青春の Fusion の思い出 〜 Naniwa Exp. with Akira Wada

私の青春時代をともに過ごしたジャンルのひとつである Fusion。宇宙小女だいすきさんのコメントをきっかけに Fusion への回帰を行っていますが、その中でも「この演奏は私の音楽リスナー人生の中でも最高の演奏」と思えるひとつ紹介します。

関西が誇る Fusion バンド、ナニワエキスプレス。このバンドに結構意外な組み合わせな和田アキラをゲストに迎えた NHK FM の “Session ’85″(1985-03-02 放送)。

曲目は

  1. K-Bone Shuffle
  2. Oriental Makin’ Love
  3. Stick Freighter (with 和田アキラ)
  4. Orino (with 和田アキラ)
  5. Loving You, Sometimes Leaving You
  6. Charcoal Bleak

ナニワエキスプレスが和田アキラと一緒に深町純の曲を演奏する 3 曲目も意外で良いのですが、圧巻は 4 曲目の “Orino”。この曲は 3 名の合作ということもあるのか、組曲的な展開を見せるプログレ曲なのですが、この曲に和田アキラがゲストというドンピシャな組み合わせ。FM なので映像がないのが残念!!(このライブはエアチェック(死語)で録音した音源が手元にもあります)

序盤の清水興によるチョッパー中心のソロから内省的なメロデイアスな演奏から、一気にテーマへと流れ込んでいくところの変化も最高!

そこから一旦曲の進行が停止したようなところから、一気に疾走感溢れるドラムをきっかけとして一気に和田アキラのギターソロに流れ込んでいくところなんかも最高。この官能的かつテクニカルなスピード感あふれるソロは “Prism / Live Alive Vol.2” の “karma” のギターソロと並んで、私の中では今でも和田アキラの最高のギターソロとして記憶しています。このギターソロの後ろの東原力哉の疾走感あふれるドラムも、ギターソロを決して邪魔しないながらもしっかりドラムを聞かせていて最高です。

このギターソロから東原力哉の「ドンドンドドンドドン」というドラムをきっかけにまたテーマに戻るところも最高。

東原力哉と清水興の強力なリズム隊の音圧と、和田アキラの流れるようなギターソロが、高度に調和した奇跡の演奏ではないでしょうか。

この演奏は 40 年近く経ってもまったく飽きることなく、今でも最高の演奏です。

Dreamcatcher / [Summer Holiday]

メタリックな K-POP アイドルの座は Pink Fantasy に譲ったかもしれませんが😛、Dreamcatcher のカムバ曲 “BEcause” はやっぱり Dreamcather を感じさせる良曲だと思うんです。

ほら、プログレデスメタルとしての Opeth が徐々にプログレ色を強め、デス声を封印してデスメタルではなくなり、徐々にプログレ色を薄くして内省的なロック作品へと変化したように、メタルからロックへの回帰は必然なんです(知らんけど)。この曲は’紛れもなく Dreamcatcher サウンドだと思います。

製作陣(Ollounder,LEEZ)もこれまでの Dreamcatcher の作品を担当してる製作陣のようです。特に新しい境地を開くために製作陣が変わったということもなく、やはり Dreamcatcher なりの連続性を持たせてるのでしょう。他には ATEEZ の曲も担当してたりするようですね。

このシリーズの動画もありますね(日本語字幕選んでも英語だ…)

Rocket Punch Japan Debut Showcase Live

ELRISのイベントと被ってたのでリアルタイムでは見てないのですが、見逃し配信で見てました。記録のために書いておきます。

彼女たちの日本語力の高さからくる、他のアイドルとはまた違った魅力が感じられるイベントでしたね。スユンの瞬発力が印象に残ってます。

ELRIS Online Live & Talk Event

定期的にやってくる ELRIS のイベントに今回も参加しました。1 部と 2 部両方。”Live & Talk” ってタイトルですが、いつも通りファンミーティングというには曲に力入れてる感あるし、コンサートというにはちょっと物足りない感のある程度のサイズ感(?)です。

Setlist

1部

  1. Intro(ソヒ、チェジョンダンス)
  2. Jackpot(Japanese ver.)
    (MC)
  3. No Big Deal
  4. This is Me
    (ゲーム)
  5. ユギョン、チェジョンダンス(SISTAR / I Swear)
  6. ソヒソロ(歌 이런 상상 (Dream) 도도솔솔라라솔 OST)
  7. ベラソロ(歌 LiSA / 炎 カバー)
    (ゲーム)
  8. Heart Bank
    (最後の挨拶)
  9. Pow Pow

2部

  1. 챙겨주고 싶어(Lovely)
  2. 그립다(Miss U)
    (MC)
  3. Pow Pow
  4. Summer Dream
    (ゲーム)
  5. チェジョンダンス(Tinashe / Me So Bad)
  6. EJ歌(지난 여름(Last Summer) OST)
  7. カリン、ヘソン歌(星野源 / 恋 カバー)
    (ゲーム)
  8. 우리 처음(We, First)
    (ミッション)
  9. Heart Bank

回数を重ねているからか、今回はちょっとこれまでとは違うところが結構ありました。

まずオープニング。これまでは暗い舞台から照明がついてライブが始まる、オンラインライブでは普通のオープニングでしたが、今回は舞台に幕があって、その幕が開いてスタートというちょっと豪華な演出。

そして1部はこの幕が開いて “Jackpot” 1 曲目の “Intro” でチェジョン・ソヒコンビのカッコいいダンスで幕開け!これはなかなか良かったです。

オープニング前の幕
Intro

K-POP グループは並び順が決まっていることが多くて、ELRIS もこれまでは常にカリン、チェジョン、ベラ、ユギョン、ソヒ、ヘソン、EJの順で並んでいました。2 部を観てて何か違和感が…と良く見ると、隅の 2 人が入れ替わってる!!

1部のいつもの並び
2部の入れ替わった並び

衣装は、1 部の衣装は上は白基調で、下はデニムの爽やかで夏らしい衣装でした。お腹が出ていてたりしてて、結構観ていて鍛え上げられた腹筋が気になりました(笑)。

2 部はもう少し落ち着いた感じで上は白基調ですが、ニットだったりしてお腹が出ることもなく、下はグレーやカーキでチェック柄で爽やかながらも落ち着いた衣装でした。

通訳に関しては、今回はまずまず訳されていたかなというところです。相変わらずゲームの肝心なところで訳が入らないので、途中から彼女たちが楽しそうにしているのを楽しそうに眺めるだけになってましたがw(メンバーが盛り上がると通訳入れる隙間なく話して進めてるってのもあると思うけどw)

今回は 1 部と 2 部でかなりセトリが違いました。ただ、ソロ、ユニットコーナー以外はこれまでとあまり変わらない曲で変えてるので、曲数が増えたわけではないです。1 部は前述のようにカッコよく始まり、2 部はゆったりと始まった感じでした。今回の 1 部は “Summer Dream” や “We, First” がなかったりと、これまでと変わらない曲の中で工夫して 1, 2 部に変化を持たせてる感じでした。

ソロ、ユニットステージは 1 部でソヒから「今回は OST 中心に組み立てた」という説明がありました。1, 2 部とも 1 曲ずつ日本語曲が準備されていました。

ソヒが1部で歌ったのはこれかな。

ベラのカバーも YouTube にありますね。

2 部の EJ の OST はこれ。

ゲームは、1 部は、各メンバーが他のメンバーの良いところを表す絵を描くとか、各メンバーの個性際立つものと、スクリーンに出た俳優さんの名前を当てるとか。顔はわかるけど名前出てこないよねー、みたいな。罰ゲームとしてロシアンルーレット的に変な味が入っているジェリービーンズ(?)が出てきてました。結局最後罰ゲーム関係なしでみんな食って気がしますが😆

2 部は、最初は良くあるうるさい音楽が流れるヘッドオンをして相手が何を言ってるのか当てるゲーム。当てる側のポンコツっぷりも笑えるのですが、話す方の表情とかも笑えました。ここでまた罰ゲームとしてジェリービーンズが出てきてました。変な味のを食べ続けるヘソン😂。後は質問に7文字で答えるみたいなゲームで、「いきなり理想のタイプが現れたら?」みたいな質問に、ユギョンが何も思いつかなかったのか「私はユギョンです」みたいに答えてて笑いました。

最後の曲の前は「ミッション」とのことで、BLRISが望んでいることをやるというミッションでした。「誕生日を祝う」とか「おやすみ」とか(ここミッションの内容だけでも通訳欲しかったぞ。いくつかはわかったけど「勉強を励ます」「寝起き」「運動のとき」「痛い時悲しい時(?)」「おつかれさま」って感じだったかな。知らんけどw)

特典会はいつものソヒと。もう 7 回目とかなると話すことないんですが、まあイベント観てると「お、今回はここ良かったな」とか色々思い浮かぶことはあるので、その辺りの感想を伝えました。というとすごいこと言ってるようにみえますが、たんに「〜チョアヨ」(〜は良かったです)と言うのを繰り返してるだけ(いつもですが)。あとはソヒの髪型が変わったので「新しい髪型もいいね、似合ってるよ」と言うと喜んでハートたくさんもらえたので満足です。今回は日本語で相槌打つ感じでソヒの日本語も結構聞けたので良かったです。時間あったら愛嬌でももらうかなと思ってたけど、感想言ってると結構使い切ってしまいますね😅

男女混成サマーソング2選(新村タイガー with RANI, Outlet)

この時期ですので企画物のサマーソングがたくさんでてきますね。

先に紹介した ARIAZ のリメイク物以外にも結構気に入って聴いている曲があるので紹介しておきます。ARIAZのブログエントリも宣伝のために再掲。

新村タイガー with RANI / Fill the Summer

先のバブルガムブラザーズの曲のリメイクが記憶に残る新村タイガー。この曲を初めて聴いたのは Dream Concert ですね。「お、このちっちゃいかわいい娘は誰?😍」ってのが最初の印象です。「曲ちゃうんかーい」(ツッコミ)

一緒に歌ってる RANI ちゃんはオーディションで発掘した新人歌手のようですね。

最近のK-POPにも押し寄せるレトロサウンドの波に乗って、この曲もレトロなディスコサウンドの軽快なサウンドです。紹介文なんかにあるファンク的な色彩はあまり感じないな。

あまり爽やかでもなくどちらかというと暑苦しい新村タイガーが軽快に歌うそのギャップにもなんか逆に惹かれてしまいますね(すげー失礼😂)。新村タイガーの舞台衣装も結構レトロな感じですねw

Outlet / You Make Me Crazy

さて、次は音楽番組視てていつの間にか耳に残るようになった Outlet です。こちらも男女混成。

こちらもサウンド的にはニュートロ系になるんですかね。ちょっとレトロ感漂うテクノ感が混じった軽快なサマーソングですね。

女性メンバーのパク・ソンヨンは VENUS というアイドルグループで活動したことがある人のようですね。知らないですが。

ダンスも軽快でコミカルでいいですね。パク・ソンヨンの(わざとなんだと思いますが)濃い感じがするメイクもなんかいいです😂