Guadalquivir / Camino del Concierto


1980 年リリースの 2nd らしい.インストバンド.Sax や Flute やトランペットなど色々な楽器をゲストに迎えて,かなりカラフルな 音です.

出だしは少々軽快な Return to Forever って感じです.その後も, 軽快にスピーディーに流れるスパニッシュ色がほどよくブレンドされ た曲や,アコースティックギターの美しい曲などバラエティに富んだ 内容です.4 曲目から数曲は激しい情熱的な感じの曲です.速弾き時 代のアル・ディ・メオラのような曲をサックスやギターが独特のスパ ニッシュ/フラメンコ色なんかを感じさせながら演奏していてかなり 気に入りました.そのほか,フラメンコギターの激しい演奏も圧巻です.

演奏,曲のレベルも高く,まさにこれぞスペインという感じの一 枚です.ロック編成時代の RTF や速弾き時代のアル・ディ・メオラ が好きな人なんかにはいいのではないでしょうか.

(昔書いたレビュー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA