Protocol / Force Majeure


Simon Phillips による Protocol 名義のアルバム。1993 年作。with Ray Russell、Anthony Jackson、Tony Roberts。

熱い演奏の中にも落ち着いた雰囲気をも感じさせるライブ盤。Simon Phillips のソロ作品と同じ雰囲気の演奏です。各メンバーの魅力を存分に楽しめるスリリングなジャズロック作品。

(2003年に書いたレビューに加筆)

Protocol / Force Majeure」への2件のフィードバック

  1.  Simon Phillips というドラマーは、The Who でも演っていたんですね。道理で、あたかも Keith Moon のように叩きまくるドラムなわけですね。(ちなみに、The Who の傑作曲のひとつ ❝Won’t Get Fooled Again❞ のドラムは凄いですね。やはり Keith Moon は天才です。もちろん、べースも凄いですが。)
     ジャズロックというジャンルは、ジャズの複雑さとロックのビートとが絶妙に掛け合わさっていて、最も好きなジャンルに入ります。Ringo Starr は絶妙な ‘溜め’ のドラムをメロディアスに唄わせる天才ですが、Simon Phillips は Keith Moon のように隙なく音を埋める点で秀逸だなあ、と感心しました。

  2. KARA・少女時代 のち、LOVELYZさん、ありがとうございます。

    Simon Phillps は色々なところでそれぞれの仕事をきちっとこなす、腕っこきのスタジオミュージシャンって感じですよね。Protocol の演奏なんかはテクニカルでキレのあるドラムという感じなのですが、それがどこのバンドやアーティストとやっても違和感なく溶け込んでいるのがすごいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA