Quaterna Réquiem / O Arquiteto


Pgl22142

1980 年代末期から活動するブラジルのシンフォニックロックバンド.2003 年以来のスタジオ盤 (2006 年にライブ DVD のリリースあり).多分 5th

1st アルバムは私の中ではヴァイオリン入りのバロック調シンフォという印象が強いんですが,このアルバムではバロック色はあまりなく,伸びやかなヴァイオリンが特徴的な開放的ないかにもブラジルという感じのシンフォニックロックに仕上がっています.Sagrado を継ぐブラジルのヴァイオリン入りシンフォと言えるのではないでしょうか.

所々 Jean Luc Ponty のシンフォ作品的な雰囲気もありますね.Enigmatic Ocean というよりは Mystical Adventures 辺りの香り.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA