

ユンジ「今日は何するの?」

私「ユンジさんとヨントンして、3時からステージを見るよ」

このあたりでユンジがいつもの残念そうな顔で「もう時間がない」と。最後はちょっと長めに手を振って終わりました。あ、せっかくなので彼女が前回のビデオメッセージでくれたのの韓国語版「アプジマヨ」を言えば良かったな、と相変わらずアドリブの効かない私でした。

さすがに10分だと、言いたいことがそれなりにあっても、私の韓国語能力では時間余りそうなので、まあよほど韓国語力が上がるまでは 10 分は行かないかな〜🤣。でも楽しい 10 分間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA