2023 年 Girl’s K-POP Top 20 〜番外編(2)〜

さて、番外編 Part.2 ですが、まずは「大物だし、わざわざこのブログで紹介しなくても」というかわいそうな(?)理由で落ちた大物から紹介していきましょう。

(G)I-DLE / Queencard

さすが安定の良曲を提供してくれる (G)I-DLE ですね。この曲も良いんですが、私の好みからはズレてるし、まあ大物だしってことで…。

IVE / I AM

IVE は好きな曲とそうでない曲の好みがかなりはっきり分かれるのですが、この曲はかなり好みでした。まあ、このブログで取り上げなくても十分取り上げられてますよねw

NewJeans / ETA

引き続き「まあこのブログでセレクトしなくても」って感じの曲🎶

2023 年はミンジとのヨントンもやった NewJeans。K-POP と関係なく、結構ハウス系のサウンドは好きなんですよね。

ハウス系のノリだけでなく、念仏系にならずにメロディもあるところがいいですね。

MAVE: / What’s My Name

ここからはちょっと趣向を変えて紹介。

MAVE: は以前から聴いてましたが、この曲は初めて私に刺さりましたね。音楽番組にも出てるんですねw

まあ、落ちた理由はバーチャルだから、ですかね。リアルで触れ合える可能性のあるアイドルがいいですね😂

この曲だけでなく、アルバム全体結構良い出来です。

fromis_9 / #menow

fromis_9 らしさにあふれる、さすがの良曲でしたね。

この曲を含むアルバムは 2023 年聴いた回数上位に入ってましたし、私好みの良曲ですが、ちょっとインパクトには欠けたかなあという印象です。

YERIN / Bambambam

元ヨチンちゃんたち、この曲に限らず結構良い曲を出してきてませんかね。この曲も良くて、曲調は思いっきり私好みです。

期待通りでインパクトに欠けるところはありますので…

NMIXX / Party O’Clock

この曲は最後まで入れるかどうか迷った曲でした。

昨年書いたエントリーでも書いてるんですが、もうひとつ決め手に欠ける感じはしました。

QWER / Discord

昨年書いた(1)でも書いたのですが、昨年くらいからカムバやデビュー情報を集めるのが難しくなり、たぶん全く聴けていないアーティストが 2022 年まで以上に多かったと思います。

で、このグループもそう!! この曲がなぜ入らなかったかというと、もちろん 2024 年になってから初めて聴いたから😂

なんて読むかわからんグループですが、どうやらアルファベットそのまま読むようですね。

疾走感があってエネルギーあふれるようなところが良いですね。メロディも良くて引き込まれていきます。

ガールズバンドなんですね🎸

KStyleのイベントで来月来日するようですね。元 NMB48 メンバーもいますし、日本イベントも期待できるのかな?w

アルバム全体としても良いですよ。

というわけで、2023年のお話はここまでです。引き続き今年もよろしくです。

2023 年 Girl’s K-POP Top 20 〜番外編(1)〜

更新にムラがあるこのブログですが、今年も引き続き更新を続けていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

さて、昨年末の Top20 ネタにコメントいただきありがとうございました。コメントは楽しく拝読いたしております。

Top20 のエントリーにも書きましたが、20 曲を超える曲を選択したあと、苦渋の決断ということで落とした曲がたくさんあります。もちろん、Top20 に入れた曲に比べて気に入り度が少なかったとか、曲のインパクトに欠けるなあみたいな理由で落ちることもありますが、中にはお気に入りの曲だけど〜の理由で落とそうか、みたいなこともあったります。

番外編では、そのあたりも含めて、例年通り Top20 のセレクトから落ちた曲を紹介していきましょう。選ばれた曲に負けず劣らず素晴らしい曲がたくさんありました。

Saturday / Stay

この曲のメロディは私が本当に好きな曲調で、候補を選んでいる時はこの曲は今年の Top3 くらいに入れてもいいんじゃ?くらいに考えながらセレクトしました。それでも落ちたのは、きれいで爽やかな曲調は良いものの、ぐっと入ってくるインパクトに欠けるかなということでセレクトから外れました。

東京公演に続いて、2 月は大阪にも来てくれるみたいなので、久々に何度か観に行きたいと思っています。3 名での公演と、徐々に人数が減ってきてるのが寂しいですが…

JUJU Secret / Maybe I’m Not in Love(잠깐만 TIME)

“Lonely Night” は若干「企画物」感がある曲でしたが、この “Maybe I’m Not in Love” はなかなか本格的で、年の前半〜中盤にリリースされていたらきっと Top20 に入ったんじゃ?と思うくらいの良曲です。入らなかったのは、聞き込みが足りなかったからかな。

大晦日の MBC 歌謡大祭典で見て「あれ?思った以上にこの曲ええやん」と思ってしまいました(笑)。すまん。

ちなみに “Lonely Night” のコテコテ感も結構好きです。

YUKIKA / I Want to Be Closer to You

昨年ご結婚なされた YUKIKA が年末にシティポップアルバムを出していました。リメイクアルバムってことですが、原曲は韓国の曲みたいですね(全部かは知らん)。そんな昔から韓国にもシティポップあったのかな?それともシティポップ風にアレンジした?

この曲も良い曲なんですけど、1 曲単位で選ぶにはちょっとインパクトがなあ… という感じです。アルバム通しだとかなり良いアルバムですよ。

HaSeul / Plastic Candy

YUKIKA を紹介したので次はコレを。LOONA〜ARTMS のハスルです。

年末はシティポップの流れが来たの?というくらいに、シティポップの良曲が出てきましたね。この曲もそうですし、同じLOONA出身ヒジンの曲も少しシティポップ風でしたし、クォン・ウンビの “Like Heaven” も良曲でした。

赤頬思春期(BOL4) / Snowball

オルガンとエレピの音が印象的なBOL4のこの曲もさすがという感じですね。MV は雪の札幌での撮影のようです。結構みんなカジュアルに日本に撮影に来るんですかね? 🙂

安定のBOL4曲という感じですが、その安定さゆえに Top20 から落とした感じです。

ALICE / Show Down

KCON 行かなかったのが悔やまれる ALICE のこの曲も推してるグループでありながら落とした曲です。

ここしばらくの安定の ALICE サウンドという感じですが、安定さゆえに落としました。ソヒは相変わらず美しいですw

Fifty Fifty / Cupid

活動できなくなったのが重ね重ね残念な Fifty Fifty のこの曲も良曲でした。

この曲は、もう完全にゴタゴタしてちゃんと活動できないし、個人的には勝手に「ポストFifty Fifty」の Queenz Eye の良曲があってセレクトしたので、こっちはもうええわという、リアルのグループの動きがそのまま私の Top20 に反映されてしまったという残念な曲でした。残念。

Rocking Doll Ahri / Eyes on Me

私好みの曲ということですでに紹介済みの曲も、候補に上がりながら「どう考えても完全に私の好みに合ってるだけ」で、インパクトという点では欠けるかなと思ったので落としました。

KIMDOAH / Dream Walking(꿈의태엽)

この曲は紹介しなかったですが、ちゃんと紹介したいなと思ったかなり良曲だと思います。なぜ落ちたかというと、Apple Music に出てこなくて十分に聴けなかったから、です。Spotify にはあるんですよね…

ちゃんと聴いてたら Top20 に入る可能性かなり高かった気がします。

2023 年 Girl’s K-POP Top 20(2)

昨日の(1)に続く 10 曲です。

Kwon Eun Bi / The Flash

ウンビの曲は結構どれも好きで、今回選ぶに当たってはシティポップな “Like Heaven” と迷いましたが、ドラマチックな曲調が好きなこちらを選びました。

日本ロケの “Like Heaven” もいいですね。

Lee Chaeyeon / Knock

イ・チェヨンのこの曲もウンビの曲と同じ感じで好きな曲調です。ソロになった後では最高傑作じゃないですか。

Weeekly / VROOM VROOM

私が好きだったころの Weeekly の曲とは違うんですが、今年後半になって来たこの曲はかなり良いですね。

新しい世界の扉を良曲で開けた感じですね。Queendom Puzzle で一皮むけたのでしょうか。

Purple Kiss / 7HEAVEN

Purple Kiss らしいパワフルな感じと、流麗な感じが両立した良曲ですね。

NiziU / HEARTRIS

デビュー後数曲聴いて、「あー、Twice よりの典型的な JYP 曲ね」という感じで、興味をなくした NiziU。ごめんよ。この曲はすばらしい。韓国デビューした途端すげー気に入りました(笑)。年末も近くなってぶち込まれた一番の良曲じゃないですか!!

もしかしたら、聴いてなかった間の日本曲もいい曲ありますか?

tripleS / Rising

tripleS はどの曲も良くて、ユニット色々あるからユニットごとに選べよと言われそうですが、tripleS として 1 曲選びました。

“Girls’ Capitalism” もいいですし、

“Cherry Talk” なんか、LOONA の正当な後継者であることがわかる良曲ですが、

“Rising” は LOONA の路線に引き継ぎつつも LOONA にない魅力をプラスした名曲だと思います。縦ノリのダンサブルな感じと、透明感あふれる LOONA 的曲調が高度に調和した感じでいいです。

CSR / Shining Bright

この手の正統派清純アイドル路線として、かなりの名曲ではないですかね。疾走感がたまらないですね。今年一番聴いた曲みたいです。掛け声も覚えて思いっきり叫びました。

プロモーションやショーケースも楽しみました。5〜6 月は CSR のおかげでたっぷり楽しめた感じです。

H1-Key / Time to Shine

H1-Key は本当に良い曲を出してますよね。どの曲を選ぶか迷ったのですが、この曲を選びました。明るく伸びやかに盛り上がっていくメロディが心に残ります。

同じアルバムに入っていた “Seoul”、

今年序盤の “Rose Blossom” と良曲揃いですが、1 曲選ぶなら個人的に一番気に入ってリピートした “Time to Shine” になりました。

https://www.youtube.com/watch?v=Tp5MPXveA3M
 

ILY:1 / My Color

今年終盤たっぷり楽しませてもらった ILY:1。デビュー以来、結構私が好きな曲調でずっと気に入ってたのですが、この “My Color” で、作品としての完成度もワンランクアップしたように感じています。その後出したリメイクの “To My Boyfriend” の出来も同じように、それ以前よりは全体的な完成度が上に感じました。

年明けに出た “Twinkle Twinkle” も良い曲でした。まさに清純派アイドルという感じ。

結局、イベントは大阪で 4 回、東京で 1 回行きました。

cignature / Smooth Sailing

今年の夏はひたすらこの曲が入ったアルバムをリピートしてた気がします。なので、今年の中盤の作品にもかかわらず、Apple Music の今年聞いた曲やアルバムの中に入ってました。

大阪南部まで来て撮影したのに、何のイベントもなく撮影だけして帰ったというこの MV は、ビハインド含めて楽しく見ました。まあ私の土地勘のある場所ではないんですがw

今年序盤に出た “Aurora” も結構気に入って聴きました。


というわけで、私の好みで選んだ今年の 20 曲でした。「なんであの曲入ってないん?」という楽しいツッコミはぜひコメントでお願いします。

例年どおり、20 曲を選ぶ過程で落ちた曲なんかの番外編は、年明けにやるかもしれませんので期待せずにお待ち下さい。

それでは、みなさま良いお年を。来年も素敵な曲に出会えますように。

2023 年 Girl’s K-POP Top 20(1)

さて、今年もこの時期になってきました。

今年はカムバの情報を集めるのに苦労しました。ずっと使っていたカムバ情報のサイトがなくなるし、The Show、Show Champion の CS での放送がなくなり、いつ誰がカムバするかの情報があまりないまま 1 年を過ごしたので、チェックから抜けたグループ・曲があるような気がしますし、大物ではないアーティストの良い曲に偶然出会うということも少なくなってしまいました。

今年終盤は結構忙しくて、ブログを書く余裕がなかったこともあり、ブログで紹介したいなあと思いつつできなかった曲も、この企画でついでに紹介したいと思います。というような曲も入ってます。(^^

ここ数年、「今年はそんなにグッと来る曲が少なかったから 20 曲選ぶの簡単ちゃう?」と思って、気に入った曲を書き出すと、軽く 20 曲は超えていて、選ぶのに苦労するんですが、今年もかなり苦労しました。最初に選んだ曲から選んでいくのですが、どうしても 21 曲になって、あと 1 曲が落とせない!! ちなみに最初に選んだのは 32 曲でした。

という苦労のもとに選んだ今年の 20 曲の前半です。

昨年は

結構書いてますね。

さて、毎年同じなのですが、

  • 順位はつけません。20 曲選ぶだけです
  • 1 アーティスト 1 曲縛りです
  • 「Girl’s K-POP」というタイトルですが、厳密に「Girl’s K-POP」ではないかも

PIXY / Truth or Dare

以前の PIXY の雰囲気からは変わった曲で、落ち着きながらも流れるようなディスコサウンドが印象的なこの曲。動画検索しても公式動画しかなく、音楽番組出演の動画がないのは、そういう活動がなかったのかな?

 

かっこいい曲だと思います。

HeeJin / Algorithm

イダレソニョ、現在の ARTMS のヒジンのソロ。シティポップ的なイントロから、1980 年代ベストヒット USA のような、流れるようなレトロなポップサウンドが気持ち良いです。

制作陣は tripleS や、Odd Eye Circle なんかも手掛けているチームのようですね。

 

CRAXY / NUGUDOM

これまで CRAXY をこのブログで取り上げたことはなかった気がしますが(ホンマかは覚えてないけどw)、この曲はかっこいいですね。

 

ヒップポップ調の出だしから、急にメロディアスに変化したところの叙情的なメロディが私好みです。格好良さと美しさが同居したようなところがいいです。

制作陣は結構幅広くやってる感じですが、同じ系統だと PIXY の曲とかやってますね。

Queenz Eye / This Is Love

このブログでも昨年の番外編で取り上げてるし、今年も一度 “UN-NORMAL” で取り上げた Queenz Eye。個人的には完全にポスト Fifty Fifty という感じで(という比較も失礼か!?)、この調子でガンガン行ってほしいところです。

 

続けてソウルフルな良曲を届けてくれました。Queenz Eye、結構ルックス的にもいい感じじゃないですか。

こないだ、アユンがインスタライブやってたので気まぐれで見て、全く期待せずに日本語でコメントしたら、めちゃくちゃキレイな日本語返ってきてびっくりでした。16 歳のころから日本語勉強してて、文字は読めるし話せるけど、会話するのはたぶん難しい、と日本語で言ってました。日本イベントも期待したいですw

LIMELIGHT / MADELEINE

10月のイベントに散々通った LIMELIGHT。この曲を取り上げないわけにはいかないでしょう。

 

メロディラインがきれいななのがいいですね。

新年すぐにカムバ、しかも 3 人体制は最後って話もあるので、今後の活動が楽しみですね。私は別に 3 人のままでもいいんですけど。

YEAHSHINE / Spring Propose

以前、ブログで取り上げたイェビンナダ(예빈나다)さん。この曲は結構気に入ってかなり聴きましたよ。

 

久保田利伸の曲のカバーなんかもやってますのでよろしければどうぞ。かわいいです🥰

KyoungSeo(경서)/ 120BPM(첫 키스에 내 심장은 120BPM)

キョンソさんの歌はこれまでほとんどちゃんと聴いてなかったですが、この曲は初めて聴いたときにグッとくるものがありました。タイトルは「初キスに私の心臓は120BPM」って感じ?

爽やかなバンドサウンドで、印象的なメロディにぐっと引き込まれます。かわいい感じのハスキー・ヴォイスもいいですね。

Billlie / EUNOIA

この曲はブログで紹介済みです。これまでになく不思議で心に残る曲でした。

大阪公演行こうと思ったのに中止とは…

STAYC / Teddy Bear

STAYC いいんですけど、曲調があまり私好みではないので、そんなに取り上げないんですが、それでも印象的なメロディの曲が多くて頭から離れないことが多いです。この曲は特にそんな感じでした。

大阪で観た Showcase も良かったですね〜

ICHILLIN’ / Siren

大阪公演を思いっきり楽しんだ ICHILLIN’去年も “Draw” を選んでます

“Siren” と “Alarm” で迷ったのですが、より格好良さが出ている気がしたので “Siren” に。

かっこよい路線ながら、メロディもしっかりしてて、ダンスパフォーマンスも迫力たっぷり。また生で観てみたいです。

私が今年聴いた曲、アルバム、アーティスト

今年の 20 曲を発表する前に、ちょっと前哨戦(?)ということで。

私は普段 Apple Music で音楽を聴くことが多いのですが、”Replay ’23” ということで、今年聴いた曲の統計情報を出してくれるので、それをご紹介。

自分で選ぶランキングとはまた違ってて面白いですね。

トップソング

 

今年聴いた曲 Top 3 は堂々の CSR でした。これは、春のイベントで掛け声練習するためにこればっかり聴いてた効果ですね😂。2, 3 位は今年の曲ではありません。

続いて ILY:1 と NewJeans が入ってるんですけど、これは理由があって、もちろん両方とも良い曲なんですけど、私は K-POP のカムバ曲のプレイリストを作って、それを聴いてることが多いんですよね。で、この 2 曲はその 2023 年プレイリストの最初の 1,2 曲目なんですよね。年のはじめはそのプレイリストを最初から聴くことも多く、その後も新しい曲を中心に聴くんですが、リピート再生にしてると、最後まで行くと最初の曲に行くんですよね。なので、この 2 曲の再生回数は特に多いという。

6, 7, 8, 10 曲目も同じような理由で入ってるのかと思います。

1 位の CSR は良曲って意味でも聴いた曲ではありますが、プレイリスト関係なく入ってるのが 9 位の cignature ですね。これは結構アルバム単位で何度も聴いたので、自ら選んだ曲として入ってる感じです。

私の聴き方だと、プレイリスト前半の曲が入りやすいということがわかりましたね。(無駄情報)

15 曲全部 K-POP ってことで、まあほとんど聴いてたのは K-POP だったということですね。ちなみにプログレは別のプレーヤーで聴いてることが多いのですが、今年に限っていえば、他のプレーヤーはあまり使ってなかったので、聴いてたのはほとんど K-POP だったのでしょうね。

トップアルバム

 

これはちょっと意外な結果でした。tripleS だと “ASSEMBLE” の “Rising” がお気に入りだし、fromis_9 そんなに聴いたっけ?って感じです。3 位、4 位は納得です。

アルバム単位だと結構メタルが入ってくるのがさすがというか納得です。K-POP 以外はアルバム単位で聴きますからね。

15 位の Cherry Bullet は意外でなんで入ってるのか私自身謎です。

トップアーティスト

 

トップアーティストになると、上記のソング、アルバムの結果が反映されてる感じで納得ですね。IVE が入ってきてるのがなんで?って感じですが。


自分で選ぶのではなく、こうやって統計情報として見るのは楽しいですね。

Top20 の 1 回目は明日公開予定です。