このブログについて

コメントやら Twitter (@ten_forward) で感想いただけるととてもうれしいので何か感じたこと、どーでもいいこと、なんでも良いので反応くださいね😃

  • 2017-02-03 / メインメニューとして良く使うジャンルへのリンクを追加しましたので、特定のジャンルのみ興味のある方はお使いください
  • 2016-11-01 / コメントは管理人の承認なしで行えるようになりました。いくつか条件があります
  • 2016-09-25 / このサイトへのアクセスは全て https となり SSL/TLS により暗号化されるようになりました。

初めてこのブログを訪れた方は是非「このブログについて」ページもご覧ください。

  • コメント欄はコメント同士で盛り上がっていただいても構いません。人のブログだからと遠慮することはないですよ (ってほどコメント欄が盛り上がることは今のところありませんが)
  • コメントについては管理人の主観で削除することはあります。基本はしませんけど。

管理人は他に韓国ドラマのブログも公開していますのでもしご興味があれば是非そちらもご覧ください。

韓国ドラマあるある」ページなど楽しいページも用意しております。

アーティストに想いを伝える

コンサートで花を贈ったり、色々な企画をして、好きなアイドル/アーティストに想いを伝えるってのは時折見かけます。こういうのを取りまとめる方って本当にすごいなと思います。

私はそういうのを企画したり立ち上げたり実行したりまとめたりするような能力も行動力もありません。でもそういうのは好きだし、そういうのを見かけると、自分がそれなりに好きなアーティストだった場合は可能な限り参加することで、アーティストもそういう企画をされる人も少しだけでも応援しようと思っています。

LABOUM3周年記念地下鉄広告企画

で、昨年もデビュー2周年のお祝いにあちらならではの「LABOUM2周年記念米花輪プレゼント企画」という企画をしたLaboum Latte Japanさんが、今年も企画を立ち上げたようです。

今年は3周年を記念して日本のラテ一同よりソウルの地下鉄の駅の記念広告を出したいと思います!

早速、申し訳ない程度の少額なんですが、参加しておきました✌

ファンがお祝いに地下鉄の広告を出すというのは結構あちらではあるようですね。

記念広告をAPRILへ贈ろう!

日本での April のデビュー 2 周年の広告企画があるようですね。

デビュー2周年を迎えるにあたり、お祝いの気持ちやいつも一生懸命に頑張っている彼女達を応援する気持ちを、ここ日本でも何かカタチにして表したいと考えました。駅に広告を出すことで、APRILをご存じない方が彼女達を知るきっかけになる
注目を集めることができるかもしれません。

京阪神のJR駅の話もあるようですね。


(2017-07-20 更新)

Lovelyz日本コンサートに花

そういえば、Lovelyz の日本初公演でも花を贈ろうという企画があったので、コンサート自体は参加できないけど、花の方は少しだけ参加しておきました。今日が締め切りだから今更ブログに載せても…、って感じですが、一応。

Vlatko Stefanovski Trio / Vlatko Stefanovski Trio

Hard Rock、Fusion、Jazz Rock、Folk、Trad が混然一体となって迫ってくるマケドニアの Leb I Sol のギターリストによるトリオ。印象的なのは、テクニカルなハードロック的な曲をバルカン or 地中海フレーズを炸裂させながら弾きまくるインストの曲ですね。ボーカル曲も数曲ありますが、独特な味があります。好き嫌いはわかれそうな曲ですけど.

バルカン色のあるハードな曲以外の独特な雰囲気のある曲や、美しい曲も合って、なかなか面白いアルバムですね。MIDI ギターによる演奏も良い味付けになってます。

Apink “Five” も「もっとGO!GO!」も良い曲♪

Apink の韓国新譜も日本新曲も完成度高いですね。韓国のカムバックで活動しながら日本の新曲も録音して、それでいながらこの完成度。まったく頭が下がります。今度のライブは精一杯応援したいと思います。

「もっとGO!GO!」はこれまでの日本リリースの曲に比べて、より韓国での活動曲に近い感じがしました。これまでの日本での曲の中で一番好きかも。

韓国のカムバック曲もここしばらくの間では一番良い感じがします。

会えるのが楽しみになってきました。

Török Ádám & Mini / A Szél Nomádja (Nomad of the Winds)

ハンガリーのフルート奏者の率いるフュージョンバンド。

全体的に軽快で流れるようなフルート中心のフュージョン。軽快とは言っても、東欧らしく少し陰がある感じはします。ちょっと BGM 的過ぎる所はありますが、少し叙情的シンフォ色も感じさせながらなかなかスリリングに展開していきます。

まだ活動中のようで、YouTube で検索するとたくさん動画が出てきますね。(↓は 2003 年のライブのようです)