K Tigers Zero 2020 First Live in Japan [Odd&Beautiful] @ Cool Japan Osaka SS Hall


  1. Odd & Beautiful (Intro)
  2. Now
  3. Time Travel
    (ユニット、個人ステージ)
  4. Side Kick
  5. One More Time

昨年秋の音楽番組ですっかり曲のかっこよさと、テコンドーを取り込んだダンス、バク宙なんかを織り交ぜたダイナミックなステージにやられてしまった、K-Tigers Zero。リリイベもあったので、ライブとなると迷ったのですが、リリイベ会場だとあのダイナミックなパフォーマンスが見れないのではないかと思って、思い切ってチケットを買って行ってきました。

大阪初日の 2 部です。席はなんと最前列。横に最大 30 席のホールなのでど真ん中!と思ったら、横に 18 しか椅子はなかったので、ステージ向かって右端の方から観ました。

なんせ持ち歌は 4 曲ということはわかってたので、どういう構成のステージになるのか、そもそもこのグループのファン層はどんな層なのか?おっさんひとりで行って浮かないか?と色々と心配をしながら行きました。

会場は昨年末に Dreamcatcher で行った Cool Japan Park Osaka の一番小規模なホールである SS ホール。ここのステージも K-Tigers を見るにはちょっと狭いかも? と思いつつも、それなりに奥行きも横幅もあるので大丈夫かな?と思って行きました。心配は杞憂で、ちゃんと工夫してステージいっぱいにダイナミックな舞台が感じられるようにしていました。お客さんは 100 名前後だったでしょうか(ちゃんと数えてません)。

メンバーは本来は 12 名ですが、男性メンバーのテジュが韓国の放送スケジュールの関係でおらず 11 名でした。テジュがダンスも歌も一番、という話を聞いていたので心配してましたが、他のメンバーでも十分すぎる実力でした。テジュはトロットの番組で勝ち抜けているとかいうのが理由だったかと。

ステージの構成は最初 2 曲、ゆったりとしたバラード。その後は個人もしくはユニットでの歌やダンス、間にトークを挟む構成でした。司会は安心の NICE73 さん。みんなが気になる質問(なんでテコンドーの実力あるのにアイドルという険しい道を選んだのか?)とかをして、トークもふむふむ、と思ったりと楽しい時間でした。

そして驚いたのが、ダンスの実力は分かっていましたが、ソロやユニットのステージの歌の実力がかなりのものだったということ。

B 級感は全くなくかなりの実力だったと思います。そして、トークで話してましたが、歌詞や曲、ラップ、ダンスいずれも自分たちで考えているということで、テコンドーだけでなく、K-POP の方も一流の実力を持つことががトークの言葉だけでなく、実際のステージ上で感じられました。

女性メンバー全員で Twice の曲で、男性メンバー全員では BTS の曲でダンスしていました。オリジナルをベースにテコンドー風味にしていましたね。

そして、その後の “Side Kick”!待ってました!迫力満点のパフォーマンスに大満足です。最後のジャンプもかなり高く、ステージの奥行きがそれほどないので、斜め方向にかなり高くジャンプしていました。着地は勢い余って決まってなかったのはご愛嬌。”Side Kick” はさすがの K-Tigers Zero メンバーでもキツイのか、終わった後はみんな座り込んで水を飲んでました(後日のリリイベの後は座り込むまでではなかったので、やっぱりコンサートのステージは気合入ってたのだと思います。そういう意味でも観れて良かった!)。

最後の “One More Time” ではみんなステージを降りてきたので、それなりの人数とハイタッチできました。そしてアンコールはなく、終了後は全員とハイタッチ。男性アイドルとハイタッチしたのは初めてかも!(男性の俳優さんとはハグしたことあるけどw)

女性メンバーもプロフィール画像やテレビの映像で見るよりかわいくて、迫力のステージも楽しめて満足のステージでした。

トークなんかの詳しくは NICE73 さんのブログをどうぞ。

次はもう少し持ち歌増やしてもらって観たいですね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA