Shobaleader One @ Umeda Club Quattro


Squarepusher のピカピカ光る覆面バンド Shobaleader One のライブ行ってきました。

Squarepusher の往年の名曲を超ハイテク人力でやろうというバンドのようですが、あまり昔の Squarepusher の曲は詳しくなく、ここ 2 週間くらいでアルバムを何度も聴いて予習しました。

会場は梅田のクラブクアトロ、スタンディングでほぼ全体が埋まるくらいの盛況ぶりでした。Opening Act のにせんねんもんだいの、ちょっとこれはリリースしてる曲チェックしたいなと思わせるステージのあと、しばらく休憩を挟んで出てきました、黒装束に電光掲示板の覆面をかぶったメンバーが。

思えばこのバンドの存在を知ったのは Apink のライブに神戸に行った時の、ライブ前に寄った Tower Records の試聴機でした (ライブ前に何聴いてるんだかw)。

そこで聴いて、即チケットの手配をするほど衝撃を受けたのですが、予想通りその衝撃なんて軽く吹っ飛ぶほどの衝撃的なライブでした。

とにかくジャズ、フュージョン、ジャズ・ロック、プログレ、テクノ、メタルの超かっこいいライブを同時に聞かされた感じ。もう今年最もかっこよかったライブはこれに決定と言っても良いほどです。

Squarepusher のあらゆるジャンルを横断するようなプレイがかっこ良いのは当然として、ドラムの COMPANY LASER がすごいです。あのドラムンベース的なリズムを正確に叩いているにもかかわらず、プレイにうねりが感じられて、これが機械的なリズムでやってる音楽に重要な面白さ、かっこよさを与えているんだと思います。

このうねりで、70 年代の電化マイルス〜マハヴィシュヌ・オーケストラのようなかっこいい混沌さのある曲を演奏し、それを生の迫力で聴いたのですから、これは衝撃を受けないわけはありません。しばらく余韻が残りそうです。

参考

Shobaleader One @ Umeda Club Quattro」への2件のフィードバック

  1. YouTubeのLIVE動画しか見てないですが、
    とにかく、このドラムスは本当に凄いですね。
    名古屋公演、無理してでも見に行くべきだったと、後悔。
    この凄いグループのライブが6000円、CDは2枚組で2500円。

    一方、K-POPのデビュー直後のガールズグループのライブが7500円超、
    LOVELYZの特典会ミニアルバムが3000円弱。
    K-POPって、金銭感覚を麻痺させますよね。

    K-POPから足を洗って、ROCKへ戻ろうかなとも考えさせられます。

  2. ANGIEさん、コメントありがとうございます。

    まあ Squarepusher はまた来日することもあるでしょうし、その時には是非生で体験してみてください。

    金銭感覚は確かに。事前に「今日はいくら以上は使わないぞ」と思ってても、思わず使ってしまうとか。著名なブロガーさんなんかは使い所をわかっていて、無駄な所にはお金を使わず、目的のところにドーンと使ってる感じもしますね。そういう意志の強さがほしいところです。

    とはいえ楽しいのは確かなので、K-POP にも Jazz/Fusion 系にもロックにもテクノにも、きちんと考えて使い所を見極めていきたいところです。イベント行くと本当にドーンとつぎ込んでる人いますけど、さすがにそれはできませんしね 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA