Karnataka / The Storm


Iona ファンは必聴という売り文句で買ったので、最初 Iona と比べて聴いてしまっていたのですが、Iona と比べるとケルト風味無し、使われている楽器も特色がないので、Iona 的な見方からすると特色がなくて、どうしても聴き劣りしてしまうのですが、ふと気づいたのですが、このバンドはそういう点で見るバンドではなさそうなんですよね。

どうしても比べてしまうのが、少し哀愁と漂わせたような泣きのギターを中心としたロックに透き通るような女性ボーカルが乗る構成だからなのでしょうが、こちらのバンド は女性ボーカルを何度も重ねる事により重厚感と透明感とスケールの大きさを表現しようとしているように思えます。

雰囲気も Iona のようにヌケのよい気持ち良さというよりは、少し内向的な叙情的な美しさを感じます。頭の中に色々な美しいイメージが浮かんでくるような音楽です。

(2001年に書いたレビューを一部調整)

Karnataka / The Storm」への1件のフィードバック

  1.  おっしゃるように、Lona のほうが よりメリハリがあって、聴き応えという点ではインパクトが強いように感じます。Karmataka のほうは終始穏やかで、コード進行も至ってシンプルですね。
     Lona は “Celtic Progressive Soft Rock” という感じがします。そして、Karmataka のほうは より New Wave Healing Music 的な丸みのある厚みが感じられますね。(またもや ギターのイフェクターの使い方が少し激し目で気になりますが、それによって強弱のアクセントを付けているとも解釈できるところがまたいいとも言えましょう。)
     Lona のライヴも、さらに鑑賞してみます。ありがとうございます。(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA