Shobaleader One


偶然 CD 店の試聴機で出会い、「うぉー、なんじゃこれは、かっこよすぎ」という Shobaleader One。Squarepusher のバンドだったんですね。

Squarepusher といえば、ドラムンベース。まだ 20 世紀の頃に Jazz/Fusion 界隈でも話題になり私もアルバムを持っているはずです。その頃も結構面白いなと思って聴いてはいましたが、今じゃあまり印象に残っていません。

そして、この Shobaleader One はすごい、そしてかっこいい!

キーボードは古き良き時代の硬派な 1970 年代のジャズ・ロックのようで、全体的にも 1970 年代のマイルスのようなファンクな要素を持ったジャズ・ロックの色合いが強く感じられる気がします。ギターは時折ジミヘンのようでもあります。

それと、トランスや最近のフュージョン系の音楽で見られるような打ち込みのように正確で高速に叩くドラムと、短いフレーズの繰り返しというミニマル的で現代的な要素が絡み合って、独特のレトロ感あるイマドキのかっこいい音楽に仕上がってます。

思わず来日ライブのチケットを衝動買いしてしまったほどかっこいいです♪

Shobaleader One」への2件のフィードバック

  1. いつもはK-POP以外のエントリーは余り見ないのですが、
    ちょっと視聴してみた動画と音源、凄いですね。
    ドラムス、ベース、上手すぎる。

    LIVEレポート楽しみにしてます。
    名古屋もあるそうで、行きたいけど金欠です。

  2. ANGIEさんありがとうございます。私もこのエントリにコメントがつくとは思ってませんでした。さすが ANGIE さん、音楽的背景も広いですね。

    Squarepusher (ベースの人) は、ドラムンベース流行した頃にかなりブレークしてたし、元々 Jazz 方面の素養もありそうなので音楽的にも面白くて結構私も聴きました。

    今回はさらに Jazz/Fusion よりで、聴いて一発でチケット購入しましたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA