GFRIEND SPRING TOUR 2019 BLOOM @ Zepp Osaka Bayside


ヨジャチングのライブに行ってきました。ファンクラブ入ってるのに、申込み期間終わってるのに気づいてなかったので普通にぴあでチケットを買って。

開場時間を少し過ぎた頃に会場に到着すると、入場列が作られていました。Aで400人程度、Bで400〜500人程度(?)、2 階席やその他の列があったようなので、全員で 1000 名前後だったのでしょうか。Zepp Osaka Bayside で入場列並んだのって初めてかも?

私は 380 番だったので、会場に入るとすでにかなりの人になっていたので、楽に観るために一番最後列に陣取りました。ライブ始まる前は座って待てましたし、フォトタイムや写真撮影のときは、後ろの一段高くなったところに乗れたのでなかなか良い場所でした😅(周りの人もみんなそうしていた)

(ここからネタバレありです。注意!)

内容はライブだけあって曲中心でトークは合間に少しでした。そして曲は日本語曲中心に構成されていました。日本語曲だけでライブ構成できるくらい活動してたなあと改めて感心してました。

トークは台本なくやってたような気がします。特にプロンプタ見てた風もなかったので(これは遠くから見てたのでよくわかりませんが)。そのためか、内容に脈絡がなく、メンバーそれぞれが自分の考えてきたことを話してた気がします。なので話が飛びまくり😂彼女たちの日本語力もアップしてたのかもしれません。

Setlist

  1. 今日から私たちは(Me Gustas Tu)-JP ver.-
  2. NAVILLERA -JP ver.-
  3. Glass Bead -JP ver.-
  4. LOVE WHISPER -JP ver.-
  5. TRUST -JP ver.-

1 曲目は白基調で虹色っぽく光を反射する感じの衣装でしたが、いきなり 1 曲目終わったところで、舞台脇に引っ込んで上に着ていた衣装をぬぐと白い衣装になってました。

トークは道頓堀に行って美味しいものを食べた。今日もたこ焼き食べた。ユジュがクラウンつけるのなんて久しぶり(子供の時以来)みたいな話をしていたと思います。

  1. トキヲコエテ(ROUGH) -JP ver.-
  • (映像)
  • ソロステージ
    1. シンビ(BoA / No.1)
    2. ソウォン(Sunmi / Gashina)
    3. オムジ(IU / 二十一)←ってスクリーンに出てたけど Twenty-Three?
    4. ウナ(Gain / Bloom)
    5. ユジュ(Ailee / Heaven)
    6. イェリン(U Go Girl)
  • (映像)
  1. Fingertip
  2. SUNRISE -JP ver.-
  3. FLOWER
  4. 夜(Time for the moon night) -JP ver.-

ここのトークで「プレゼントがあります」ということでフォトタイム!見通しはききましたが、なんせ遠くからスマホで撮影するので大した写真は撮れませんでした。

  1. Memoria

メンバーが引っ込むと特にアンコールもなしに映像がスクリーンに映し出されました。そして映像が終わるとメンバー再登場。アンコールしなくてもいいの?😅

  1. My Buddy
  2. La pam pam

以上、たっぷり 19 曲、1 時間半を超えるステージでした。彼女たちの歌と踊りを堪能しました。初披露の曲も 2 曲でしたね。

個人ステージもあって、ちょっと違った雰囲気の各メンバーの姿も見れたりしたところも。K-POPのソロ女性アーティストの曲を一曲ずつという選曲も面白くてよかったですね。いずれの曲も「どっかで聞いたことあるな」と思う曲はあったものの分かる曲はありませんでしたが😅オムジの曲だけは「IUっぽいな」と思って観てましたがそのとおりでしたね😃

さすがヨチン、迫力もあるし良かったなと思えるステージでした。毎回、ステージを観ると改めて彼女たちの魅力を見直すきっかけになります。次回も行きたいですね。

GFRIEND SPRING TOUR 2019 BLOOM @ Zepp Osaka Bayside」への2件のフィードバック

  1. 名古屋公演観てきました。前から3列目の好位置。終演後確認したら、プロンプタは舞台と最前列の間に、観客に気づかれないように設置してありました。パフォーマンス中心でMCはおまけみたいな形でしたね。

    ただ気になったのは、人気のある活動曲を前半に集中させて、後半は新しい曲ばかりになったためにダレてしまい、クライマックスを感じられなかった事ですね。ソロコーナーを挟んだ前半と後半を入れ替えた方が盛り上がるように思えました。

    トーク部分の脈絡の無さや盛り上がりに欠ける曲順選択などから、舞台構成などスタッフの力量が大手事務所に比べるとやや不足しているのかなぁという事を考えてしまいました。

    でもあの激しいダンスパフォーマンスの活動曲を後半に披露するのは肉体的に難しいのかなぁ。

    ソロコーナーも、台や机に乗ってのパフォーマンスが多くて、意図的に激しい動きを制限させていたように思えたのも、体力を温存するためだったのかな。

    整理番号が良くて期待が大きすぎた為に、ややネガティブな評価になりましたが、個々の活動曲のパフォーマンス自体は素晴らしいものだったし、フォトタイムのプレゼントなど楽しいライブでしたね。

  2. ANGIE さん、コメントありがとうございます。

    ヨチンは元々のレベルが高いから、求めるものも高くなってしまいますね(^^)

    ソロコーナーは私は結構気に入って観てましたが、ひとつだけソウォンだけ曲と声がちょい合ってないかなあと思ったのを覚えてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA