新大久保社会見学してきました (1) 〜 7 学年 1 班

IT系のイベントでお話するという出張があったので、その前日にこれまで行ったことなかった 新大久保のShow Box を見学してきました。

ちょうど、7 学年 1 班と Tahiti のライブがあったので連続で観てきました。まずは 7 学年 1 班から。

以前ナナガクを観たのは 2015 年の TOWER 渋谷でのサイン会でした。みんなかわいかったのは覚えてますが、メンバーの名前も顔も覚えてない状態で観てきました (直前に 10 分ほどで予習はしましたがw)。曲も全部は知らないと思います。もちろんライブは初めてで、歌ってる所を観るのも初めてでした。

観客は 60 – 70 名程度でしょうか。8 月に入ってほぼ通しでライブやってたみたいですが、席がまんべんなく埋まる程度に集まって盛り上がるのすごいですね。コアな固定ファンが多いのでしょう。

衣装はチア風で上は緑のボーダーのラガーシャツ風で、ボンボンを持った状態で登場して “オッパ・ウィルス” でライブが開始。ノリの良いアイドルらしいかわいい曲ですね。

MC はセヒが中心となってすすめていく感じでした。日本語力がどのくらいなのかはわかりませんが、きちっと日本語でそつなくこなしていた感じでした。さすがリーダー。お好みはミンジュかウンシルかな。

その後は普段のライブの定番なのでしょうか「出席確認」ということで客席を行ったり来たりしながら、ひとりを指名し、「お久しぶりです」「はじめまして」とか挨拶をして、それぞれの人に違った決めポーズを取る感じでした。メンバーひとりずつ選ぶのかなと思ったら結構な時間やってたと思います (各メンバーふたりずつくらい?)。私のところには来ませんでしたよw

セットリストはちゃんと覚えてないのですが、2015 年に出たアルバムの曲は一通りやったのかな。それ以外に日本語のカバー曲 (だったと思う、どんな曲だったかもう忘れた) ともう一曲バラードを歌っていたと思います。

ノリの良い曲は歌っているかどうか判断つかないのですが、バラード曲は歌っているのがわかって、ナナガクの歌唱力の高さも感じることができました。

あとは途中ボールゲームで、メンバーに気づかれないように観客の間でボールをまわしていって、持っている人をメンバーが当てるというものでした。ウンシルが当てていました。罰ゲームが、当てたウンシルが他の全員をおもちゃのトンカチで殴るというものでした。結構本気で叩いていたようなw

最後、そしてアンコールはかなりハイテンション。最後は “オッパ・ウィルス” と “さよならFighting” だったと思いますが、全員客席まで降りてきてハイタッチしまくりで、私もセヒ、ミンジュ、イラン、ソジョン、ビンナあたりとハイタッチしたはず (不確か)。

1 時間の短いライブでしたが、彼女たちのかわいさが満喫できて、歌唱力の高さも感じられて良かったです。盛り上がりました。ナナガク、何気に良曲ばかりですし、もう少し人気出てもいいと思うんですけどねえ。

ライブ後のサイン会、チェキ会は参加せずです (次のライブまで間隔 30 分だし参加してたら間に合わんですよね? < 間に合うの?)

THE IDOLM@STER.KR 2nd ST@GE in Japan @SELENE b2

(2017-08-25 公式ツイートで集合写真上がったので掲載しました)

8 月初旬は色々逃してしまったので、これは K-POP 成分を補充しないと!ということで遠征してきました!Real Girls Project の 2nd ライブ。

お約束ですが、記憶に従って書いてるので

  • MCは大体の雰囲気で細かい言葉までは再現してません
  • セットリストは間違ってるかも
  • ビデオの流れた順番も間違ってるかも
  • 1部で言ったこと、2部で言ったことが入れ替わったり、それぞれの中でもいつ言ったのかは違ってるかも

ってところです。間違いの指摘は大歓迎です。

(2017-08-24 追記) このブログより詳細なレポートを発見しました!! ここに書かれてない事も書かれてますのであわせてご覧ください!!

当日は 11 時からグッズ販売ってことで 20 分くらい前に会場着でしたが、100 名以上はいた感じで 1 時間くらいは並んだと思います (会場の廊下みたいなとこで行列だったのでエアコンなくて汗だく。行列の全体は見てないので人数は適当です)

当日スタンド花を送る企画に乗りました。私の名前も載ってました。

会場は閑静な住宅街の中という感じで、こんなところにイベントスペースあるんだと少し驚きでした。スタンディング 700 名ってことで、規模は大阪だと心斎橋の Bigcat くらいですかね。それほど大きくはないのですが、比較的天井も高い立派な会場で、その正面が全面スクリーンになっており、そこに映像が投影されていたので迫力がありました。

1st St@ge と同じく、アイマス勢とK-POP勢が半々程度だったでしょうか、全部で300〜400名程度だったかな。ちゃんと数えてないんでテキトーです。これも前回と同じくアイマスファンの応援が力強いライブでした。韓国から来ているプロデューサーさんもいました (みんな日本語話しててビックリ)

1 部は 1 曲目の途中で急に音楽が途切れるハプニング。すぐに再開されて何事もなかったように踊り出せるのはさすがですね。歌に関しては今回はある程度はリップシンクだった気がします。ただ、そうでないことが (たぶん😅) 分かる部分や、ユニットで歌う部分や、トーク中に歌う部分もあって、そういうところでそれぞれのある程度の歌唱力を感じることはできたと思います。

  1. The Idolm@ster (韓国語Ver.)
  2. Acacia (ダンスカバー)
    1st St@geの時には「ライバルグループのRed Queenの曲なのでダンスのみ、という話があったけど今回は特に注釈はなし

「ドラマIDOLM@STER.KRはゲームアイマスの世界観で作られました。アイマスではアイドルを応援してくれるファンをプロデューサーさんと呼ぶのでK-POP由来やたまたまドラマを視て興味を持ってくれたファンの方々もプロデューサーさんと呼びます」という丁寧な前置き。司会は 1st St@ge のときと同じくソリ、ユキカコンビによる安心の😃司会でした。K-POP イベントで良くあるカンペを持って話してました。

他のメンバーがあらかじめ考えた日本語を話すためか、構成がきちっと決まっているのでしょう。全体的に長い MC 部分では、ソリちゃんも時折プロンプタを見ながら話していました。1部2部の構成は同じです。

続いて自己紹介。

  • 一部
    • ソリ「RGPの頼れるリーダーソリです。おととい公開された#17では頼れる人が必要な悲しい顔だったけど」
      会場 (爆笑) (←みんなドラマ視てるのわかる)
      ソリ「今日は頼れるプロデューサーさんたちがたくさんいるので笑顔でがんばります」
      ソリちゃんも会場もドラマ前提のネタで盛り上がって楽しいですね。
    • ジウォン「ドラマでは唯一の悪役ですが、本当は優しいジウォンです」
      会場 (爆笑)
    • ジェイン「末っ子ジェインです。喉の調子が良くないのです」
      本当に喉の調子が悪そうでした。
    • イェウン (アカペラで歌を少し歌う)
      上手でした
    • ヨンジュ「RGPの中で一番女優っぽいヨンジュです」
    • ユキカ「昨日みんなでジンギスカン食べたのでお肉パワーでがんばります」
  • 二部。一部と違ってメンバーによってはソリちゃんから「○○やって」とリクエストが入りました。
    • ソリ。前のアイドルマスターのコンサートで、プロデューサーさんがアイマス.KRの2ndコンサートのチラシを作って配ったという話をしていました。それをもらって来た人いますか? みたいな。いました。すごいですね。
    • ジウォン「喉の調子が良くないですが、今はちょっと良くなりました。たぶんご飯食べたから」
      会場爆笑
      食べたものをたくさん挙げてました
    • ハソ「韓国舞踊専攻のハソです」
      ソリちゃんから「韓国舞踊見せて」
      「ミュージックありますか」「ない」ほかのメンバーが口で音楽演奏で踊り出す。途中で韓国舞踊の音楽が流れる。
      1stのときもやってましたが、優雅で美しい動きでした。
    • ヨンジュ、挨拶は同じだったけど、ソリちゃんから「何か歌って」とリクエストがあってちょっとセクシーに歌ってました。
    • ユキカ「やりづらいわ、この後」「ここ来る時ホテルのスリッパ履いてきちゃいました」
      爆笑
      ユキカは2部はカンペ見ながら話す時もうまく言えなかったりして「日本語頑張れ』みたいな声が飛んでたかな「日本語ヤバイ」

フォトタイムありの告知。「うぉー」
「日本語勉強したけどミスがあっても大目に見てね」
「次は夏にピッタリの曲です」

  1. Lost in the Summer (ヨンジュ・ジェイン)
    曲の紹介にもあったけど夏らしいさわやかなかわらしい曲です。帰ってからCDの曲を聴いてますがじわじわ来る感じで結構気に入ってます♪
  2. Wanna Be Your Star (ハソ・イェウン・ジェイン(だったよね?))
    ハソのラップを全面的にフィーチャーした曲。ラップのキレと合間の歌のマイナー調の変化が魅力的な曲ですね。

(ビデオ)
ドラマメイキング映像だっけ? ドラマ視てる人にとっては爆笑モノの動画でした。難を言うなら、字幕が下に表示されてたので、前からせいぜい5列くらいしか字幕が見えなかったはず。横に出すべきでしたね。私も1部の時は見えずに、2部ではなんとか見えました。

次は “PingPong Game” でカムバックしたメンバーによるステージ。

  1. PingPong Game
  2. カバーダンス “Signal”(Twice)
    「Twiceよりいい!」という客席からの声 (1部)

(MC)

  • 一部
    • ソリ「新曲”PingPong Game”でカムバックしたRGPの卓球部です」(卓球部のポーズ。客席爆笑)
    • ユキカ「ドラマ撮影が終わって一生懸命練習してカムバックしました」
    • ジウォン「2番目のダンスカバーはインターネット投票で選ばれたTwice先輩の”Signal”です」
      (Twiceより先にデビューしてる人たくさんなので「先輩」ってちょっと違和感w)
    • ジウォン「いつかTwice先輩のように大きな会場でみなさんとお会いしたいです」
    • ジウォン「次の曲は私の大好きな曲ですが知ってますか?」
    • 客席(しばらくしてから)「Memories!!」
  • 二部。基本的に同じでしたが、MVの時の卓球のフリをみんなやってました。ジウォンはひたすらボールをぶつけられるだけなのでそのポーズをやっていて爆笑でした😂スジは恥ずかしそうにスマッシュしてました😍2日後に韓国で音楽番組でる話をしてたかな(1部だったかも?)
  1. Memories (ジウォン、スジ)
    ドラマで印象的な場面で鳴る名曲ですね。

(ビデオ)
ドラマ名場面集みたいな? だっけ? 確かドラマでの最初のミッションの前辺りの映像、だっけ? (記憶曖昧)

ビデオに続いてドラマの「デビュー組」「ルーキー組」が、ドラマ中の最初のミッション、2 番目のミッションをドラマを再現するように演じました。

最初のミッションはドラマのこの辺り

2 番目のミッションはこの辺り

まずはデビュー組

  1. Something(Girl’s Day)〜Genie(少女時代)〜Mr.(KARA) デビュー組第1ミッション曲 ダンスカバー
    衣装もドラマと同じ Girl’s Day 風で良かったですね。
  2. 2nd Confession デビュー組第2ミッション曲 (BTOBカバー)
    曲初のセリフ部分はさすがのユキカなので日本語で歌ってました。「今日はなんだかいい日になりそう」みたいな。
    ドラマではルーキー組に負ける所だったので、イマイチ迫力にかける感じに思いましたが、落ち着いた感じの良い曲ですね♪ ドラマと同じく椅子をステージ上に置いてのダンスでした。この曲も帰ってから CD で結構気に入って聴いてます。

つづいてルーキー組のミッション曲コーナー。

  1. Bo peep Bo Peep(T-ARA)〜Alone(Sistar)〜Fire(2ne1)
    ドラマ中で曲ごとに雰囲気違って統一感ないバラバラな選曲と酷評されてデビュー組に負けたやつですね。でもさすがに良かったですよ。
  2. Growl ルーキー組第2ミッション曲(EXOカバー)
    ドラマ中、コンセプトがバッチリ決まって、初めてデビュー組に勝った曲ですね。かっこよかったです。かっこよかったです。

(MC)
ここでデビュー組登場。一年前と何が変わったか?の質問途中でルーキー組が着替え完了して登場。

  • ソリ「実は日本でのドラマでは一部曲の差し替えがあったんですが、今日は原曲のままお見せできてよかったです」
    ドラマでは差し替えられていた “Genie” と ”Fire” ですね。ドラマ中ではダンスと合ってない曲に差し替わってました。
  • ソリ「ドラマではテリちゃんと一緒にやっていたのですが、なんと今日テリちゃんは映画の撮影中です」
  • ユキカ「ドラマ中でもテリちゃんはアイドルを諦めて女優の道へ進むけど、実際にそうなっていてリアルですよね」
  • 続いてドラマはリアルだけど、実際の私はドラマと全然違います、という話題。 (以下のコメントは1部2部曖昧)
  • ジウォン「私もドラマとは全然違って、友達を裏切ったりしません。性格も良くてピンク(イメージカラー)が好きなだけです」(爆笑)
    • 二部では前日に渋谷に行って待ち合わせをしたのに裏切ってタクシーでひとりで帰ってたという裏切り話をユキカがしてました😂「本当に無事で良かった」
  • ヨンジュ「ドラマでは怒ってばかりだけど、普段はいつもスマイルです」(ドラマ的にはこれとジウォンの裏切り話が一番盛り上がって爆笑)
  • ジェイン「ドラマの中ではゴミ投げたりしてますが実際はかわいい末っ子です」
  • 他にもソリちゃんがドラマ撮影中の話してたと思うけど忘れました

ちょうどドラマの制作発表から1年なので、1年経って変わったことは? という質問。

  • 一部
    • ジェイン「1年前は思ってもみなかった受験生をやってます。早く希望の大学に受かってプロデューサーの皆さんともっとお会いしたいです」
      ジェインは大学を目指して勉強中みたい。撮影の時はふっくら太ってたけど、今は受験生活ですっかり痩せたというお話。
    • ヨンジュ「私は怒ってないのにジェインが痩せた」(ドラマ中ずっと怖いヨンジュならではw)
    • ユキカ「韓国語が少しうまくなった。辛いものが食べられるようになって太りました」その後絞ったけど今回日本に来てまた太ったみたいな話だったかな。
    • ソリ「ユキカは本当に韓国人じゃないかと思うくらい上達した」
    • イェウン「4月は緊張して覚えてないけど、今回はだいぶ余裕ができ、アイコンタクトもできるようになって公演を楽しめる余裕ができました」
  • 二部。基本一部と同じだったかな。
    • イェウンが一部よりうまく日本語で言えて、ソリ「二部になったので日本語上手になりました」
    • ミント・ジスルでドラマ中で良くあったミントがジスルに寄って行ってくっつくけど、ジスルに冷たくあしらわれる演技をやってました
    • あと、どのコーナーでやったか忘れましたが、ドラマ中よく一緒にいるユキカ・ジェインコンビも、ドラマ中でよくある「お腹痛いからもう今日の練習はできない」(ユキカ) とそれに一緒に乗っかるジェインみたいな演技もやっていました。ソリちゃんによると「他のメンバーはアドリブで演技できないけど、ジェインだけはアドリブで結構色々やるのですごい」と言ってました。

ドラマの話、「あるあるアイマス.kr」ドラマ中のエピソードなんかを紹介コーナー。(ここも1部2部曖昧なので間違ってるかも)

  • 一部
    • ジウォン「撮影に一番最後に合流したので他のメンバーがうらやましかった」
    • ジェイン「撮影の時、小道具のお菓子を食べてしまって怒られた」(若いからねw)
    • ハソ「ドラマの時スタイリストがいなかったので、自分で衣装を準備しました。ドラマ中の服は普段来ている自分の服です。大変でしたけど、あとでドラマ見て満足してます」(すげー)
    • スジ「5時間くらい雨が降ってるシーンの撮影があって寒かった」
    • イェウン ドラマでお客さんにバースデーソングを歌ってる所を社長にスカウトされた時の曲を歌う。上手でした。
    • ミント「イメージカラーミントのミントです」(覚えるの一番ラクやなw)スタジオにいた犬がかわいくてソリちゃんと一緒にかわいがった話。撮影中の癒やしだったとのこと。ドラマ中でハソのラップ対決のシーンでミントとジェインがダンス対決をやるけどその時のダンスを披露。
    • ジスル「長いです」「撮影中、出前の箱を持ちながら走るシーンが多いけど、その時の靴が大きすぎてすぐ脱げそうなので脱げないように走ってたら変な走り方になった」(確かにがに股のおっさんがすり足で走ってるような変な走り方だなあと思ってました😂)
      ジスルがちゃんと話せないのでユキカが早口であとで補足。ジスルが話す前に先に日本語で補足(爆笑)
    • ヨンジュ「撮影のあと親戚の集まりにいきました。私は本当に幸せな気分だったのですが、みんなは『ヨンジュ、どうしたの?怒ってるの?』と言われました。ドラマのヨンジュがリアルのヨンジュになりました」
    • 会場 (爆笑)
    • ヨンジュ「今本当に幸せです」
    • ユキカ「イメージカラーオレンジのユキカです。実は最初は水色だったのですが、大人の誰かが間違えてオレンジユキカと言ったのでオレンジになりました。オレンジも好きです」(爆笑) あとはドラマのエピソードを話してたかな。
    • ソリ「おととい(金曜日)に父母と会うシーンがあったけど、父母の俳優さんとは初めて会うのに、感情が高まって会った途端に泣いてしまって、お母さん役の俳優さんももらい泣きしてた」
  • 二部。基本同じ
    • ジウォンの時、ソリ「(出演が他のメンバーより後だったので)待ってる時何してましたか?」
      ジウォン「日本語勉強してました」
      だからユキカ、ソリ以外では一番上手なのね
      ソリ「私達を裏切って日本語の勉強してました」(ここでも裏切り話で爆笑)
    • ユキカ「ドラマ中眠かったのでジェインに叩いてとお願いしてた」
    • ソリ、一部と同じ話題。加えて、お父さんお母さんと会う#17が自分では視れてなかったけど、昨日ホテルで見たという話

カンP の話は何かない? ってユキカのフリで、ジェインが人生のアドバイスをしたという話。でも内容は「ダイエットしろ」というだけだった模様。ジェインがソリちゃんの耳元でしゃべってソリちゃんが逐次通訳する姿がまた笑いを誘ってました。

フォトタイム「今回は携帯電話のみ、私が決めたわけじゃない」 (ユキカ) コンデジを用意してたので慌てて準備したから1部はちゃんと撮影できず。

ここでソリちゃんの神対応「前の方の人はしゃがみましょうか」ソリちゃんの心遣い最高です。

色々なポーズをやってくれました(カワイイポーズとかかっこいいポーズとか。ユキカのかっこいいポーズが笑えました←このブログエントリの最初の画像)o。この日のために練習したという日本公演スペシャルポーズのハートポーズ。「頑張って練習した」

  1. Dream
  2. The World Is All One
    ソリ「プロデューサーさんの間では『ざわわん』と呼ばれてる曲です」

次は最後の曲だけどその前に全員ひとこと。(覚えてる分だけ _o_)

  • 一部
    • ユキカ「今回もステージ前、ちゃんとお客さん来てくれるか心配だったけど、始まる前に大人の人がちゃんと埋まってると言ってくれたので安心してステージに登れました」
    • ヨンジュ、少し涙ぐみながら最後は日本語が出てこず、韓国語で「みんな愛してます」
    • ジスル「日本語が上手じゃないので歌います」歌いました。曲名?? (アイマスの曲ですかね?) 上手でしたよ。
    • ジェイン、声が出ないのでソリちゃんの耳元でしゃべって逐次通訳 (爆笑)
      ソリ経由ジェイン「あらかじめ考えたコメントがあったのですが、今急に変えました」「いや、今じゃなくって、昨日ホテルで考えました」
    • (爆笑)
    • ソリ経由ジェイン「なので覚えられないので画面を見ながら読むけど本当に真心ですので」(かなり泣きながら)(何話したか忘れましたw)
    • ジウォン「3rdライブができるように私達をプロデュースしてください」
    • ソリちゃん、何言ったか忘れたけど、セリフでなく自分の今の思いを話してくれました。さすがですね。
  • 二部
    • ユキカ「実感がわかない。感動した。日本人なのに韓国に帰るのがなんか不思議」(他にも色々言ってたと思う)
    • ヨンジュも涙ぐんでたかな (何言ったかは忘れた)
    • スジが想い出を残したいからあとで写真撮りましょうと言って最後に撮りました (挨拶は忘れた) 全員の挨拶が終わった後、曲の紹介の前にメンバーのみんなにもありがたいというようなことを言っていました
    • 二部はジェインの挨拶がなんと言っても印象的。一部も「急に挨拶変えて昨日ホテルで考えた」と言ってましたが、二部はそこから変えて今の気持ちを言うということで日本語韓国語を交えながら話してました。受験勉強と今回の準備でたくさん練習しないといけないのと、喉の調子が悪いの三重苦で今回は本当に大変だったようで、そのことを泣きながら話してました (時折言葉に詰まりながら。でも笑いも取りながら)。ソリ「韓国の受験は本当に大変なんです。」ジェインはお母さんが来ていたようですね。「大変だったけど今日みなさんに会えて、ダンスのときのみんなの笑顔見て本当に良かったと思った」
    • ソリ「ジスルの歌を聴いて思った。YouTubeでココソリアニメ研究所で最初紹介したのがアイマスだった。アイマスのコンサートで声優さんとプロデューサーさんがペンライトを振って盛り上がってるのみて、私もあの舞台に立ちたいと思った。それが今日現実になってるのを見て恐ろしかった」ジスルが歌った曲はソリが今回のドラマのオーディションで歌った曲でそれを思い出した話をしていました。あとさすがのソリちゃんなので自分の言葉でかなり長く話していたと思いますが、この辺りが印象に残ってます。ソリちゃんも最後泣きながら話してましたね。
    • あとは何人かが3rdライブやりたいので応援よろしくみたいな事を言っていたと思います。

  1. One for All
    名曲ですね〜

(アンコール)
みんなイメージカラーのタオルを首にかけて登場。

  1. (すみません、曲名わからないです&メロディも忘れましたw) Not end, but and (せんよる様のコメント、およびブログ「HISTORY OF IM@S WORLD 2001-2017」を拝見して判明しました)
    本国ペンミで披露された新曲 (←でした)? わかる方教えてください。分かり次第更新します。(ソリが説明してたと思うけど)
  2. アイ Must Go! (韓国語Ver. 一部日本語歌詞←でしたよね? > 観た方)
    名曲ですね。途中のギターソロのある間奏の部分は隣り合うふたりでアドリブのダンスをしてました。

最後、

  • ソリ「アイマスのイベントでは恒例の挨拶で締めましょうか」
  • ソリ「プロデューサーのみなさん、これからもアイマスですよ」
  • 会場「アイマス〜」

二部終わりはもう少し色々あったと思うけど、興奮してたし忘れました (苦笑)。

二部の最後はメンバーも名残惜しいのか、引っ込んだ後も何度も出てきたり、ホール上部の通路から顔を出したりしていました。

ハイタッチは結構ペースが速くて「楽しかったありがとう」程度しか伝えられませんでした (きつい剥がしがあったわけでもないのでゆっくり話せたのかもしれないけど、みんな結構なペースで進んでたので…)


今回のステージは、ドラマを視ていない人でも楽しめたとは思いますが、ドラマを視ていると 20 倍は楽しめるライブだったと思います。途中に流れるビデオもドラマのメイキングや名 (迷) シーンなどですし、トーク中も「ドラマのあのシーンやってください」みたいなフリや、撮影中の話などがされたりしていましたので、「あー、あの場面」とか思い出しながら楽しめました。実際、会場も視ている人は多かったようで、笑いが起こったりしていました。(カンPの名場面というか迷場面のスアの交通事故シーンのビデオでは、会場の結構な人が一緒に「スアや〜」と声を上げて笑ってましたね。笑うとこじゃないけどもうネタになってますねww)

私もドラマは直前の金曜日に公開された回まで全部視て行きましたので存分に楽しめました。

当然、全員かわいかったのですが、今回は特にヨンジュとイェウンが印象的でした。

ヨンジュはトークでも何度か出てきたように、ドラマではいつも厳しい顔で怒っているような表情が多い役でした。なので余計その落差があるからだと思うのですが、ライブで「私はとても幸せです」と言って、表情がライブ中、常に本当に幸せそうな満面の笑顔で歌ったり踊ったりしていたのをみて、ほんとにかわいいなと思いましたし、こちらも幸せな気分になれましたね。

イェウンもトークで「前回は緊張で覚えてないけど、今回は少し余裕ができてアイコンタクトができるようになった」と言っていたように、観客一人ひとりとアイコンタクトを取ろうとしてるようで、なるべく多くの人ひとりひとりに対して反応をしようと努力していたように見えました。私もちょうどこちら向いたときにペンライト振ったら、しっかりこちらの目を見て手を振ってくれました (と思ってるのは私だけかもね😜←ライブあるある)。そしてイェウンも本当に満面の笑顔で楽しそうに歌って踊っていたと思います。

ジウォンを堪能できたのも良かったですね。ドラマではまだ数回前から本格的に出てきただけで、ほとんど見れてないメンバーでした (1st St@geの時の印象もありませんでした)。センターで歌ったり、話すのを見てかわいかったです。ドラマでは回想シーンで友達を裏切るみたいなのしかでてこなかったのでw

ソリはさすがのリーダーという感じで、ユキカと共に司会でトークを盛り上げていました。自分のことを話すより、みんなに「あれみせて」とか「あれやって」とか言って、トーク中でも他のメンバーの魅力を引き出してる感じでしたね。ドラマでは金髪でしたが、最近は濃い色にしてるのも今回のステージで見慣れたかな。

ユキカもドラマでは甘えっ子っぽい役で、仮病で練習休んで遊んでるみたいな役ですが、日本のステージではちゃんと全体を仕切っていました。結構あっさりとした性格なんじゃないかと感じる進行でしたね。それもドラマとの落差で妙に面白かったです。

スジはドラマでは落ち着いたルーキー組をまとめる役なので、年齢以上に見えるのですが、ライブで見るとやはり若さを感じますね。かわいかったです。

ジスルもドラマではどちらかと言うとバイトでいつも苦労している役で、ドラマ前半は怒っている感じだったので、この日のライブでかわいい姿が見られてよかったですね。そして日本語は上手ではないんですが、プロンプタはみないで自分の言葉で一生懸命話そうとしている姿勢が一番伝わってきました。

ジェイン、トークでもあったように受験とこの活動って本当に大変そうなので健康に気をつけてがんばってほしいですね。

ハソは前回のステージで結構印象に残っていたメンバーでした。今回もちょっとやった韓国舞踊は良かったのと、ラップはかっこよくて良いですよね。髪型もドラマからは変わっていてかわいかったです。

ミントは本当にあの小さい体からあのパワフルさが出てくるなというのが前回も思いましたが、今回も思いました。会場も結構「ミントー」って声が上がっていて結構人気あるんじゃ😃

とにかく、会場とステージの一体感がすごくあるとてもすばらしいステージでした。遠征したかいがありましたね。またぜひ3rdコンサートもやってほしいですね。ライブは東京でもいいんだけど (遠征するし)、リリイベは東京以外でもやってくれないかなあ (とハイタッチで伝えたかったけど伝えられなかった😅)。

今後のドラマの展開も楽しみですし、このライブに行ったからまたより楽しんでドラマが見られそうです。DVD/Blu-rayのリリースも決まったようですね。


最後の集合写真も載ってます (公式からは上がってないなw上がったので貼り付けました (2017-08-25更新) こっちの画像では自分がはっきり確認できないから各メンバーのツイートの画像とは別のカメラからでしょうね) 私も2部は前の方だったので認識できる程度に写ってます(集合写真撮影は2部だけだったのです)

関連サイト

Alex Machacek / [SIC]

バンドMcHacek名義の “Featuring Ourselves” で驚愕の (?) デビューを果たした、オーストリア出身のギターリスト Alex Machacek の初のソロ作品。

この作品は “Featuring Ourselves” のザッパ、ホールズワース路線ではなく、最近、この作品にも参加している Terry Bozzio と共に 活動している bpm や Out Trio と言った活動の流れを汲むものです。

Terry Bozzio は三曲に参加ですが、アルバム全体的にギターとドラムが曲の骨格を作っており、全曲参加しているんじゃないの? と誤解してしまいそうです。

ギターとドラムによる語りかけるような音楽です。ただ、Alex Machacek の流れるようなギターも聴くことができ、その同居が独特の雰囲気を出しています。bpm や Out Trio は、この作品と同様に、ギターとドラムが骨格を作っているとは言え、やはり Terry Bozzio が前面に出ていましたが、この作品は当然ながらギターが前面に出て おり、若干雰囲気は違います。

ジャズとしては、かなり個性の強いオリジナリティのある作品に仕上がっているのではないでしょうか。その分、好みはわかれそうです。

(2006年に書いたレビューを一部調整)

ちょっと幻想的な妖精風カムバックの CLC / Where Are You? (어디야?)

前作でファンを減らしたとか減らしてないとかの CLC の新曲 (ちょっと経ってますが)、これはまた極端から極端に移動した感じですね。

それまでの CLC といえば、かわいいながらも曲はアクティブな感じで中毒性のあるアクの強さがある曲という印象がありましたが、いっきに清楚で美しい少し大人な女性という感じに突き抜けた感じです。

ダンスなんかもこの路線のトレンドに乗った優雅な動きで変わりすぎですね。ファンは付いてこれる? ちょっとおまごる風?

とても良い曲ですが、前作でちょっと外した感がある後の曲としては、ちょっとインパクトが弱くないかなとも思える曲調ですね。路線の変更でのインパクトはあるので良いのかもしれませんが。

兎にも角にも、良曲でカムバックしてくれたので良かったです。

また生で観たいです。

少女時代 / Holiday Night

“Lion Heart” 以来 2 年ぶりのカムバック。6 枚目のフルアルバム。もう活動はないのかなと思ってたので (スミマセン)、そこまで少女時代を聴き込んだことがない私にとってもうれしいカムバックですね。少女時代の話をわざわざこのブログで読む人もいないでしょうけど書きますw

そして、アルバムのどの曲を聴いても「これぞ少女時代」と思える個性の強さ、そして良曲。

1 曲目のイントロ的な曲から、もう次の良曲を期待させるような予感を感じさせる展開。まさしく「少女時代が帰ってきたぞ」と思わせる曲です。そしてそのまま 2 曲目の “All Night” に流れ込むと、まさにオールナイトで少女時代で楽しめそうな曲。少女時代節全開な良曲ですね。

そして 3 曲目の “Holiday”、軽快なテンポで独特の個性を感じさせながらも、この曲も少女時代節全開ですね。

その次の “Fan” は、70〜80年代のソウル・ディスコミュージックを感じさせるソウルフルな甘いメロディ。これはほぼ Earth, Wind & Fire じゃないですか。良い❗

(ご参考: EW&F)

テレビ番組での活動は一瞬で終わったようですね。