Minimum Vital / Air Caravan’


あの頃の Minimum Vital が帰ってきた!

1980 年代から活動を続けるフランスの Minimum Vital の 5 年ぶりの新作。

まさにあの頃の Minimu Vital が帰ってきた!という感じ。「あの頃」っていつだよ?って、そう、私が Minimum Vital 推しになった(なってたのかw)きっかけとなった 1985 年カセットでのデビュー作 “Envol Triangles” と 1987 年 2nd “Les Saisons Marines” の 2in1 の CD の頃です!!

この頃の少し中世バロック的な雰囲気を漂わせる軽快なフュージョン的なノリから、徐々にボーカルを導入した中世古楽トラッド路線へと変化し、その後シンプル化してアコースティックな古楽バロック調(?)になり、そのまま中世路線を突っ走るのかと思ったら、なんと!メンバーも 4 人編成になり、これまでの中世バロック調の風味は残しながらも、初期のフュージョン調路線への回帰を図った作品で復活です。

中世風味のダンス・ミュージックという感じで 3 拍子系のノリで抑揚をつけつつ、軽快になめらかに展開していく、まさに Minimum Vital ワールドが全編に渡って展開する、個人的には久々にヘビロテの予感がする良作です。

ギターによるフュージョンちっくなサウンドがたまらない!!

Minimum Vital / Air Caravan’」への2件のフィードバック

  1. 貴ブログが紹介されていらっしゃいます極めて多様なミュージシャン、グループの数々の多くを、私は10点満点評価していっているのですが、Minimum Vital は、8~9点の高評価に入ります。
     ご案内のように、フュージョンっぽいプログレやBaroque Rockはすばらしいですよね。Mimum Vital も、アコースティックなサウンドの作品はgroovingな迫力が後景に退いてしまう感が強く、もの足りなさが生じてしまうという感じなのです。ここにアップされましたナンバーは、そのようなもの足りなさはなく、Minimum Vital の本領が発揮されていて、鑑賞しがいがあります。(^^♪

  2. KARA・少女時代 のち、LOVELYZ さま、ありがとうございます!!

    そうです!この作品は昔の Minimum Vital の流麗なサウンドが戻ってきた感が強くてかなりヘビロテしています!! メンバーももうかなりの歳だと思うのですが、こういう若返り感はいいですよね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA