SBB / Memento Z Banalnym Tryptykiem


80 年発売。出だしがクラシックのように始まるので、クラシック系のシンフォ系かと聴いていると、すぐにギターを中心としたジャズロック的な音楽へ。SBB で良くあるセッション的な色合いが感じられます。音楽的には、シンフォ色のある部分とアドリブ主体のジャズロックの部分がある感じで、曲によっては両方の要素が含まれる曲もありそういうところがこのアルバムの魅力ですね。

1, 3 曲目はジャズロック的でギターが中心となったテクニカルな感じと、ブルージーな感じが同居するギターソロ中心の曲で、セッション的な感じ、2 曲目はアコースティックギターによる内省的な曲、4 曲目はボーカルも時折入る、シンフォ的な味わいとジャズロック的味わいがあり、曲調も自然に変化して行く長い曲です。

セッション的な感じと、かちっとした感じのシンフォ的な所と、ジャズロック的な所が 1 枚のアルバムに同居していて、なかなかスリリングで聴いていて飽きない、なかなかの秀作だと思います。SBB の中では 1, 2 を争う好きなアルバムですね。

(昔書いたレビューに加筆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA