Ichthyander Dad’s Only Dolphin / Playing Live At One Music Fest


このエントリーは 2020 年 9 月に書いたものですが、毎日報道されているニュースを見てるうちに、ウクライナの素晴らしい音楽を思い出して聴いたりしています。その中の一つ。早く平和が戻りますように。というわけで改めて日付を変えて更新です。

ウクライナのバンドの 2015 年作。これはなかなかすごいバンドじゃないですか!? 1994 年に結成してしばらく活動後解散、2014 年に再結成とのことです。

アルバムと同じ演奏の映像ですかね、あったので貼り付けておきます。

系統からすると 1 曲目はクリムゾン系ですね。ヴァイオリンによる攻撃的なメロディが緊張感があってたまりませんね。

全編そんな感じかと思うと 2 曲目はまた違う曲調です。どこかでこんな雰囲気のバンドあったなあと思うけど思い出せない。全編インストで、ジャズロックでバラエティ豊かな曲調で楽しませてくれます。

(2020年9月に書いたレビューに加筆)

Ichthyander Dad’s Only Dolphin / Playing Live At One Music Fest」への1件のフィードバック

  1.  6曲目 ”Countdown” と 7曲目 ”Epiphany” が特に秀逸ですね。このプログレ・グループは、
    ① 特にギターのエフェクターの掛け方・音の歪ませ方がやり過ぎに走らずに、絶妙な抑制が効いている。しかも、速弾きの時もニュアンスの表現が多彩である。
    ② 5弦ベースを首尾よく弾きこなしている。(ベースの立ち位置は、Barock Project と一定程度似ている。)
    ③ 楽器全体の音響のバランスがすばらしい。
    といったすばらしい長所を持っていると思います。こんなに長く複雑な曲を正確かつ表現豊かに演奏するのは凄いなあ、と感心します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA