XOXO EXTREME 大阪ワンマンライブ 〜When the blossom blooms in OSAKA〜 @北堀江 club vijon


4 月にリリイベは参加したものの、7 月のワンマンも数日前まで東京にいたものの参加できず、その他もなかなかタイミングが合わずに参加できなかったプログレッシブアイドルのキスエクのワンマンが大阪であると聞き、喜び勇んで行ってきました(おおげさ😅)。キスエクはここ半年程度しか、しかも全部の曲を聴いたこともない初心者です。

会場は北堀江 club vijon、初めての会場でした。そして時間がなんと朝の 10:30 から。会社行くより早く家でなアカンやん!ちゃんと間に合いました。

こじんまりした会場ですが、ステージが高く、客席後方は段になっているので、初めてのライブで勝手もわからないのもあるので、見通し利きそうというのもあり、後方の何段か高くなっていて柱にもたれられるところに陣取りました(体力ないのでもたれたかっただけ😛)。

観客は遠征組もいたようで 60 名程度? だったかな(もう少しいたかも?)。MC のときに「大阪の人?」っていう質問にそれなりの割合の人が手を挙げていたので、結構地元の人率はたかかったようです。

出だし、プログレ的な SE が流れて否が応にも期待が高まります。

1 部は Nucleus にはじまり、組曲をはさみ、The Last Seven Minutes に終わるという重厚感あるちょっと陰のあるシンフォプログレ的な曲中心。マグマカバーは彼女たちのコーラスが曲に合ってるんですよね〜

衣装を変えて出てきた 2 部もプログレ感あふれる曲ですが、1 部の陰に対してGenesis 的で陽という感じで、シアトリカルな歌とフォーメーションが印象的でした。9/9 リリースの新譜からの曲だったようで、初めて聴く曲が多いですが、意外にスッと頭の中に入ってきて楽しめました。

前に観たリリイベの時も感じたのですが、曲全体プログレ的な演奏と一見不釣り合いに思えるのに意外に親和性のあるアイドルが歌うプログレ、ダンスのいずれもプログレとアイドルを感じさせつつスッと頭の中に入ってくるのが不思議なところです。

たっぷり 2 時間半に迫ろうかという時間、彼女たちの世界に引き込まれ、キスエクたっぷり堪能しました。

また大阪来たら行くよ(タイミング合えば東京も)😆。

後ろの方で暗くてよく見えないけど、服の色が派手だったので服だけ写ってるw

(写真は整理できたら後日貼ります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA