このブログについて

コメントやら Twitter (@ten_forward) で感想いただけるととてもうれしいので何か感じたこと、どーでもいいこと、なんでも良いので反応くださいね😃

  • 2017-09-04 / このブログをホスティングしているサーバを 9 末までに移行しますので、移行中にアクセスできなかったり、一部コンテンツがうまく表示できなかったりするかもしれません(今表示しているページは新サーバです)
  • 2017-02-03 / メインメニューとして良く使うジャンルへのリンクを追加しましたので、特定のジャンルのみ興味のある方はお使いください
  • 2016-11-01 / コメントは管理人の承認なしで行えるようになりました。いくつか条件があります
  • 2016-09-25 / このサイトへのアクセスは全て https となり SSL/TLS により暗号化されるようになりました。

初めてこのブログを訪れた方は是非「このブログについて」ページもご覧ください。

  • コメント欄はコメント同士で盛り上がっていただいても構いません。人のブログだからと遠慮することはないですよ (ってほどコメント欄が盛り上がることは今のところありませんが)
  • コメントについては管理人の主観で削除することはあります。基本はしませんけど
  • ライブレポートは書いた日ではなくライブの日で公開しています

管理人は他に韓国ドラマのブログも公開していますのでもしご興味があれば是非そちらもご覧ください。

韓国ドラマあるある」ページなど楽しいページも用意しております。

Tahiti @ Minamihorie Vedette Boite

Tahiti がまた大阪に来る、しかも初日は無料ライブってことで行ってきました。会場は南堀江ビレボアで初めて行くライブスペースでした。ステージも客席も新大久保の ShowBox の半分くらいというところでしょうか。キャパはオールスタンディングなら 200 名程度入りそうですね。

この日は、客席は椅子が 50 程度あり、立ち見がいて 70 〜 80 名程度だったと思いますが、ほぼ満員という感じで熱気がありました。かけ声もバッチリで、もしかして東京のライブも参加してるコアなファンがある程度いたのでしょうか。盛り上がりましたね。

全員スカートがチェック柄の JK 風ファッションで登場しました。ジェリは上は白いブラウスだけでしたが、他のメンバーはネクタイやリボンみたいなのが胸元についていて、アリはセーラー服でした。ジェリとアリはまあいいのですが、ミソ、ミンジェの JK 風は結構新鮮w スカートは結構ミニで、みんなキレイな脚でしたよ。

  1. Tonight

かんたんな自己紹介ですぐに次の曲

  1. Hasta Luego
  2. Love Sick
  3. Oppa You’re Mine
  4. I Want to Know Your Mind

ジェリ「今回から正式に MC になったジェリです」今まで違ったの? 😂
ジェリ「今回から新しい事務所と契約したので日本活動もがんばります」日本の事務所?
ジェリ「東京より女性が多い」

以前からジェリは日本語力が高かったですが、今回さらに日本語力が高くなった気がしました。常に勉強してるのでしょうね。

改めて自己紹介。自己紹介してる間も、他のメンバーが色々ツッコミ入れながら爆笑の自己紹介でした。

ジェリ
Tahiti の MC とメインボーカルとブレーン(?)。大学で歌を専攻したのでメインボーカル。日本語もがんばります
ミソ
Tahiti の中で清純さを担当します。演技を専攻したのでミュージカルにも出たことあります
アリ
Tahiti のラップとダンス担当です。Tahiti のかわいさ担当です。バレエを専攻して体が柔軟でスポーツに自信があります。開脚して体をペタッとつけてました
ミンジェ
Tahiti のリーダーです。Tahiti でセクシーを担当します。音楽を専攻したのでピアノと音感に自信があります。セクシーポーズとセクシーな声で話してました (笑)

あまり覚えてないのでこれくらいで。

(カバー曲コーナー)

  1. (忘れました)
  2. 大きな愛でもてなして (℃-ute)
    知らない曲でしたが、帰ってから記憶を辿ってぐぐってみました。たぶんこれだったかと。10 年以上前の曲ですか。なんでこの曲?w
  3. マリア (キム・アジュン)
    「マリア」はたぶんこれだったと思います。「マリア、アベマリア」と歌っていたので、帰って検索しました。主題歌みたいな話をしていた気がするのでたぶん合ってると思います。記憶が少し怪しいですが。

    韓国映画「美女はつらいよ」の主題歌だったようですね。キム・アジュンさん歌も歌うんだ。元は Blondie の曲か。つまりカバーのカバーってことですか。

この後はいつものミソさんが日本語下手なのをみんながいじるコーナーでした。でも最近ミソさんは日本語を勉強してるというお話でした。

前日(?)ホテルに泊まったときに水とタオルがなかったので、ミソさんがフロントに電話でもってきてもらおうとして、事前に何度も「水とタオルお願いします」と練習してたのに、いざ電話かけたら「もしもし」のあとは英語で話してたという話題で爆笑してました。「何のために何度も練習したの、意味分からない」

でもミソさん、前に見た時よりも日本語をかなり話してましたよ。前は自己紹介で一言話す程度で、それを他のメンバーから笑われてたのにそれ以外にも色々話してました。日本での活動に本気を出してる現れ?

「次の曲は『モラモラ』です。有名なドラマの主題歌でした。日本語では『しらないしらない』です」みたいに紹介してました。(IU 主演のドラマですね)

  1. 몰라몰라
  2. SKIP (日本語ver.)
    SKIP はそれほどダンスがハードな印象はなかったですが意外にハードで、歌の難易度も結構ある感じで、ジェリが息が上がりそうになりながらしんどそうに歌ってました。ちゃんと歌いきってましたが。マイク落としてましたね。「マイクが太い」

ここでも少しマイクを落とした話題でトーク。

  1. Phone Number
  2. Pretty Face

「最後はみんな立ってください!」盛り上がりました。

  1. Brow My Speakers Out

MC よりは歌中心のライブで 1 時間程度のライブで 13 曲、彼女たちの歌がたっぷり堪能できました。MC はいつもどおりのユルいお笑い系トークでしたね。Tahiti が堪能できた気がしますよ。バラード曲以外でもハモりバッチリだったり、ソウルフルな曲での迫力のボーカルと歌唱力もたっぷり感じることができました。アリちゃんの踊ってる時のスッとした顔の表情や、時折口をすぼめるような表情が結構好きでそれも見れましたし。

日本語ver. “SKIP” 入れてきたのは日本活動がんばるという表れ?

最初に Tahiti 聴いた時はそれほどピンと来たわけではなかったのですが、今は結構 “Love Sick” とか “Oppa You’re Mine” とか “Phone Number” とか、強烈に印象に残る粘りのある感じの曲が気に入ってます。日本活動がんばるという話ですし、また大阪に来たら行きたいですね。

終了後はチェキ券売ってましたけど、3 月の大正の時に全員と撮ってるし、こないだ新大久保でも抽選当たってステージ上で全員とチェキ撮ってるので、この日はライブ終わってすぐに失礼しましたよ。

Elris / Color Crush

かなり時期を逸してますが、Elris の 2nd ミニアルバム良いですね。

1st は清純な感じのイメージだった気がしますが、2ndはいきなりポップで明るい元気なイメージの姿に変わっていますね。活動曲の “Pow Pow” もポップで跳ねるような感じです。髪の毛の色や衣装などの派手さが目立ちますが、曲は 1st からの上品さも失わない品の良い感じはありますね。

最近公開のセーラームーンVer. MV

1st がお気に入りだった私はミニアルバムの 1 曲目がお好みです♪ 前作のイメージを引き継いでいますよね。

3 曲目のストリングス風アレンジもいいですね。軽快でかわいい曲です。

4 曲目。落ち着いた感じで良いですね。

歌唱力の感じられるバラード曲も良曲揃いです。

生で観てみたいですね。

NINE MUSES Japan Event “IDENTITY” 大阪でも!!

9 月の東京のイベント中で「年内にもう一度日本に来ます」という発言があり、リップサービス? という話もありましたが、本当でしたね!! 😂

2 回目は行けるかな。CD は “Identity” でなく、リパッケージの方にしてくれたらいいのに😅

Allan Holdsworth / Then!

惜しくも今年 (2017 年) 亡くなってしまった Allan Holdsworth。結局 2014 年に引退ライブということで来日したときの演奏を観るのが最後でした。その時も流れるような演奏がたっぷり堪能できたわけですが、このアルバムもその時のライブで感じたような流麗で官能的なプレイが堪能でき、今でも結構愛聴しております。

1990年のライブ盤で 2002 年リリース。

Holdsworth の流れるようなギタープレイを思う存分堪能できます。メンバー全員の演奏がすばらしく、その流れに乗るように Holdsworth が存分に弾きまくっているという感じです。ずっとリリースの話があったというのも頷けます。

昔々、初めて Holdsworth を聞いたときって、「速い」と言われて聴いたわけですが、確かに速いけど、なんかトリッキーなフレーズのソロだなあ、と思って正直あまりよく分かりませんでした。このアルバムを初めて聴いた頃には結構自然に聴ける感じがしたのを覚えています。私が変ったのもあるでしょうが、プレイが素晴らしいのもあるのでしょうね。

(昔書いたレビューに加筆)

Bare Infinity / The Butterfly Raiser

ギリシャのバンドの 2017 年作。3 月リリースなので今更感のあるレビューです。

シンフォニック・パワーメタルバンドとのことですが、私はパワーメタルがどんなカテゴリなのかよく知りません。メロディや演奏、コーラス・ワークはシンフォニックではあります。

ポップでキャッチー、かつドラマチックで、美しい声の女性ボーカル由来の透明感のある流麗なサウンドは気持ちよく聴けます。

アルバム 2 曲目は、北欧かケルトなフォーク・メタル風な雰囲気もあったりして、なぜギリシャで? という気もしますが (あの辺りでもこういう雰囲気のフォークあるの?)、これもまた良い感じに叙情的で良いです (動画は見つけられなかった)。

ライブで観てみたいですね。