Iona / Journey into the Morn


(↑はリマスター盤のジャケットのようですね。オリジナルは異なります)

ケルティックな味わいとポップなロックを融合したイギリスのバンドです。1995 年 4th アルバムで日本デビュー作。アイルランドのバンドと書いてあるレビューが多いですが、イギリスのはずです。

透き通るような美しい女性ボーカル(Joanne Hogg)がこのバンドのひとつのキーです。そのボーカルがポップで乗りの良いケルティックロックの上に乗っかるような感じです。

アイルランド的色彩により、ヌケの良さが出ているように感じます。それがふっきれたものを感じさせて、それが爽快な軽快さにつながっていて、自然にさらっと聴けます。しかも心の中には十分染み渡る感じですね。曲によっては壮大で叙情的な曲調で、長大重厚なプログレ的展開を見せる所もあります。イーリアンパイプによる重厚で叙情的な音色もいいですね。

Robert Fripp が 2 曲参加しています。

この曲はアルバム中でも傑作のひとつですね。幻想的で美しい女性ボーカルにより徐々に盛り上がっていき、途中のためるように一度抑える感じになったあと、急に激しく盛り上がるギターソロから、ホイッスルがケルティックに重なり、そこから Joanne Hogg のボーカルが浮かび上がるように姿を現すあたり、ポップでかつプログレッシヴで泣けます😅

ちょっと音が悪いけど、このアルバムの 2 曲目を飾る曲。

(1999 年に書いたレビューを修正、調整、加筆)

Iona / Journey into the Morn」への2件のフィードバック

  1.  本当に、欧米プログレ は、汲めども尽きぬスーパーハイレベルな音楽の宝庫ですね。貴ブログが次々と傑作や興味深いグループをアップされる博識・鋭さに、心から敬意を表します。
     Iona は、両方のVideosがすばらしいと思いますが、やはり2004年の Live in London のほうがスケールが大きいように感じられます。女性ボーカルと、‘広大さ’ のインパクトがある音響の厚みとが見事に共鳴し合い、大きく飛翔していく感じがすばらしいですね。【ちなみに、上の2004年Liveを視聴していると、私の大好きな ❝Au Charme Non Plus❞ Vanessa Paradis を連想しました。これも名曲で、おすすめです。https://www.youtube.com/watch?v=8Vssot89_ms の1曲目です。】♪^^♪

  2. KARA・少女時代 のち、LOVELYZさま、コメントありがとうございます。

    おっしゃるように 2004 年の映像の曲の方がスケールが大きいですね。アルバム中でもっともプログレッシブでスケールの大きな曲です。名曲ですね。Iona ですが、これまでに 2 度ほど来日してるようですね。行ったことはありませんが。アルバムにフリップが参加してた関係でプログレ方面の人は結構行っていたようです。

    2004 年ライブ映像はギターとホイッスルで演奏してますが、アルバムには確かイーリアンパイプも入っていてもう少し味わい深い音色でケルティックな叙情的な味わいが楽しめます。

    Vanessa Paradis 聞きました。ちょっと幼いけども色気もある魅力のある声ですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA